Basho Foodとは

有名観光雑誌に載るようなお店よりも、こっちの方が美味くて安いのに何で知られていないんだろう?

せっかくなら地元の人にも愛されるような良質なお店に行って地元のお店を元気にしてほしい…

お土産屋さんには売っていないけど、実はすごく美味しい北海道グルメをもっと知ってほしい…

そんな想いで、私たちはBasho Food(バショウ フード)をスタートしました。

どうやって作っているの?

実際に行って、美味しかったお店だけを紹介するのがBasho Foodのモットーです。
北海道在住の道産子ライターさんが実際に行って、実際に食べて、美味しかったら初めて紹介する、というルールで記事を作成しているので、美味しくなかったら紹介はしていません。

そのため、地域やお店の数が、無限に増えていくということはすぐにはありません。(いつかは北海道の美味しいお店全部を紹介したい…)

載っているお店にも、ライターさんの好みが表れていますし、記事の内容もライターさんによって雰囲気が変わってきます。でもそれこそが、“リアルな地元民の声”で、それをたくさんの人に伝えるのが我々の目標です。

誰がお店を評価しているの?

Basho Foodでお店の紹介をしているライターさんは、プロのグルメ評論家や飲食店関係者ではありません。
北海道に住んでいて北海道が大好きな、いわゆる”普通の道産子”ライターです。

でも、本当に食べることが大好きで、毎日のように外食している人ばかり。
たくさんのお店を食べてきたからこそ、地元の本当に良いお店を知っている、そんなプロと素人の中間みたいな道産子がお店の紹介をしています。

どうやってお店を選んでいるの?

地元の人にも愛されるお店を紹介したいからこそ、誰もが足を運びやすいお店を紹介しています。

超高級な食材をふんだん使った3つ星レストランや、行列店の紹介というよりも、”コスパが良いお店”や、地元民が足繁く通う、古き良きお店、雰囲気が良いお店のご紹介が多いです。

いわゆるSNSでバズるためだけの見た目重視のお店は紹介しません。(味も美味しかったら紹介しちゃいます)

誰がBasho Foodをつくっているの?

Basho Foodの運営をしている株式会社Bashoは、北海道で楽しめるアウトドア体験予約サイト Basho trip(バショウ トリップ)の運営もしています。

Basho tripを利用いただいたお客様に、
”札幌に行くんだけどおすすめのごはん屋さんありますか?”
”富良野で美味しいランチのお店知りたいです!”
という質問を受けることがたびたびありました。

そんな時、「おすすめのお店はいっぱいあるのに伝えきれない…!」という
もやもやを抱えていたのを解決するために、お店紹介のコンテンツを作り始めたことがきっかけです。