北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip
-友達にシェアする-

人口に対するラーメン屋さんの数が日本トップクラスで多い街、それが旭川。
そんな旭川で今回も行っちゃいましたよラーメン屋さん!

前回の旭川ラーメン放浪記はこちら


昔ながらの老舗から、新たな風を巻き起こすニューフェイスまで今回は様々なラーメン屋さんをご紹介します!
観光や出張で旭川を訪れたという方も、もちろん地元の方も、本コラムを読んで少しでも好みの旭川ラーメンに出会えれば幸いです。

旭川ラーメン放浪記~有名処から穴場まで~

旭川ラーメンと言えば、細縮れ麺に醤油ベースのスープ、というのが王道です。
しかし、今回はそんな王道ラーメンももちろんのこと、塩の名店や鶏白湯で勝負するお店等々をご紹介していきます!

旭川で塩ラーメンを食べるなら「玄」

旭川_グルメ_BashoFood

らーめん玄は、旭川市内に2店舗を構えるラーメン屋さんです。お昼時になると駐車場は満杯。
観光客もさることながら、地元のサラリーマンやOLさんと言った、旭川民から愛されるお店です。
この日は13時過ぎに行ったこともあり、比較的スムーズに席に着くことができました。
狙い目の時間帯は開店時間の11時か、13時過ぎでしょう。11時半ころから混み始めます。

旭川_グルメ_BashoFood

メニューは醤油をはじめ、みそ、塩、野菜にねぎに辛めもあり、ラインナップは多め。
王道の醤油味ももちろん美味しいのですが、玄と言えば塩ラーメン、と筆者は思っています。
ということで今回も例のごとく塩ラーメンをチョイス。小ライスも忘れずに。

注文してから約5分後、運ばれてきました塩ラーメン。

旭川_グルメ_BashoFood

いたってシンプルな見た目。ネギとチャーシュー2枚、メンマに海苔。
ただ、本当に美味しいラーメンはシンプルですよね。
レンゲにすくったスープをひと啜り。
うん、間違いない。豚骨をベースにしたスープは、豚骨の嫌な臭みがなく、こってりとした嫌な脂っこさもありません。

麺はその他の旭川ラーメンと同様、人気の細縮れ麺。
こちらのスープとの相性は抜群で、チャーシューはバラ肉を使ってとろとろチャーシュー。
チャーシューを食べ、麺をすすり、スープを飲む、そして小ライスに箸を運ぶというゴールデンラインの完成です。

もちろん、冒頭でも書いたように、塩ラーメン以外の醤油や味噌も間違いはありません!
まずは王道醤油で行きたいという方は醤油からチャレンジもしてみてください!

背脂系のピリ辛醤油ラーメンが売り まよさわ

旭川_グルメ_BashoFood

お次はラーメン まよさわさん。店舗を構えたのはここ最近なので、歴史は浅いお店です。
しかし、ここのラーメンは今まで旭川にはなかった味を提供しているラーメンで、なおかつ美味しい!
店内はテーブル席や小上がり、カウンターとそれなりにお客さんが入れる作りになっていますが、駐車場はお店の前に数台止められる程度なので、早めの来店がおススメです。

旭川_グルメ_BashoFood

基本的なメニューはシンプル。ここではイチオシと書かれているので「ラーメン」を注文。ごはんもプラス。

これらメニューのほかに台湾まぜそばや、生姜ラーメンと言った変わり種メニューもあります。
まよさわに来たら生姜ラーメンしか食べない!という根強いファンがいるメニューもいるそうです。

待つこと数分、来ました来ましたラーメン!

旭川_グルメ_BashoFood

麺は細目で縮れはなくストレート麺。
その他具材はメンマとチャーシュー、ネギとシンプルな装い。
チャーシューは薄切りのものが4枚。スープの表面には背脂がたくさん!

こってり系のラーメンか?と思いスープを一口。うん美味しい!
そして見た目とは裏腹にあっさりしているという!

背脂系ラーメンは旭川であまり目にすることは無いのですが、まよさわさんのラーメンは背脂系ラーメンとしてかなりレベルが高い領域!
多めの背脂は全然くどくなく、むしろさらさらと飲むことのできるスープ。
そこで薄切りチャーシューが利いてきます。
もし厚切りチャーシューだと重たくなりすぎる気がしますが、薄切りチャーシューなのでうまい具合に味のアクセントになります。

旭川_グルメ_BashoFood

食べ進めるとピリリと辛みが。そう、まよさわさんのラーメンは一味が隠し味で入れられているんです。
もちろんこちらは一味抜きで注文することもできますので、辛いのが少し苦手だという方やお子さんには一味抜きでご注文ください。
背脂系ピリ辛ラーメンとしては新ジャンルを旭川に確立したまよさわさん!
お昼時は混みますので開店時間に合わせて行ってみてください。

王道旭川醤油 加藤らーめん

旭川_グルメ_BashoFood

折角旭川に来たんだから、王道の醤油ラーメンが食べたい方も多いはず。
こちらの加藤らーめんさんは旭川市内に数店舗を運営しているラーメン屋さんです。
これぞ旭川ラーメン!という王道の醤油を提供してくれる老舗ラーメン屋さんですよ。

旭川_グルメ_BashoFood

一番人気は「熟成醤油らーめん」。
もちろん迷うことなく熟成醤油らーめんをオーダー。小ライスもお忘れなく。

運ばれてきたラーメンがこちら。

旭川_グルメ_BashoFood

豚骨と魚介のWスープがベースになっていて、麺は自社で製麺しているというこだわりっぷり!
というのも、実はこの加藤らーめんさんが「縮れ麺」というのを開発したんだとか。
そんな細縮れ麺も歯ごたえがよく、スープとの相性はばっちり。

豚肩ロースを使ったチャーシューは食べ応えがあり、これもこのスープ、麺との相性抜群。
旭川民が食べるとホッとする一杯です。
まずは王道の旭川醤油ラーメンを食べてみようという方には加藤屋さんがおススメ!

鶏白湯で勝負 麺や さまざくら

旭川_グルメ_BashoFood

さて最後は旭川の繁華街である「サンロク」にお店を構える「さまざくら」さんをご紹介。
こちらのお店も開店してからまだそこまで期間が長いお店ではありませんが、旭川では珍しい、濃厚鶏白湯ラーメンを提供してくれるお店です。
お店の看板にあるように、「馬桜」と書いて「さまざくら」と読みます。
こちらのラーメン屋さんは実は居酒屋も経営しており、その居酒屋さんが馬肉を専門で扱っていることから馬の字を店名に使っているんです。
馬肉専門店が鶏白湯ラーメンを提供するという面白い試み!旭川_グルメ_BashoFood

価格も、旭川市内で一般的なラーメンよりも少しお高めの1,000円。
こちらでは濃厚鶏白湯醤油をチョイス。
その他まぜそばやサイドメニューも充実しています。

待つこと10分程。来ました、お待ちかねの鶏白湯!

旭川_グルメ_BashoFood

スープを一口飲んでみると、醤油の風味をほのかに残しながら、しっかりと濃厚な鶏白湯が口の中に広がります。
このパンチのある味を出せるお店は旭川にはないのでは?というほどなので、鶏白湯の部門では唯一無二のラーメン屋さんと言えるでしょう!
チャーシューも鶏肉を使っているこだわり。

旭川_グルメ_BashoFood

こちらのメニューはスタミナまぜそば!
鶏チャーシューに、普通のチャーシューにローストビーフ
と言ったさまざくらさんのお肉が全て乗ったまぜそば。
暑い夏に食べたい一品ですね!
これ一杯をランチで食べれば午後も元気よく過ごせそうな気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか!
王道の老舗ラーメン屋さんから、旭川で新星と呼ばれるラーメン屋さんまでご紹介しました。

旭川ラーメン=醤油、というのが今までの常識でしたが、新たなジャンルが少しずつ出店しているようです。
まさに、旭川ラーメンは日々進化しているなと感じますね。
旭川にはまだまだ訪れていないお店も多いのでこれからも随時ラーメン放浪記を発信していきたいと思います!

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

 

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!