北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

小樽で買いたい人気お土産5選

小樽 運河

-友達にシェアする-

人気観光スポットである小樽に訪れたら、やっぱりお土産に何を買うかはお悩みの方も多いはず。
せっかく小樽に訪れたからにはここでしか買えないお土産を買っておきたいですよね。
そのためにはまず小樽で人気のお土産を知る必要があります!
ということで今回は大正レトロ溢れる小樽で人気のお土産5選をBashō trip目線で独自にご紹介。
小樽でのお土産に何を買うか迷っている人は是非参考にしてみてください!

小樽でおすすめのお土産とは?

どの土地にも人気のお土産は必ずあり、小樽も例外ではありません。
そこで今回はBashō tripが独自に厳選したオススメのお土産品を5つご紹介していきます。
それでは一つ一つ詳しく見ていきましょう!

小樽土産のど定番!LeTAOの「ドゥーブルフロマージュ」

小樽 ドゥーブルフロマージュ

出典:LeTAO

小樽で大人気のお土産といえば「ドゥーブルフロマージュ」の名前が真っ先に上がります。
「ドゥーブルフロマージュ」とは小樽に本店を構える洋菓子店・LeTAO(ルタオ)が製造・販売しているチーズケーキで、お取り寄せでも注文が殺到する人気商品です。
ベークドチーズケーキの上に、レアチーズケーキを敷き詰めた二層のケーキとなっており、一口口に運ぶと雪のようにとろけてしまう食感が特徴となっています。
この口溶けを可能にしているのがLeTAOが厳選し、こだわり抜いたマスカルポーネチーズ
乳脂肪分が高く、生クリームのような風味を持っているアンブロージ社のマスカルポーネチーズをふんだんに利用することによってこのとろけるような食感とコクを実現しています。
このチーズの特徴を最大限にまで活かすためパティシエの外山氏は長い時間をかけて試行錯誤し、今の形を実現したと言います。
観光客のお土産としても人気は高く「真新しいものをと思っても、結局買ってしまう」という声が上がるほど。
雪のような口どけに、ふくよかなミルク感を是非一度堪能してみてください。

新食感!かま栄の「パンロール」

小樽 パンロール

出典:かま栄

小樽といえば海の幸、という方にはかま栄の「パンロール」をオススメします!
「パンロール」とは小樽では地元の方にも愛されている蒲鉾屋(かまぼこ屋)であるかま栄のオリジナル商品です。
すり身をパンで包むことでかまぼこをスナック感覚で食べられるようにと考案され商品で、お土産としても人気が高いです。
揚げたての食感は普通のかまぼことは全く違う新感覚。
しかしながら、パンロールは消費期限が短いのでかま栄の販売店でしか買うことができないんです!これぞまさにご当地グルメ。
小樽へ行ったら、ぜひ小樽でしか食べられない味をお土産にしてみてはどうでしょうか?

世界にも認められた小樽土産、おたるワインはいかが?

小樽 ワイン

出典:YAHOO!ショッピング

食べ物もいいけどお酒も好き!という人への小樽土産にワインはいかがでしょうか?
実は小樽にはワインを製造している「北海道ワイン株式会社」の本社があるため品質の高いワインを飲むことができるんです。
ワインに使用しているブドウは北海道の地で育った食用ブドウで、一口飲むだけで口いっぱいに豊かな果汁の風味を味わえます。
「北海道ワイン株式会社」で製造されているワインは品質がとてもいいことでも有名。
アジア最大級のワインのコンペティション「キャセイ・パシフィック 香港インターナショナルワイン&スピリッツ・コンペティション」や「サクラアワード2018」において、数多くの賞を受賞しています。
つまり国内だけでなく世界から評価されているワインなのです!
「北海道ワイン株式会社」ではいくつかのラインナップのワインが製造されていますが、中でもオススメなのが「おたるナイヤガラ」です。
「おたるナイヤガラ」はやや甘めの飲みやすい白ワインで、マスカットのような甘さと香りを感じることができるワインとして人気となっています。
そのまま飲んでも十分美味しいのですが、小樽市内の飲食店で楽しめる、ナイヤガラベースの「おたる生ワインボール ナイヤガラ」も一度お試しください。

小樽といえば、センスを見せつける「北一硝子」のお土産を

 

小樽 北一硝子

食べ物や飲み物ではなく、何か形に残る小樽土産が欲しいと思っているそんなあなたにオススメなのが「北一硝子」のガラス製品です!
小樽は「ガラスの街」と呼ばれるほどガラス産業が盛んで、市内にはガラス工房が点在しています。
その中でもお土産品として人気を博しているのが「北一硝子」のガラス製品です。
どこか繊細で儚げな模様のガラス製品はアートや実用可能な物まで100種類を超えるバリエーションがあります。
コップなどの食器はもちろん、ピアスなどのアクセサリーもオススメです。
使っても良し、飾りとして眺めるも良し、部屋にあるだけでその部屋を彩ってくれることでしょう。
もちろんそれなりの値段はしてしまいますが、このクオリティの物を使い続けられるのであればさほど負担には感じないでしょう。
でも、やっぱりもう少しお財布にやさしいのが良いな…という方には「北一硝子」のアウトレット店舗がオススメ。
実は北一硝子は小樽市内に複数のお店があり、お店によってコンセプトが異なるんです。そのうちの1つがアウトレット店ですので、ぜひ足を運んでみてください。

ガラスもいいけどオルゴールも!小樽土産に「オルゴール堂 海鳴楼本店」

小樽 オルゴール

出典:ようこそ札幌

ガラス製品以外で小樽の思い出を残したい方にオススメなお土産が「オルゴール」
小樽はオルゴールの街としても有名で、観光スポットとして人気の堺町通りには有名なオルゴールショップがたくさんあります。
中でもオススメのお店が「オルゴール堂 海鳴楼本店」です!
レンガ造りのノスタルジックな空間「オルゴール堂 海鳴楼本店」では、大小様々なオルゴールが製造・販売されており、見ているだけで楽しめます。

また「オルゴール堂 海鳴楼本店」ではオリジナルオルゴールも作ることも可能です。
J−POPやアニソンなど400以上の曲の中から選曲し、ケースやパーツを自分で組み合わせていくので、世界に一つだけの自分のオルゴールが作れちゃいます。
オリジナルのオルゴールを制作するには事前に予約が必要ですので、ご興味をお持ちの方はぜひ公式サイトを確認してみてください。
小樽の思い出を音色にのせて持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで小樽で買いたいお土産をBashō trip独自の目線で5つ紹介してきました。
北海道のお土産といえばバターあめや白い恋人など有名な物はたくさんありますが、小樽で有名なお土産品と言うと知らない人も多いのではないでしょうか?
せっかく小樽に訪れたからにはここでしか買えないような、センスのあるお土産を買いたいものです。
小樽のお土産で何を買おうか迷っているという方は、是非今回の記事を参考にお土産を選んでみてはいかがでしょうか?

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!