【勝手に認定】地元民おすすめ旭川3大おしゃれカフェ

【勝手に認定】地元民おすすめ旭川3大おしゃれカフェ

旭川の中心部を彩る買物公園エリアでカフェを楽しもう!

「旭山動物園」をお目当てに旭川観光にきていただくことが多いのですが、旭川の中心部に位置する「買物公園」や「常磐公園」も散策スポットの1つ。
ホテルが多く集まるエリアからも近く、散歩がてら気軽に立ち寄れるので、多くの方が1度は訪れるのではないでしょうか。

散策の合間にちょっとひと休憩、というときに、せっかくなら地元のオシャレカフェに立ち寄るのはいかがでしょうか。
今回は、旭川の街中にあるカフェの中でも、人気&おススメの3大カフェをご紹介します!



おススメカフェその1:ちろる

ちろる

まずおススメしたいのが、旭川で最も古い喫茶店、「珈琲亭 ちろる」です。
街のど真ん中、3条通8丁目に位置するちろるは、1939年にオープンした自家焙煎珈琲が楽しめるお店。
初代オーナーが高齢になり一度閉店したのですが、現在は新たなオーナーが2代目として喫茶店を盛り上げています。

 

ちろる

喫茶店は昔ながらの趣を残したままのゆったりとしたたたずまい
レンガ造りの古民家のドアを開けると、早速焙煎されたコーヒーの香ばしい香りに包まれます。

 

ちろる

店内はレンガ造りの壁に、レトロな椅子や薪ストーブなども残っており、どこか一昔前にタイムスリップしたかのような懐かしさを覚えます。
少し薄暗い「喫茶店」らしいシックな店内ですが、奥に一面ある窓からは夏は新緑、冬には雪がちらつく様子が見えるのもまたロマンチック。
小休憩がてら来る人はもちろんのこと、デートに訪れるカップルや一人で読書を楽しむ人などさまざまです。

 

ちろる

 

まずオーダーしたいのがちろるの名物、自家焙煎の珈琲
ブレンドコーヒーのほか、各国から仕入れた珈琲が並び、メニューによって浅煎り、中煎り、深煎りの3種から選ぶことができます。
中には希少なスペシャリティコーヒーのメニューも!定番のブレンドコーヒーx中煎りはコクがあり、深みと苦みがほどよい味わい。
出てくるカップもレトロで喫茶店の雰囲気にマッチしています。

 

そして筆者おススメ、新生・ちろるの人気メニューが、リコッタパンケーキ
2代目オーナーが始めたメニューのようですが、いまやこのパンケーキ目当てにくるお客さんも多い、ちろるの看板メニューとも言ってよいくらいの一品。
なお、1つ1つ丁寧に焼き上げるので、「少しお時間いただきます」といわれることがほとんど。時間に余裕をもっていきましょう。

 

ちろる

でてきたパンケーキにまず驚くのが、そのボリューム!お皿いっぱいに盛り付けられた3枚ものふわっふわのパンケーキとバナナにホイップクリーム
さらにメープルシロップとくるみバターが添えられてきます。
パンケーキは一口食べると、口の中でシュワっと溶けてあっという間になくなるので驚き。
パンケーキだけでなく、添えられたクリームも甘さひかえめで、たっぷりつけてもくどくなく、スルスルと食べられてしまいます。
そして、添えられた自家製のくるみバターがまた絶品!パンケーキとの相性も抜群で、ホイップ、メープルシロップ、くるみバターと何度も味を変えて楽しむことができます。
バナナもまるごと1本ついてきてお腹にたまるので、デザートとしてだけではなく、ランチにもおススメです。

 

ちろる

ちろるは朝の8:30からオープンしており、朝にくる方はパンケーキの代わりに自家製小倉トーストサンドイッチのモーニングメニューを楽しむことができます。
心の安らぐ空間と、奥深く味の濃い珈琲x軽くてほんのり甘いパンケーキの絶妙なコンビネーションを味わいに、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

おススメカフェその2:福吉カフェ

fukuyoshicafe

続いてご紹介するのは、買物公園から10分強、常磐公園から徒歩5分に位置する「福吉カフェ」!
常盤通2丁目、常磐公園の近くにある「旭橋」のふもとに位置する、古民家を改造したおしゃれカフェです。
fukuyoshicafe1924年(大正14年)に建築された建物をリノベーションして2016年春にオープンした福吉カフェは、中に入るとアットホームな懐かしさと和モダンがミックスした居心地の良い開放的な空間が広がっています。

 

fukuyoshicafe

入口のテーブルには、旭川のご当地キャラクター「あさっぴー」と、北海道の人気番組「どさんこワイド」のキャラクター「どさんこくん」がメニューと一緒にお出迎え。
あんこや抹茶を使ったドリンクやワンプレートのフードメニューが一見目立つのですが・・・前方カウンターのショーケースに並ぶのは、福吉カフェの名物で一押しの「トキワ焼き」です!

 

fukuyoshicafe

トキワ焼きは、旭橋のかたちに模られた甘くてサクサクなデニッシュ生地の中に、さまざまなフィリングが挟まれた、たいやき×おやきのようなメニューです(余談ですが、北海道では「大判焼き」のことを「おやき」と呼びます)。
人気は定番の「つぶあん」「クリーム」など甘めのフィリングですが、軽食にもぴったりな「ハムマヨネーズ」の他、「ピロシキ」などの変わり種も。
ランチメニューにはトキワ焼きを使った「サバ味噌サンド」や「ホットドック」などのサンドメニューも並びます。

 

fukuyoshicafe

トキワ焼きは、見た目には割とボリュームがあるのですが、ひと口かじるとサックサクで軽い食感。
ほんのり甘く、生地だけでも美味しいのですが、中に入ったフィリングも重たすぎず、程よいバランス感!気が付くとペロリと平らげてしまいます。
1つ頼む予定が、つい気が付くとお代わりでもう1つ!という方も続出。甘い系とおかず系を1種ずつ楽しむのもおススメです。

 

fukuyoshicafe_003

ドリンクはコーヒーやカフェラテはもちろんのこと、「コーヒーが飲めない方でも気軽に楽しめるカフェにしたい」と店主の想いが込められたオリジナルラテも豊富にご用意。
控えめな甘さのしること抹茶を使ったメニューが多く、看板メニューの「福吉らて」は、まさにしること抹茶がダブルで楽しめる人気メニュー!よくかき混ぜて飲みましょう。

 

  fukuyoshicafe_011

毎日朝9時からオープンしている福吉は、朝の散歩がてら立ち寄る方も多く、週末には朝から店内が混み合うこともしばしば。
またトキワ焼きはテイクアウトも行っているので、食べ歩きもできちゃいます。甘いドリンクとトキワ焼きで、旅の疲れをひと時癒しましょう。

 

おススメカフェその3:Deux Café

deux cafe

出典:北の大地から発信

最後にご紹介したいのは、買物公園の真ん中、2条通8丁目に位置するイタリアンカフェ「Deux Café(ドゥーカフェ)」です。
ビルの2階にあるオシャレカフェは、ランチタイムに行くと混み合うこと必須の人気店。
お店のスタッフさんの対応も素晴らしく、居心地が良い雰囲気のカフェは、若い方だけではなく、ミドル層にも人気です。

 

deux xafe

出典:じゃらん北海道

ソファー席のほかにバーカウンターもあり、カウンターにはお酒のほかに1点1点異なるコーヒーカップが並んでいます。
1席1席がゆったりとした設計になっているので、混み合っていても落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

 

deux cafe

出典:じょぶのもと

ぜひランチタイムに足を運んでいただきたいのですが、ランチタイムのおススメはパスタとスイーツ、ドリンクのセットメニュー
パスタは昔懐かしのナポリタンをはじめ、1番人気・厚切りベーコンの載ったカルボナーラや和風パスタなどが並び、どれもボリューム満点でくせのない親しみやすい味付け。

deux cafe

出典:じゃらん北海道

デザートはもちろん単品でもオーダーできるのですが、おススメは出来立て熱々で運ばれてくるアップルパイ
サクサクのパイ生地に、アイスとチョコレートが程よく溶けて絡み合う絶妙のバランス。お値段も600円とお値ごろの人気メニューです。

セットデザートとは思えないほどの見た目と大きさ!パスタだけではなくデザートも、男性でも大満足のボリューム感です。

ちょっと小休憩・・・と思って立ち寄っても、気づくとつい長居してしまうのがドゥーカフェの魅力。
買物公園のど真ん中にあるので、アクセスしやすいのも高ポイントです。ちなみに全席喫煙可なので、非喫煙者の方はその点だけご留意ください。

 

旭川観光ではカフェ巡りも楽しめる!

おススメカフェ3選、いかがでしたでしょうか。
旭川観光にくる方の多くは買物公園付近に滞在されることが多いので、ホテルからのアクセスが良いのも便利!
旭山動物園やラーメンなどの定番コースはもちろん楽しみながら、旅先での癒しのひと時に、またお買い物の合間に、ぜひ新・旭川3大おしゃれカフェに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

北海道でアクティビティ体験するならBasho trip