北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

札幌・小樽旅行に観光タクシーがオススメな理由


北海道でドライブ

札幌や小樽への観光旅行に訪れる際には、観光タクシーを使った効率的な観光がおすすめです。
札幌・小樽とひとくちに言っても、さすがは北海道、その広さは半端なものではありません。実際、札幌市を関東地方に置いてみると、その広さは東京は当たり前に超え、神奈川・千葉・埼玉・茨城まで及ぶほど。
一日を使って回るにしても車の運転は土地に慣れていないと危険ですし、ましてや電車やバスを使ってはあっという間に時間がすぎるばかりで、観光をしたくてもヘトヘトに疲れてしまいます。
せっかくの札幌・小樽旅行に訪れたのであれば、観光ガイドブックに乗ったメジャーどころだけではなく「知る人ぞ知る」といったポイントにも訪れたいですよね。
そんなあなたのために、Basho tripでは観光タクシーをつかった観光を強くおすすめします!

小樽駅

札幌や小樽では、もちろん交通網は十分に発達しているのでとても便利です。
それでも電車は1時間に1本のところや、バスでは目的地に到達するまでに時間がかかりすぎてしまうこともあるため、選ぶ交通機関によってせっかくの旅行の時間をロスしてしまうこともあります。
レンタカーでの移動は比較的に時間を効率よく使えますが、慣れない土地の中で長時間ドライブすることになりますので、リフレッシュのための旅行にも関わらず逆に疲れが溜まってしまう… なんて可能性もでてきます。

すすきの観光タクシーであれば、地元をよく知るドライバーがオススメの観光スポットに絞って巡ってくれるため、疲れ知らずで貴重な旅行の時間を最大限に効率よく使うことができます。
ドライバーは、観光ガイドの役割も果たしてくれるため、地元の人しか知らない貴重な情報も聞けるかもしれませんよ♪

以下では、Basho tripにてご紹介している札幌・小樽の観光タクシーについてピックアップしてお伝えしていきます!

 

札幌ならではの観光スポットを巡る観光タクシーコース

時計台

Basho tripが提供する札幌の観光タクシーツアーでは、まずは札幌の定番観光スポット・時計台からスタートします。比較的浅い歴史とはいえ、140年の北海道の歴史のなかで、札幌の街を見守り続けている国指定重要文化財なんです。
想像以上の小ささであることからがっかりスポットと揶揄されていますが、やはり札幌の観光をするのであれば一度は必ず見ておいた方が良い観光スポットの一つです。
北海道庁旧本庁舎続いて訪れるのは北海道の赤レンガ、北海道旧本庁舎です。
建物自体がおしゃれで雰囲気も感じられることから、写真映えするスポットとして有名ですが、季節によっては手入れされた敷地内の花々も魅力の一つとなっています。
大通公園

そして、よくテレビでも放映されることの多い大通公園にも観光タクシーで訪れます。
大都会・札幌をど真ん中で区切るその大きな公園には居心地の良い空間が作り上げられており、夏はビアガーデンでビールを楽しみ、冬は冬まつりで一面の銀世界を楽しむことができる魅力あふれる公園です。
札幌のシンボル的存在でもあるテレビ塔が大きくそびえ立つ下で、屋台や様々なイベント、年齢を問わず楽しめる催し物も開催されていることから、多くの地元民の憩いの場所としても活用されているんですよ。
札幌市資料館

この大通り公園の西側にあるもう1つの観光スポットが、旧札幌控訴院(札幌市資料館)という建物です。
こちらは、もともと裁判所として使われていた建物を再活用した文化施設で、中には様々な芸術作品が展示されているんです。
特に見どころなのが、建物の前に広がっている美しい庭園! 時期によっては、一面見事に咲き誇るバラも楽しむことができます。
そのほかにも建物のステンドグラスや階段など、大正モダンの雰囲気を感じることができ、大都会・札幌のイメージとは違う古き良き時代の空気を楽しむことができますよ。
大倉山展望台

そして、札幌の観光タクシーツアーのトリを飾るのが大倉山ジャンプ台です。冬季期間にはスキージャンプ競技が行われる場所ですが、それ以外の季節では、展望台から札幌の街を楽しむことができるんです。こちらの展望台からは札幌の街を一望できるため、地元の方にも大変人気な観光スポットとなっています。この展望台から見る札幌の夜景は『日本新三大夜景』にも選ばれていますので、時間があえばぜひ夜の札幌の街を眺めてみてください!

札幌につぐ観光都市・小樽も観光タクシーで楽しもう

小樽 6月 気候

初めての方もそうでない方にも訪れてもらいたい小樽市でも、観光タクシーが大変便利です。

小樽の街に流れる運河と大正ロマン溢れる建築は、北海道の開拓の歴史を感じることができます。小樽へは札幌から電車で行くこともできるため大変便利なのですが、電車の場合には時刻表に移動が縛られたり混雑に悩まされたりすることもしばしばです。そんな移動の悩みに気を取られずに観光を楽しみたいという方におすすめな小樽の観光タクシーもしっかりご用意しています。

小樽

小樽は一方が海に面しており、残り三方を山に囲まれた珍しい地形をしています。土地柄から坂道も多く、その坂の上から美しいオーシャンビューを楽しむことができるのですが、歩きで観光をしてみようと考えると大変な労力と時間がかかってしまいます。せっかくの北海道観光の時間を有効に活用し、小樽の街をとことん楽しみ尽くすためにも、小樽の見所溢れる観光スポットをサクサク回ることができる観光タクシーは強い味方となってくれます。

かつて、小樽は『北のウォール街』と呼ばれるほどに北海道では断トツで栄えていた街なので、歴史的な建物がたくさんあり、町全体がレトロでおしゃれな雰囲気に包まれています。そんな小樽の街を味わい尽くす観光タクシーのコースを、少しだけご紹介していきます。

ニシン御殿

まずは、鰊御殿(にしんごてん)という変わった名前の建物です。鰊御殿は、丘の上にあることから、小樽の絶景な海を眺められる大人気の観光スポットです。建物自体は歴史を感じる建築物で、中には名前の通りニシン漁に関する資料が展示されています。かつて小樽はニシン漁が非常に盛んで、小樽経済の基盤として重要な役割を担っていたと言われています。そんな盛んなニシン漁に端を発し、多くの都市銀行や商社が小樽運河へと集まってきたことから小樽経済はますます発展をしていきました。贅を極めた造りの鰊御殿を見学する際には、そんな背景にも想いを馳せてみると一層楽しむことができるかもしれません。

続いて訪れるのは、『北のウォール街』と呼ばれた所以とも言える、小樽観光では外せないスポットの日銀金融資料館です。
日銀金融資料館

こちらはなんと、あの赤レンガ駅舎で有名な東京駅を建築した方が建築に携わっています。小樽のレトロ感溢れる街並みをさらに味わい深くし、写真映えも抜群の建造物ですよ。もちろん、観光スポットとして有名なのはその外観だけではありません。第二次世界大戦以降に日本で発行されたすべてのお札を見ることができたり、1億円の重さを体験できたりと、中の展示も一風変わったものばかりですので小さな子供連れのご家族で訪れてもしっかりとお楽しみいただけます。
北一硝子

観光スポットばかりだけでなく、小樽のお土産スポットもきちんと抑えてくれるのが観光タクシーの嬉しいところ。観光タクシーで訪れるのは、ガラス工房です。小樽市内にはたくさんのガラス工房があり、訪れる方たちは何か一つでもガラス製品を買って帰ろうと様々なお土産屋さんを巡るほどなんです。なかでも特に人気が高く、歴史・規模ともに小樽を代表するブランドと言っても過言ではないのが『北一硝子』。ガラス製品のショッピングを楽しむことができ、小樽で一度は行きたいお店の代表格として有名なこともあり、観光タクシーではこちらのお店にも訪れます。
小樽オルゴール堂

また、小樽にはその他にもたくさんのおしゃれでかわいいお店がたくさん存在します! その中心となるのが、堺町通りというショッピングストリート。ガラス製品店やオルゴール堂をはじめ、たくさんのお店が集結しているだけでなく、小樽のレトロな街並みも楽しめるおしゃれなメインストリートです。観光タクシーでは、こちらの堺町通りでのショッピングも楽しめますので、まさに小樽のいいとこばかりをとことん味わうことができてしまいますよ!

少し足を伸ばして、小樽発の積丹・余市観光タクシーで穴場をめぐる

北海道観光といえば大体札幌・小樽・富良野・美瑛で終わってしまう方もおおいですが、小樽から少し足を伸ばして訪れられる積丹・余市での観光タクシー体験もおすすめです。

余市ニッカウイスキー余市でまず訪れるのはニッカのウイスキー工場です。日本のウイスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝が「(ウイスキーの本場である)スコットランドと気候が似ているから」という理由から、ここ余市にウイスキー工場が作られました。こちらの工場では試飲体験ができるほか、いまも変わらず昔ながらの「石炭直火蒸溜」で品質第一のウイスキーの生産現場を見られることがおすすめポイントです。

福原漁場次に訪れるのは福原漁場です。その昔小樽ではニシン漁が大変に盛んでしたが、ニシン漁をおこなっていた福原家が保有していた建物群が福原漁場です。その敷地の広さから、いかにニシン漁が栄えていたかを確認することができます。

下ヨイチ運上屋続いては、旧下ヨイチ運上家(きゅうしもよいちうんじょうや)。ここはアイヌの民族と交流するために作られた松前藩の経営拠点でした。建物内には当時の様子がよくわかる資料が展示されていたり、アイヌとの関わり合いを知ることのできる場所としても使われています。非常に魅力的なスポットですのでぜひ注目されてください。

水中展望船そして、最後には積丹半島の「積丹ブルー」を存分に楽しむことのできる水中展望船に乗って締め括りです。最後は移動してきた疲れをしっかりとここでリフレッシュしてくださいね。

小樽発の美瑛・富良野観光タクシーコースへ

青い池_003札幌・小樽での旅行だけでなく、せっかくならば美瑛や富良野もまわりたいという方にはこちらの観光タクシーがおすすめです。

ぜるぶの丘この観光タクシーコースでは、かの有名な「北の国から」のロケ地へ向かったり、四季折々の自然がたくさん溢れるファーム富田やぜるぶの丘など、美瑛と富良野の自然をとことん味わい尽くすことができます。あの世界的ブランド、Appleのパソコンの壁紙に選ばれて以来、世界中から観光客が訪れるようになった、美瑛を代表するスポット「青い池」にも訪れますよ。

美瑛や富良野観光は、季節によって訪れるべきポイントが変わるものです。ぜひ訪れる季節に合わせ、観光タクシーの行先を変えてみてください。

せっかくの札幌・小樽観光なのに天気が最悪… そんな時も観光タクシーがおすすめ

観光タクシーどんなにしっかりと観光の計画を練っていても、当日に雨が降ってしまえば計画が狂ってしまいますよね。待ち時間が発生する電車やバスで移動しようとすると、乗り継ぎの時間まで近くを観光したくても雨のせいで足をとられてしまうため、せっかくの貴重な観光の時間なのにただホテルに滞在したり、カフェで時間つぶしをせざるを得なくなってしまいます。札幌では地下街も発展していますが、一日中地下にいるわけにもいきませんよね。そんな悪天候な時にも、観光タクシーさえ使えば煩わされることはありません。待ち時間は発生しませんし、ちょっと立ち寄りたいところがあってもいつでもあなただけのドライバーが待機してくれているので、天気が悪くても移動のストレスを一切感じませんよ♪

友達同士や家族でも楽しめる、大人数対応の観光タクシー

ナイトツアー札幌・小樽での観光タクシーは定員4名様までが基本ですが、家族旅行や大人数での旅行となると、5名以上になることもありますよね。大人数になればなるほど移動が大変になりますが、定員の問題で観光タクシーを利用することを諦めてきた方もいるかもしれません。そんな大人数での旅行を考えている方のために、Basho tripでは5名まで乗ることのできる観光タクシーもご用意していますのでぜひご活用ください!
広大な面積を誇る北海道の観光は、いかに時間をうまく使うかが旅行の満足度を左右する重要な要素になってきます。せっかくの貴重な時間を無駄にしないためにも、一度は観光タクシーという選択肢を選んでみてはいかがでしょうか?

このアクティビティを含むプラン

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!