北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

旭川ラーメン放浪記 vol.1

Bashoフード_旭川_ラーメン

-友達にシェアする-

北海道観光といえば多くの方が札幌、富良野、小樽といった都市が目的地かと思います。
いやいや旭川もあるよ!と旭川が多いBasho tripスタッフは思ってしまうのですが、旭川って知ってる?と聞くと大体返ってくる答えが
「あー旭川ね!旭山動物園あるところでしょ!一回行ってみたかったんだよね!でもじゃあ他にどこ行けばいい?」という質問。いやいや!
旭川には他にも魅力がたくさんあるんです!旭川は様々なアクティビティも盛んで、Basho tripでもご紹介していることがたくさん。



そして、旭川観光で絶対に外してほしくないのが、そう、”ラーメン”!
旭川市はなんと市内に300以上ラーメン屋がある、とてつもないラーメン激戦区!
だからこそ、うまいラーメン屋がぞろぞろあるんです。
ということで、旭川観光の際は必ずコースに入れていただきたいお店を今回はご紹介します!

旭川に来て食べるグルメと言えば何と言ってもラーメン!

旭川の観光でグルメ旅をするならラーメンは外せません!中には朝9時から開店している朝ラーを実施している店舗もあるくらいなんです♪通なら朝・昼・晩でラーメンに行く人もいるとかいないとか!?

旭川駅近くにある旭川醤油ラーメンの老舗 一蔵旭川_観光_グルメ_ラーメン

旭川でラーメンを食べる上でまず外せないのが醤油ラーメンの老舗”一蔵”!
旭川の繁華街である”さんろく街(サンロクガイ)”のど真ん中に位置するラーメン屋さんです。
深夜2時までやっているのも繁華街ではありがたい営業時間。
旭川はスナックの多い街としても有名ですので、何件かハシゴ酒をした後の締めの一杯におススメのお店です

あっさり味の醤油ラーメンがイチオシ

旭川_ラーメン_Bashoフード

一蔵に来て食べるべきは”一蔵らーめん”!味はしょう油、塩、みその3種類の中から選べますが、やはりここは旭川に来たのだから”しょう油味”を選んでいただきたいところです!
一蔵らーめんは青ネギがこれでもかというくらいトッピングされており、スープの味付けはあっさりテイスト。
魚介の出汁がきいていて、お酒を飲んだ後に食べると沁みる味です。
もちろん次の日に胃もたれを起こすような味付けではないので遅い時間でも安心して召し上がっていただけます。
さらに、旭川ラーメン特有の細縮れ麺!歯切れがよく、するすると口の中に入っていきます。旭川_ラーメン_Bashoフードメニュー表を見ると様々な種類のラーメンが載っているので目移りしてしまうかと思いますが、ここはしょう油をベースで考えて行きましょう。ハズレることはまずありません。お腹に余裕のある方はここの餃子もお勧めですよ♪

芸能人も多く来る、”たっぷりねぎら~めん”が有名なお店 蔵

旭川_ラーメン_Bashoフード

さて、続いてのラーメン屋さんは旭川駅から車で約10分~15分の距離に店舗があり、宿泊先のホテルからのアクセスも良し!さらに、旭山動物園に行く道中の道のりに位置しているので、立地も良し!
さらに!朝9時から営業しているという旭川では数少ない朝ラーを実施しているラーメン屋さんです!

芸能人やスポーツ選手の色紙もずらり

旭川_ラーメン_Bashoフード

こちらのラーメン屋さん、店内に入ってまず目に入ってくるのが数々の有名人の色紙!
プロスポーツ選手やジャニーズの有名人、アナウンサー等々数多くの芸能人が来ていることでも有名なラーメン屋さんです。

人気No.1は豚骨と魚介をベースにした塩ラーメン

旭川_ラーメン_Bashoフード

メニュー表を見てみると目移りするのですが、メニュー右上にはおすすめラーメンが何種類かあるのでここから選ぶのがオススメ。
1番人気は”しおら~めん”!豚骨をベースとしたスープに魚介をプラスした蔵オリジナルの塩ラーメンです。
どちらかというと博多の味に近いかもしれません。麺は歯切れのいい細縮れ麺を使用しています。

個人的には2番人気の”たっぷりねぎら~めん”がイチオシ!

旭川_ラーメン_Bashoフード

筆者がこちらのラーメン屋さんを訪れて必ず頼むのがメニュー表上は2番人気となっている、”たっぷりねぎら~めん”です。その時の気分で塩味にしたり醤油味にしたりするのですが、このねぎがとにかく絶品!
さらに細かく刻んだチャーシューも入っていて、ラーメンのスープと相まっていい具合の味付けになるんです。
食べれば食べるほど、どんどん食欲が増進していきますよ!
写真で伝わるかわかりませんが、こちらのねぎらーめん、ネギの盛り付けは約10センチほどあります!

ねぎが多すぎる人向けには”ねぎハーフら~めん”も

旭川_ラーメン_Bashoフード

そこまでねぎを食べきれる自信がない、ちょっと多いけどでもねぎら~めん食べてみたい!という初心者の方向けには”ねぎハーフ”というメニューもありますのでそちらをチョイスするのもひとつ。しかしねぎハーフのラーメンを頼んだとしても写真のボリューム!とにかく蔵にきたらねぎら~めんは一度食べてみるべきです!

旭川から札幌に行く道でも発見。だるまやのどろラーメン

旭川から車で走ること約1時間。お次は滝川市という市に到着します。旭川と札幌の間くらいに位置している市です。ジンギスカンで有名な松尾ジンギスカンの本社などがある市で有名な街なんです。
そこにコスパ最高、たまに無性に食べたくなる中毒性のあるラーメン屋さんを見つけましたのでこちらもご紹介♪

滝川で美味いだるまや 目印は赤い看板

Bashoフード_旭川_ラーメン滝川市内を走っていると目に留まるこちらの赤い看板が目印のお店がだるまやです。
駐車場には車が約5~10代くらいは停められるでしょうか。お昼時はいつも満車ですので、少し時間を前後させていくことをお勧めします!

セットメニューの充実具合は北海道内でも群を抜いている

Bashoフード_旭川_ラーメン小上がり含めて20人くらいが満席時には入れそうな広めの店内。メニューを見てみてまず飛び込んできたのがセットメニューのコストパフォーマンスの良さ!いや、待ってくださいここラーメン屋さんですよね?
からあげセットならまだしも生姜焼きとかチキンカツ、はたまたホイコーローまでをラーメンとセットにしているとは北海道広しと言えどここ、だるまさんしかないのではないでしょうか!?

こってりの見た目なのに食べてびっくりあっさりテイスト、どろラーメン!

Bashoフード_旭川_ラーメンそんなだるまさんに来たらぜひ食べていただきたいのがどろラーメン!
見た目と名前はこってりですが、食べてみてびっくり、あっさりしているラーメンなんです。
しかしそのあっさりの中にもしっかりとコクがある美味しいスープが絶品。
ゆでたまごをスープにひたしながら食べると煮卵のようになってこれがまた最高です。
スープもどんどん飲めちゃいます。これはセットでホイコーロー食べればよかった!と後悔したのは内緒です。

砂川市にあるラーメン屋 幸来

さて、最後はこちらも旭川市から少し足を延ばし、車で約1時間15分くらいの距離にある砂川市にある老舗ラーメン屋さんのご紹介。その名も幸せが来ると書いてラーメン幸来!Bashoフード_旭川_ラーメン砂川市で長く続く街のラーメン屋さん、という懐かしい感じがうれしいラーメン屋さんは国道から一本中に入った住宅街にあるのですが、駐車場はないので車は路上駐車するのが幸来の基本スタイルです。
車が何台か止まっていると思うのですぐお店の場所はわかるかと思います。

砂川市で長年続く地元の人から愛されているラーメン屋さん

Bashoフード_旭川_ラーメン店内はカウンター席のみで約10-15席ほどでしょうか。お店に入ると年配の女性店主が二人おり、元気な声でいらっしゃいませー!が響き渡ります。メニュー表はありません!迷ったら醤油ラーメンを頼んでください。
ちなみに筆者はライスも注文しました。

麺、スープ、チャーシュー、全てのレベルが高い醤油ラーメン

Bashoフード_旭川_ラーメン出てきた醤油ラーメンがこちら!スープの表面には旭川ラーメンで特有のうっすらとしたラードが!
これが湯気をおさえてくれるので、いつまでも熱々なラーメンになるんですね。
具はいたってシンプルな、ネギ、メンマ、チャーシューのみ。
チャーシューも煮豚にしてあるので、味がしっかりついていてこれがもう絶品♪魚介と鶏ガラのWスープなので、あっさりとこってりの中間あたりに位置するスープ。ライスとの相性は◎。地元だったら毎日食べに来ても飽きない味です!

まとめ

今回は実際に訪れた4件のラーメン屋さんのご紹介でしたが、旭川にはまだまだ紹介したいラーメン屋さんがたくさん!醤油ラーメンの名店から、味噌ラーメン、塩ラーメンの名店もあるんです♪
Basho Tripでもまだまだ旭川のラーメン屋さんを紹介していきますので今後の更新に乞うご期待!

北海道でアクティビティ体験するならBasho trip

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!