【2021年最新版】札幌のトレンドを抑えた優良おみやげTOP10

佐藤堂 もなか

【2021年最新版】札幌のトレンドを抑えた優良おみやげTOP10

北海道の最大都市・札幌は、生活ガイド.comさんが実施した全国住みたい街ランキングで第2位に選ばれるほど、人気の高いエリアの1つ。
北海道の大自然や食事の美味しさ、人の穏やかさはもちろんのこと、流行を捉えたお店も多く、そんな感度の高さやおしゃれさも選ばれるポイントになっています。

北海道旅行に来たら、札幌で今話題のお店に立ち寄ったり、人気の商品を試してみたくありませんか?
今回は、札幌の最新トレンドを抑えた優良おみやげTop10【2021年最新版】をご紹介します!
お土産にしても良し、自分用に買っても良し。
全国区でも人気となっているお店から、これから人気が出そうなお店・アイテムまで、幅広くご紹介します。
なお、順位は筆者個人の独断によるものですので、あしからず。

 

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第10位:BARISTART COFFEEの「タンブラー」

バリスタートコーヒー

出典:BARISTART COFFEE オンラインストア

第10位は、札幌・大通にあるコーヒースタンド・BARISTART COFFEE「オリジナルタンブラー(税込1,980円)」です。
BARISTART COFFEEは、“厳選した希少なジャージーミルク”を使ったカフェラテが人気のお店。
北海道産のミルクのみを使用しており、数種類のミルクから選ぶことができます。
コーヒー豆のクオリティはもちろん、ミルクへのたゆまぬこだわりは、北海道を基盤とするコーヒースタンドならでは。

そんなBARISTART COFFEEのグッズは洗練されていながらも、どこかほっこりとした温かさがあるのが魅力。
実は親会社がアパレルのセレクトショップも手掛けているため、センスの良さはお墨付き。
こちらのタンブラーはRIVERS社とのコラボ商品で、ブラック・グレー・カーキの4色展開なのですが、正直どの色も素敵。
そして何より、オリジナルロゴが可愛い。
お店ではコーヒー豆も販売されているので、タンブラーと併せてお土産にするのもおススメです。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第9位:THE KNOT SAPPOROの「KADO Gallery」商品
THE KNOT SAPPORO KADO

出典:THE KNOT SAPPORO

第9位にランクインしたのは、2020年にオープンしたばかりのライフスタイルホテル、THE KNOT SAPPOROに併設されたKADO Galleryです。
THE KNOTは、東京や横浜にも展開されるホテルで、北海道・札幌に初進出!
札幌の中心部・狸小路にありながらも、ロビーに一歩足を踏み入れれば自然を感じることができる空間づくりが特徴。
客室にも、道南杉の壁面や札幌軟石のナイトテーブルなど北海道を感じる素材のインテリアが使用されています。

そんなTHE KNOT SAPPOROの1階にあるギャラリー、KADOのおススメ理由は、特定の商品というよりも、空間そのものとその時々で出会えるアイテムや作品に魅了されるから。
全国からアーティストさんを招集して無料展示会が行われていたり、ファッションや音楽のPOP UPショップが展開されていることも。
北海道の中心部で一瞬我を忘れられるひと時を体感しがてら訪れて、オリジナルグッズをお土産に購入してはいかがでしょうか。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第8位:熊印百貨店 by 35 stockの「熊グッズ」

熊印百貨店

出典:Instagram@kumajirushi_zakkaten

第8位の商品は、札幌のデザイン会社35 designが手掛けるカフェ・35 stockからお届け!
35 stockは札幌市北区にある雑炊とデザートとコーヒーのお店。
そんな35 stockが2021年11月からスタートしたのは、道内に神出鬼没の出張カー・熊印百貨店
名前の通り、熊グッズだけを集めた出張カーです。

さすが、デザイン会社が手掛けるお店なだけあって、35 stockはもちろん、35stockで販売されている商品もセンス抜群。
そんな彼らが手掛けるこの熊印百貨店でも、「熊グッズってこんなにおしゃれなのか・・!」と驚くようなモダンな商品が並びます。
北海道では近頃熊ブームが少しずつ来ているのですが(第1位の商品もお楽しみに!)、これは流行ること必須、今から要チェックです。
ただし、いつどこで出張カーに出会えるかわからないので、出会えなかった方はぜひ35 stockにも立ち寄ってみてください。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第7位:MORIHICOの「No.1 モリヒコブレンド」

MORIHICO

出典:MORIHICO オンラインストア

第7位は、札幌を代表する人気コーヒー店・MORIHICOのシグニチャーコーヒー「No.1 モリヒコブレンド(税込1,296円)」です。
MORIHICOは、札幌で流行に敏感なコーヒー好きの方であれば、多くの方が足を運んだことがあるだろう有名店。
札幌・旭川でレストランやカフェを多数展開しています。

お店によって異なる顔を持つMORIHICOの本店は、札幌・円山にある木造古民家。
そこだけ時が止まっているかのような空気感と、四季の移ろいを感じながらいただくコーヒーと軽食に心癒されること必須。
札幌に訪れた際にはぜひ足を運んでいただきたいお店です。

今回ご紹介する「No.1モリヒコブレンド」は、マンデリン・コロンビア・モカの三位一体。
深煎りながらもあまり酸味がなく飲みやすいので、お土産品にお使いいただきやすくおススメです。
店頭ではNo.1~6までのナンバリングコーヒーの他、お土産にピッタリのドリップコーヒーや焼き菓子、マグなども販売されているので、併せてチェックしてみて。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第6位:フーズバラエティすぎはらの「道内食品・調味料」その他

出典:杉原商店Facebook

第6位にランクインしたのは、こちらも商品というよりもお店そのものなのですが、札幌・宮の森の住宅街にある老舗スーパー、フーズバラエティすぎはら
一見、よくあるスーパーなのですが、実は地元民の間では知る人ぞ知る、セレクト食品ショップなんです。
フーズバラエティすぎはらは、昭和19(1944)年に創業。
日常の食卓こそ、楽しく驚きのあるものに!をテーマに、全国からこだわりの逸品をセレクトして販売しています。

店内に入って驚くのが、1つ1つの商品につけられた手書きのPOP、そして血の通った商品紹介メッセージ
商品1つ1つが、選ばれて並んでいるのを感じることができます。
おススメの理由は、道内各地の生産者から仕入れた隠れ名産品をたくさん見つけられるからなんです!
2021年に限ったトレンドではないのですが、まさに、いつ行っても新しい発見があります。

長万部町でできたチーズ、栗山町でできた醤油、江丹別の青いチーズに、札幌・鯖一の鯖・・
1つ1つのお店をまわるのが難しくても、すぎはらに行けば道内フード巡りを楽しむことができます。
ご自身へのご褒美にも、ちょっと変わり種のお土産探しにもピッタリのお店です。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第5位:お菓子GAKUの「ショートケーキ缶」

GAKU

出典:株式会社GAKU

第5位には、札幌で絶大な人気を誇るスイーツ店、お菓子GAKUがランクイン!
GAKUといえば、レストランや酒場、シメパフェ専門店等を幅広く展開していますが、その中でも2021年に注目を集めたのが、お菓子GAKU「ショートケーキ缶(税込1,100円)」
youtuberのHIKAKINさんが取り上げたことでも話題になりました。

もともとは自動販売機で販売できるケーキを目指して開発された「ショートケーキ缶」
ケーキ本来の繊細さを逆手に取り、透明な缶にケーキを敷き詰めていくという斬新な方法は、持ち運びのしやすさと見た目のインパクトで若者を中心に大流行!
そして、見た目の可愛さだけではなく、食のプロが展開するだけあって、味の美味しさもお墨付き。
ケーキとしてはややお値段は張りますが、お土産として買うには手に取りやすいお値段でおススメです。
本店の札幌では自販機での購入を体験できるので、札幌に訪れた際にはぜひ本店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第4位:pooolの「ロゴ入りラテボウル」と「ソーサー」のセット

poroco poool

出典:poroco Facebook

第4位は、2021年8月にオープンしたばかりの話題のカフェ、poool(プール)のオリジナルグッズです。
pooolは札幌駅のすぐそばにオープンしたアート&ワーキングカフェで、ガラス張りのお店の入口には目を引くフラワーアレンジメント、奥の壁面にはアーティストコラボの壁画があるなど、見るからにオシャレなカフェ!
ただオシャレなだけではなく、コーヒーやケーキのクオリティも高く、スタッフさんも皆フレンドリーと評判です。
WIFIに加えてほとんどの席にコンセントが常備されており、仕事をする人や勉強する人の姿も多いほか、併設されたセレクト書店の本を楽しむ人、友達とくる人など過ごし方はさまざま。
札幌のオシャレに敏感な若者からご近所のシニア層まで、老若男女に人気のカフェは、札幌のライフスタイル情報誌“poroco”の表紙も飾ったほど。

そんなpooolはバネのような可愛いお店のロゴも特徴的で、店内ではロゴ入りオリジナルグッズも販売されています!
アパレルグッズはユニセックス用の展開で、色合いもシックなモノトーンから少し個性的なカラバリのものまであり、その他キャップやラテボウルなども展開。
スタッフさんが実際にロンTなどを着こなしているので、思わず買い物心をくすぐられます。
出張や旅行で立ち寄った方がお土産やご自身用に買っていかれることも多いのだとか。

中でもおススメは、pooolの象徴的なカラーでもあるミントブルーの「ラテボウル(税込2,200円)」「ソーサー(税込1,100円)」のセット。
店頭でホットカフェラテ用のマグとしても実際に使用されているもので、ぽてっとしたフォルムに、主張しすぎないロゴの入り方がオシャレ。
pooolを知らない方にとってもオシャレアイテムとして使えるので、ここでしか買えないお土産としてもおススメです!

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第3位:D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KGの「KAMI GLASS」
D&D

出典:D&DEPARTMENT

第3位にランクインしたのは、札幌東西線大通駅から2駅、西18丁目駅からすぐのところにあるセレクトショップ、D&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KGの北海道限定アイテム。
D&DEPARTMENT
は「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体として、2000年に創設されました。
47都道府県に1か所ずつ拠点を置きながら、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、全国に向けて紹介しています。
その記念すべき1号店が札幌店なんです。
いつも道内の作家さんの作品展などのイベントが催されており、いつ行っても新しい発見があるお店です。

D&DEPARTMENTはライフスタイルにかかわる様々なセレクト商品を扱っており、ここ札幌店にしかない北海道生まれの限定アイテムもあります。
数多い商品の中から今回おススメするのは、旭川の高橋工芸さんで作られた「KAMI GLASS (Mサイズ 税込3,190円)」
わずか2mm厚の、栓(せん)の木のグラスは、手に持つと驚くほど軽く、なめらかで、名前の通りまさに紙のよう。
旭川の工芸品のクオリティの高さを感じます。
他にも、北海道発の限定アイテムが色々とあり、お手軽な値段の商品も多いので、オシャレな記念品やお土産品探しにおススメです。

 

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第2位:石屋製菓の「白いバウム TSUMUGI」
石屋製菓

出典:石屋製菓オンラインショップ

第2位は、トレンドというかもはや新定番になりつつあるのですが、石屋製菓から発売されている「白いバウム TSUMUGI(税込1,260円)」です。
石屋製菓といえば、ほとんどの方がまず思い浮かべるのは「白い恋人」だと思います。
お土産の定番品ではありますが、北海道に住む私もたまに無性に食べたくなる、ホワイトチョコの丁度よい甘さとランクドシャのサクサクしっとり感。

でも、石屋製菓では他にもヒット商品を輩出していることをもっと広めたい!
その中の1つが、見た目にもインパクトの大きい「白いバウム TSUMUGI」です。
この白さの秘密は、バターの代わりに練り込まれたホワイトチョコ!
白い恋人のチョコと同じホワイトチョコが使用されています。
北海道の雪景色をイメージしてつくられており、通常バウムクーヘンでは喜ばれる“焦げ目”もつかないように徹底されているとか。

白いバウムクーヘンは、シックな色のお皿に載せるとすごく映えるので、お土産にも喜ばれますし、自宅でのご褒美スイーツにも最高です。
一般的なバウムクーヘンに比べて濃厚なチョコの甘さがきいているので、甘くない飲み物といただくのがおススメ。
個人的にはブラックコーヒーといただくのが好みですが、濃いめの緑茶や、重めの赤ワインにもあうと思います。
そしてなにより、そのしっとり感に驚くはず!
白さと柔らかさが、北海道の雪を彷彿とさせる「白いバウム TSUMUGI」、ぜひご賞味あれ。

札幌のトレンドを押さえた優良おみやげ第1位:佐藤堂の「ピスタチオの北海道熊もなか」

佐藤堂 もなか

出典:FASHION PRESS

そして、見事第1位に選ばれたのは、ピスタチオスイーツの専門店、佐藤堂「ピスタチオの北海道熊もなか(税込390円)」
札幌と言えば、ここ数年”シメラーメン”に代わり“シメパフェ”が人気なのですが、そんなシメパフェブームをけん引してきたのが、狸小路にあるパフェ、珈琲、酒、佐藤
そして、そのパフェ、珈琲、酒、佐藤さんで2021年8月に新たにオープンしたのが佐藤堂さんなんです。

「佐藤堂」さんでは、自家製スイーツのノウハウを詰め込んだ、見た目にも映えるピスタチオスイーツを展開。
ピスタチオ x 道産食材のコラボレーションが生み出すお菓子は、発酵バターサンドやカヌレなどの洋菓子が中心。
札幌市民にはもちろん、ちょっとした贈答品やお土産にも大人気です。

店内で食べるにはパフェがおススメなのですが、お土産におススメしたいのが、洋菓子ラインナップの中に君臨する和洋折衷菓子、「ピスタチオの北海道熊もなか」
まず、ピスタチオと最中の斬新な組み合わせに驚き、何より可愛い熊のフォルムをした最中の見た目に一目ぼれ!
中にはピスタチオ餡と小豆餡、いちごがギッシリ。
見た目の割に甘さはほどよく、また和洋折衷なので最中なのにコーヒーや紅茶に合わせても美味しい(何ならお酒にも!)。

北海道で有名な木彫りの熊さながらの見た目で、お値頃かつ1個から購入できるのも嬉しいところ。
熊もなかのほかにも、見た目にも美しく美味しそうなピスタチオスイーツがたくさん。
JR札幌駅直結の大丸百貨店で購入できるので、旅行の終盤に買うことをおススメします。

最新トレンドを押さえて、いつもとは違う札幌のお土産を!

札幌のトレンドを抑えた優良おみやげTop10【2021年最新版】、いかがでしたでしょうか。
これから札幌観光を予定している方、ぜひ1か所は足を運んでみてくださいね。

日々アップデートされる都市・札幌、最近では日本ハムファイターズのBIG BOSS就任でも話題になりました。
札幌の人気店が有名になるのをひと足先に見届けながら、2022年はどんな新しいトレンドや商品が現れるかもお楽しみに!

Back to Top