冬の美瑛観光:おすすめアクティビティ&グルメ

冬 美瑛

札幌の雪まつりや函館の夜景、そしてグルメも魅力的ですが、北海道は広いので一度訪れたことのある場所よりも、違う場所に行ってみたいなと考える人も多いのでは?
旭山動物園でお馴染みの旭川から近い美瑛は、世界的にも有名な観光スポットがあり、冬の北海道の大自然を堪能したい人にぴったりです。
美瑛というと、春や夏の丘の風景が浮かびますが、冬も魅力的な観光スポット。
今回は冬の美瑛で楽しめる、アクティビティやグルメをたっぷりご紹介します。

冬の美瑛で楽しむべきアクティビティとは?

息を呑むほど素晴らしい景色のパッチワークの丘など、夏のイメージも強い美瑛ですが、冬にしか楽しめない特別なアクティビティも見逃せません。
冬だからこそ楽しめる、美瑛のおすすめアクティビティを見ていきましょう。

美瑛 冬

冬季限定 旭川・美瑛の人気スポットを巡るタクシーツアー

「北海道は広いから自由に車移動をしたいけど、雪道を運転するのは不安」という人におすすめのタクシーツアー。
冬季限定で旭川と美瑛の人気スポットを、安心して巡ることができる魅力的なアクティビティです。
定員4名の小型タクシーと定員9名のジャンボタクシーから選ぶことができるので、大人数の旅行でもOK。

モデルコースは、旭川市街地からスタートして、旭川に来たら外せない旭山動物園を訪れ、セブンスターの木、クリスマスツリーの木などの代表スポットを巡ります。

クリスマスツリーの木

その後、Appleのパソコンの壁紙にも選ばれたことのある、世界的に有名な美瑛の青い池、そして水墨画のように幻想的なしらひげの滝を訪れ、旭川に戻りツアーは終了。

青い池

有名スポットをすべて抑えられるのはうれしいですよね。
このツアーは事前に相談すれば、場所によっては料金が追加になりますが、一部変更することも可能です。

白金の森で北欧気分を楽しむスノーシュー体験

普通の靴では歩けない雪道も、スノーシューを履くと不思議なことにすいすいと歩くことが可能になります。
白金の森で北欧気分を楽しむことができるスノーシュー体験のコースは、初心者向けの「白樺と青い川コース」としっかり散策したい「巨木の森と大雪原コース」の2種類あるので、希望のコースがあるときは、予約のときに相談しましょう。

美瑛_冬_トレッキング_スノーシュー

白樺と青い川コースは、白樺の森を歩き、ブルーリバーの青い流れを上から眺めることができます。初めての冬の北海道で雪道に自信がないという人はこちらがおすすめ。

美瑛白金スノーシュー

巨木の森と大雪原コースは、大きな木々の森を抜け、広大な大雪原のパノラマと山並みを堪能できます。途中286段の階段を登り下りするので、登山が趣味、体力には自信があるという人はこちらに挑戦してみてください。

美瑛白金スノーシュー

友人や家族とも楽しめますが、1人からも参加できるので、一人旅にも人気のプランです。
普段は経験できない、ふわふわの雪の上を歩き、静かな森の中で日頃の疲れをリフレッシュしてみては?

手作りスノーボード「雪板」すべり体験

「ウィンタースポーツは苦手」「スキーやスノーボードはケガをしそうで怖い」という人にもおすすめの雪板。
1枚の板から作られた手作りスノーボードの雪板は、足が固定されていないので自由度が高く、雪の上をサーフィン感覚で滑ることができます。

美瑛_冬_雪板

転んでしまったら痛そうというイメージがあるかもしれませんが、ふわふわのパウダースノーなので、痛みはほとんど感じません。むしろ気持ちよく、ずっと寝転がっていたい気分です。

美瑛_冬_雪板

雪板でしか味わえない、雪の上に浮いているような不思議な感覚を体験してみてください。

冬の美瑛で地元民もオススメなグルメとは?

風味豊かな手打ちそばが楽しめるお店「美丘」

美瑛駅のそばにある、風味豊かな手打ちそばが楽しめる「美丘」。地元の人からも愛されているそば屋さんです。
美瑛産のそば粉と、キタホナミの小麦粉を使用した二八蕎麦で、タレもすべて店主が自ら厳選した国産材料で作られています。
そばもおいしいですが、サクサクの天ぷらも魅力的。ごぼう天やえび天などをセットで頼む人も多いですよ。そば御膳には、ごぼう天と串カツ、いなりずしまでついています。
店主が一人で営業しているため、少し時間がかかることも。時間には余裕を持って行きましょう。

美丘

出典:食べログ

冬の美瑛、どんな格好で行ったらいい?

冬 服冬はしっかりと防寒対策をしていくことが大切です。とくに1月は最高気温でもプラスになることはほとんどありません。
厚手のコートと滑り止めのついたブーツは、北海道の冬の必須アイテム。コートの素材は、ウールやダウンなど、とにかく温かさを重視しましょう。ショート丈のコートよりも、足元を覆うことができるロングコートの方が安心。
マフラーや手袋などの小物も必ず着用しましょう。イヤーマフや帽子などもあると便利です。寒がりの人は腹巻やカイロを持って行きましょう。
コートの中は機能性インナーやニットなどを重ね着してください。
ボトムスは、パンツの方が動きやすく旅行には向いていますが、1枚では冷えるので裏起毛やボアなどが付いた厚手のものがベスト。薄手のパンツの場合は、タイツを履きましょう。
ワンピースやスカートの場合は、タイツが必要です。80デニールのタイツでも寒いことが多いので、100以上の厚手のものを選ぶと安心ですよ。
また、寒い日は「首」とつく部分を冷やさないようにするのがポイント。
タートルニットなどで首元をしっかりとカバーして、袖口があまり開かないコートがおすすめです。
美瑛に限らず、北海道の室内は暖房設備が優れているため、室内ではコートを着ていると暑いことも。
汗をかいたまま、寒い外に出ると風邪を引いてしまう可能性があるので、室内では脱げるよう重ね着をして調整できるように工夫するといいでしょう。

 

冬の美瑛、アクティビティとグルメのまとめ

冬の美瑛は、北海道の大自然を思いっきり感じることができるアクティビティがそろっています。
防寒対策をしっかりする必要はありますが、アクティビティで身体を動かすと意外と温まり、寒さも忘れて楽しむことができますよ。
雪のある季節の北海道に訪れてみたいという人はぜひ美瑛へ。冬にしか見ることができない美瑛の絶景を心に刻みましょう。

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top