北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip
-友達にシェアする-

8月の美瑛観光を楽しみたいという方に、1日のモデルコースをご紹介!
8月の美瑛は夏真っ盛りで、25度を超える日も多く、カラッとしている気候なので非常に観光しやすい季節だと言えるでしょう。

夏の美瑛は風景が圧巻!
6月から8月にかけて、美瑛の丘が緑に染まり、ドライブをしているだけでもその景色を存分に楽しむことができます。
今回は人気観光スポットも多いエリアの1つ、美瑛のおすすめモデルコースをご紹介していきます!

8月の美瑛観光モデルコース(午前)

まずは8月の美瑛観光モデルコース、午前の部をご紹介していきます!
8月の美瑛観光モデルコース、午前中は美瑛名物「トウキビ」収穫体験や「あるうのぱいん」でのランチなど楽しみが満載です。
8月の美瑛観光、朝から最高のスタートを切りましょう!

8月の美瑛観光モデルコース:美瑛の名物「トウキビ」収穫体験!

美瑛自然体験

8月の美瑛観光モデルコース、1ヶ所目は美瑛の名物「トウキビ」収穫体験です!
北海道の名産品であるトウモロコシですが、美瑛では高品質なトウキビ(トウモロコシ)が生産されています。
そんな美瑛の名産品でもあるトウキビを堪能したいという方にオススメなのがこちらのプランです!

美瑛自然体験

こちらは甘味のつまったトウキビを、実際に畑で収穫しそのままかぶりつくことができる収穫ツアーとなっています。
8〜9月の美瑛では広大な畑に、しっかりと身をつけるトウキビが一斉に旬を迎えます。
トウモロコシといえば普通は黄色い粒を思い浮かべますが、このプランでは普通のトウキビに加えて、珍しい「白い粒」のトウキビも収穫・試食することができます。

美瑛自然体験
こちらの白いトウキビは、栽培も難しいため流通量が少なく、「幻のトウモロコシ」と言われているのです。
その実はかなり甘味が強く、なんと生でも食べられてしまうほど身が柔らかいのです。
果物のようなジューシーな甘味を持つ白いトウキビを収穫し、そのまま食べるという体験はここでしかできません。
広大なトウキビ畑に身を置いて、新鮮な空気にほのかなトウキビの甘い香りを感じながら体を動かせば心身共にリフレッシュできることでしょう。
収穫体験が終わった後は、美瑛ならではの食品やお土産が購入できるアンテナショップに立ち寄るので、早速お土産も購入しちゃいましょう!

8月の美瑛観光モデルコース:「あるうのぱいん」で絶景を眺めながらの絶品ランチ

美瑛 あるうのぱいん

出典:Retty

8月の美瑛観光モデルコース、お昼時は「あるうのぱいん」で絶景を眺めながらの絶品ランチを楽しみましょう!
北海道といえば多種多様な絶品グルメが存在しており、それらを楽しみにして北海道に訪れる人も多いかと思います。
では8月の美瑛ではどのようなグルメを食べれば良いのでしょうか?
そんな美瑛初心者におすすめなのが、カフェ「あるうのぱいん」です!
美瑛 あるうのぱいん

出典:Retty

「あるうのぱいん」は、美瑛駅から車で10分弱程度で行くことができるカフェで、北海道No.1の絶景とも呼ばれる「パッチワークの丘」に位置しています。
地元民にはもちろん、観光客にも愛される人気店です。
そんな「あるうのぱいん」では美瑛産小麦をつかった天然酵母パンに北海道産チーズやソーセージを乗せたチーズフォンデュセットやチーズとハムを挟んだクロックムッシュセットなどが人気となっています。
毎朝主人が焼き上げるパンは絶品と話題で、店頭販売されているパンは売り切れてしまうことが多いほど。
美しい景観を眺めながらの贅沢なランチタイムを楽しんでみませんか?

8月の美瑛観光モデルコース(午後)

ここからは8月の美瑛観光モデルコース、午後の部をご紹介していきます!
8月の美瑛観光モデルコース、午後は白樺の並木道ウォーキングや青い池など、とにかく美しい風景を楽しみましょう。
どちらも美瑛観光するにあたって、外すことのできない観光スポットなっているので要チェックです!

8月の美瑛観光モデルコース:白樺の並木道ウォーキング

拓真館ウォーキング_美瑛

8月の美瑛観光モデルコース、午後は白樺の並木道を眺めながらウォーキングを楽しみましょう!
「あるうのぱいん」で絶品料理を味わい、お腹がいっぱいになったところで、近隣の緑豊かな森林を散策してみるのもオススメです。
食後の軽い運動をしたいという方にオススメのプランが「白樺の並木道を進む!パッチワークの丘ウォーキング(拓真館コース)」です!

拓真館ウォーキング_美瑛

こちらは美瑛で大自然を鑑賞しながらウォーキングを楽しむことができるプランとなっています。
美瑛は日本一美しい村が広がっていると評判で、別名「丘の町」とも呼ばれています。
この美瑛にはパッチワークのように畑が連なる絵に描いたようなのどかな農村が広がっているため、その景色を眺めているだけで心が穏やかになることでしょう。
コースの始まりは拓真館という風景写真家・前田真三氏が開設した美瑛の丘の写真ギャラリー。

拓真館ウォーキング_美瑛

途中には、白樺の林道といった、車ではなかなか通れない道を散策できます。
こちらの白樺の林道はCMの舞台としても使われたことがありますが、周囲が私有地のため個人が自由に近づくことはできません。
是非こちらのプランに参加して、普段眺めることのできないような風景を体感してみてはいかがでしょうか?

8月の美瑛観光モデルコース:青い池

美瑛‗青い池

8月の美瑛観光モデルコース、最後は美瑛の超人気スポット「青い池」を散策して、1日を締めくくりましょう
青い池とはJR美瑛駅より車で20分ほどのところに位置する巨大な池で、水面がコバルトブルーのような青色に輝いているように見えることからこのように呼ばれています。
非常に神秘的な雰囲気を醸し出している青い池ですが、池周辺には枯れたカラマツが立っており、青い池の神秘的な雰囲気をより一層引き立てているのです。

そんな美しく神秘的な風景を一目見ようと、毎年多くの観光客が、この青の池に訪れます。
天気が良く、風があまりない日の早朝が1番美しく見えると言われていますが、夕方に見る青い池もまた良いもの。

青い池_003
青く輝いて見える青の池ですが、季節や天候によって様々な青色に変化します。
そのため訪れるたびに違った風景を楽しむことができる不思議な池なのです。
8月の美瑛観光の最後に青い池に訪れて、その神秘的な風景を目に焼き付けてみてください!
一生忘れられない思い出になること間違いなしです。
写真撮影をするときはマナーやルールを守って、みんなが気持ちよく観光できるように心がけましょう!

まとめ

今回は8月の美瑛観光をする上で、オススメの観光スポットやグルメ、アクティビティなどをモデルコース形式でご紹介してきました!
8月の美瑛は夏日になることが多く、天気も良いため観光をするには最適な季節といえるでしょう。
美しい風景を見ることができる美瑛を一度訪れれば、一生の思い出に残ること間違いなし。
是非今回のモデルコースを参考に、8月の美瑛観光を楽しみ尽くしてみてください!

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!