【札幌/寿司】一口一口が未知の体験。北海道のレジェンド鮨店「鮨 一幸」の極上鮨。

【札幌/寿司】一口一口が未知の体験。北海道のレジェンド鮨店「鮨 一幸」の極上鮨。

札幌伝説の寿司を遂に…

ようやく行けましたよ…北海道食べログランキング不動の第一位にしてもはやレジェンド的なお鮨屋さん、鮨一幸。
ここ、通常電話での予約は受け付けておりません。
常連さんのみのご予約体制という・・

カウンター7席のみの店内は細部までとにかく綺麗。清潔そのもの。
お刺身やお寿司が出てくるたびに一枚板のヒノキを綺麗に拭いてくれる徹底ぶり。

札幌/中央区_寿司_一幸

この日は鯛からスタート。
塩で食べる鯛は熟成されており、一口食べただけでその食感、風味の違いに驚き。

札幌/中央区_寿司_一幸

次はアワビ。
なんじゃこりゃ。
柔らかいしそれでいてアワビの食感を残し、更に舌触りが全然今まで食べたアワビとは比にならない。

札幌/中央区_寿司_一幸

迷いガツオは海苔醤油でいただきます。
カツオの持つ血生臭さがゼロで、これだけ永遠に食べ続けられる絶品。

札幌/中央区_寿司_一幸

この時期にしか出てこないタチはレアに仕上げてあり、絶品そのもの。

札幌/中央区_寿司_一幸

自家製のカラスミとか、日本酒一升飲めるやつやん…。
なんやねんこの香ばしさと味の濃さ…どうやったらできんのよこれ…。

札幌/中央区_寿司_一幸

日本酒を頼むとおチョコはsupremeという驚き。
なんとも和の世界に合わなさそうなブランドがおチョコって…しかも一幸でsupreme……オシャレすぎやん……。

程よい加減になってきたところでお待ち兼ねの握りタイム突入。

札幌/中央区_寿司_一幸

厚めに切ってあるカスベの握りからスタート。
何これうますぎる。。
単調な文章で申し訳ないのですがホントこれ以外思いつかない。。

札幌/中央区_寿司_一幸 札幌/中央区_寿司_一幸

さよりは上品な味わいで、旨みが引き立ちシャリの味も強く感じる一品。
サワラは熟成されておりねっとりとした食感とこの皮目の焼き加減が絶妙すぎる。

札幌/中央区_寿司_一幸

中トロもねぇ…食レポでやるやつですよ…口の中でなくなるやつ……

札幌/中央区_寿司_一幸

そして大トロ!
中トロとは違って濃く、それでいて甘みのある脂。シャリも小さめなため、ネタの旨味を存分に味わえる。

札幌/中央区_寿司_一幸 札幌/中央区_寿司_一幸

この時期には珍しいウニ!
函館産のものを使用。積丹に負けぬくらい甘みがあって美味しい。

そして名物?のノドグロご飯!
皮目がパリパリで身はふっくら。何この魚。
そりゃ世界の錦織圭も好きになるわこの魚。美味しすぎやて。

コハダの酢の締め加減も絶妙で美味。
あまり食べることのない赤貝も身が厚く、味わい深い。



北海道食べログ1位の最上級ディナー

札幌/中央区_寿司_一幸 札幌/中央区_寿司_一幸

そしてこのブリ。
うすーーくそして長めに切ってあるブリを何回かに分けてパタンパタンと折っていき、一貫のお寿司へと変身します。寝かせてあるため、しっかり熟成されていて絶品。

札幌/中央区_寿司_一幸

最後に穴子。
タレではなく塩で食べる穴子は、穴子本来が持つ風味や味わいが直に舌に乗っかって来て、これがまた美味しいのなんの…。
文章では伝えきれない…すまん。

札幌/中央区_寿司_一幸

玉ひとつとっても出汁やおそらくエビのすり身でしょう。
味が濃くて芸術品の域。

追加で頼んだ鉄火巻きと干瓢巻きも、絶妙。
干瓢巻きってこんなに美味しかったんだ……と改めてわかる一品。
これだけでテイクアウトしたくなるやつ。

いやぁ……至福の時間でしたよ鮨一幸。
食べログランキング北海道1位は頷けるお店でした。

工藤さんの職人としてのこだわりが随所に見えたお店でした。
醤油を塗るハケが15万円とか、お客さんの鼻息から満腹度を測ってるとか……すごすぎ。

いつか普通に予約して行けるレベルまで私も頑張ろうと思えた幸せな時間でした。

お店の情報

*お店の情報は執筆時点のため、変更されている場合がございます。ご来店の際は必ず事前にご自身でお確かめください。

店舗名 鮨 一幸
住所 札幌市中央区南二条西5-31-4 スカレッタビル 2F
Google Mapを見る
営業時間 6:00 pm – 8:00 pm, 8:30 pm – 10:30 pm(二部制)
定休日 水曜日・不定休