北海道の札幌・小樽・千歳の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho Trip

札幌から富良野までの交通手段まとめ(JR・車・バスの比較)

富良野

-この記事をシェアする-

札幌から富良野のベストな交通手段とは

北海道の人気観光スポットの1つ、富良野。富良野といえば、ラベンダーやチーズなどが有名で、国内外から多くの観光客が訪れる魅力的な場所です!これから北海道旅行を計画している人で、空港からアクセスの良い札幌を拠点に、富良野にも足を延ばしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。札幌から富良野と聞くと遠いイメージがあるかもしれませんが、実は日帰りでも遊びに行けちゃう距離なんです!

札幌から富良野の交通手段を種類別にご紹介

そこで、今回は札幌から富良野まで移動しようと考えた際にどのような交通手段があるのかをわかりやすくまとめました。ご紹介する移動手段は3つ! JR、自家用車、バスを使った3つのパターンについて、どのくらい時間がかかるのか費用はどれくらいなのかなどをご紹介します。これから、札幌から富良野までの移動手段を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

JRを利用する場合

電車

まずJRを利用する場合、重要なポイントとして札幌から富良野までは直通電車がないため、滝川駅で必ず乗り換える必要があります。そのため、乗り換えるのが大変なほど大きな荷物などを持って移動する人には、あまりオススメできません。逆に乗り換えの手間が気にならないという方には問題ないでしょう。料金ですが、札幌から滝川まで特急(自由席)を利用した場合、3,620かかります。また、特急は利用せず、札幌から滝川まで普通電車を利用する場合は2,490円で移動できます。かかる時間については、乗り継ぎにもよりますが、約2~3時間かかるとみておいてください。

JR 所要時間 料金
特急電車 約2時間 3,620円
普通電車 約3時間 2,490円

 自家用車を利用する場合

ドライブ

次に、自家用車で移動する場合です。観光の方は、レンタカーを使って富良野まで移動を検討している人も少なくないでしょう。そこで自家用車を利用する場合には、3通りのルートがありますのでご紹介します!

高速を利用する場合

まず、高速道路を利用するパターンです。このパターンには2通りあります。①札幌IC→三笠ICまで高速道路を利用すると、最短で約2時間ほどあれば札幌から富良野まで到着できます。このルートは最速にはなりますが、三笠→富良野まではコンビニやトイレ、ガソリンスタンドがほとんどないので、事前にすませておくよう注意してください!高速料金は、平日の場合、1,270円となっています。

そして、2つ目のパターンは、②札幌IC→滝川ICまで高速道路を利用し、そのあとは一般道を走るというルートです。このルートであれば、所要時間は約2時間半です。先ほどの①のパターンより所要時間が長いというデメリットもありますが、一方で街中を通っていけるので買い物やガソリンスタンドなどに途中で寄れるメリットがあります。バスを利用する場合もこのルートを使うことが多いです。高速料金は、平日で2,301円となっています。

高速ルート 所要時間 料金 備考
①札幌IC→三笠IC 約2時間 平日1,270円 三笠→富良野まではコンビニやトイレ、ガソリンスタンドはほとんどないので事前にすませておくことをお忘れなく!
②札幌IC→滝川IC→一般道 約2時間30分 平日2,301円 ①のパターンより所要時間が長いというデメリットもありますが、一方で町中を通っていけるので買い物やガソリンスタンドに途中で寄れるので便利です。

高速を使わない場合

そして3つ目。③高速道路を利用せず札幌から富良野まで一般道を利用するパターンです。高速を使わない場合でも、実は2時間半ほどで到着できるんです!高速を使っても使わなくても到着時間がほぼ一緒というのには少し驚きですよね。さほど時間に差がないので、高速を使わなければかなり交通費を安く済ませることができちゃいます。交通費を抑えたい方や、のんびり街中の景色を見ながら富良野まで行きたいという人にはオススメです!

番外編:自家用車で行くなら立ち寄りたいスポット

富良野の近くにある、景色のきれいな桂沢湖

桂沢湖

ちなみに、車で富良野まで行く人に立ち寄ってもらいたいスポットが「桂沢湖」です。桂沢湖は、三笠ICを降りて富良野に向かう途中で立ち寄れる湖です。桂沢湖の周囲は62キロあり、湖の周辺は森林に囲まれていて自然の景観が美しいとして知られています。また、桂沢湖は道立自然公園にも指定されており、湖の周辺は化石の宝庫として世界的にも有名で、なんとアンモナイトやその時代の生物の化石がこの地で多数発見されているのだそうです。そのロマンを感じる桂沢湖で、是非とも素晴らしい景観を楽しんでみてください!札幌から富良野まで向かうドライブの合間にほっと一息つくのに最適ですよ。特に秋口は紅葉が美しいのでオススメです!

北海道銘菓・北菓楼砂川本店!

北菓楼

もう一つ、途中で立ち寄るのにオススメのスポットが、北海道銘菓「北菓楼」の本店です。北菓楼といえば、北海道砂川市に本社を置く北海道を代表するお菓子メーカー。今では北海道を代表する企業となった北菓楼がどのような場所で誕生したのか、その歴史を知ることができます。場所は国道12号線沿いにあり、滝川ICまで高速に乗った場合は、少し道を戻ると「北菓楼」の本店が出てきます。

広い店内は、開放的でオシャレな空間が広がっています。北海道物産展などでも大人気の北菓楼のお菓子を一挙に味わうことができ、喫茶スペースなどもあるので小休憩も可能です!駐車場も広々としているので安心。なかでも、ここのシュークリームは特に人気なので、訪れた際にはぜひ召し上がってみてくださいね!

ちなみに、店舗の隣には、「北菓楼の森」という四季折々の花や北海道らしい白樺などの木々が立ち並ぶスペースがあります。ここで、優雅な時間を過ごしてリフレッシュするのも良いですよ。この北菓楼の森は、夏季限定のオープンなのでご注意を。

バスを利用する場合

バス

最後にご紹介するのは、バスを利用する場合です。バスは、中央バスが運行してる「高速ふらの号」に乗る必要があります。所要時間は2時間半~3時間ほど。本数は1日に10便ほどが運行されていますので便利に利用できるでしょう。料金は、札幌から富良野まで往復で4,150円です。メリットとしては、札幌駅のバスターミナルから出ているのでアクセスが良く、JRを利用するよりもコストを抑えて移動できるので、時間に余裕があり交通費を浮かせたいという方にオススメです!

バス 所要時間 料金 運行本数
高速ふらの号 2時間半~3時間 往復4,150円 10便

まとめ

いかがだったでしょうか。札幌から富良野までは、どの移動手段を利用しても約3時間以内に到着できる距離です。3つの移動手段をご紹介しましたが、レンタカーを借りられるのであれば車で移動するのが一番良いでしょう。札幌から富良野まで、北海道らしい雄大な自然を感じながらドライブすることができて、何よりも車であれば自分の好きな場所に自分の好きなタイミングで立ち寄ることができます。そのときの気分で行動するというのも旅の醍醐味!これから、札幌から富良野までの旅行を検討している人は、是非この記事を参考に、楽しい北海道旅行にしてくださいね!

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!