美瑛の12月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

美瑛 12月

12月の美瑛は、すっかり雪景色に。
寒さの本番はもう少し先といえども、日中でも氷点下になることが多く、油断はできません。
今回は、美瑛の12月の天気・服装、そしておすすめのアクティビティをくわしくご紹介していきます。
寒さ対策をしっかりとして、12月の美瑛観光を楽しみたい方は、こちらをチェックしてみてくださいね。

美瑛の12月の天気

美瑛は盆地地帯のため、1日の中での気温差が激しいのが特徴。
12月の美瑛は、最高気温が0℃以下になることも多いのですが、さらに冷え込むと朝晩は-10℃前後まで下がることも。
山だけではなく市街地も雪に覆われ、降雪量も札幌とくらべるとかなり多い地域です。

美瑛 12月

寒い日の雪はさらさらなので、傘をささなくても服をサッと手ではらえば落とすことができますが、暖かい日中は水分を多く含む重たい雪が降ることもあるので、折り畳み傘があると便利ですよ。
吹雪で大荒れの場合もあるので、常に時間に余裕を持って行動しましょう。
レンタカーで移動する場合もあるかと思いますが、雪道の運転は慣れていても危険がたくさん。
決して無理はしないようにしてくださいね。

 

12月の美瑛、どんな服装がおすすめ?

冬の服装

厚手のコートと滑り止めのついたブーツは必須アイテム。
コートの中は機能性インナーやニットなどを重ね着しましょう。
パンツの方が動きやすく旅行には向いていますが、1枚では冷える可能性もあるので裏起毛やボアなどが付いた厚手のものがおすすめ。
ワンピースやスカートの場合は、厚手のタイツが欠かせません。

また、寒い日は「首」とつく部分を冷やさないようにするのがポイント。
タートルニットなどで首元をしっかりとカバーし、袖口がつまっているウールコートやダウンを着用しましょう。

美瑛に限らず、北海道の室内は暖房設備が優れているため、室内ではコートを着ていると暑いことも。
汗をかいたまま、寒い外に出ると風邪を引いてしまう可能性があるので、重ね着をして調整できるように工夫するといいでしょう。
地元の人は慣れているのでラフな格好でいることもありますが、「意外と寒くないのかも?」と油断してはいけません。

12月の美瑛、体験必至のアクティビティって?

12月の美瑛は、冬ならではのアクティビティを楽しむチャンスです。
幻想的な冬景色と一緒に楽しめるアクティビティは、大人も子どもも貴重な体験となること間違いなしなので、家族連れにもおすすめです。
それでは早速アクティビティを見ていきましょう。

12月の美瑛で体験したいアクティビティ:手作りスノーボード「雪板」すべり体験

「ウィンタースポーツに挑戦したいけど、難しそう」という人におすすめの、手作りスノーボード雪板すべり体験
雪板と呼ばれる1枚の板から作られたボードに乗って雪の上をすべります。

美瑛_冬_雪板

スノーボードと変わらないように見えるかもしれませんが、実は足が固定されていないので、サーフィン感覚で楽しめます。
固定されているとケガをしそうで怖いという人も安心。

美瑛_冬_雪板

ふわふわのパウダースノーなので、転んでも痛くないのもうれしいポイントです。
6歳から参加可能なので、家族旅行にもおすすめのアクティビティです。

12月の美瑛で体験したいアクティビティ:犬ぞりも青い池も!冬の美瑛・富良野1日ツアー

美瑛を旅したいと思っても、旭川までの飛行機の本数が少なく、うまく計画できないと悩んでいる方もいるのでは?
そんな人におすすめなのが、こちらの冬の美瑛・富良野1日ツアー。
なんと札幌市内のホテルや札幌駅からスタートできるプラン。札幌を観光してから美瑛や旭川に行きたいという人にもうれしいツアーです。
まずは富良野に移動し、犬ぞり体験
かわいいわんちゃんたちが、雪の中を案内してくれます。

犬ぞり

その後、ランチが楽しめるのもこのツアーの魅力。
お腹を満たした後は、スノーシューで散策またはファットバイク体験と、お好きなアクティビティを選ぶことができます。

北海道を大満喫!札幌発の美瑛・富良野1日ツアー

昼にアクティビティを満喫したら、世界的に有名な観光スポットでもある美瑛の青い池と、しらひげの滝へ。
冬季限定のライトアップを見ることができます。
この時期しか見ることができない、神秘的な雪景色に感動すること間違いなし。

青い池

最後に、地元で人気の温泉で身体を温め、ツアーは終了。
経験豊富なガイドさんがついてくれるので、道に迷ったり冬の移動に悩んだりすることもなく時間を有効活用できますよ。

12月の美瑛で体験したいアクティビティ:冬季限定 旭川・美瑛の人気スポットを巡るタクシーツアー

雪道を運転するのは不安な人も多いのではないでしょうか。
ということで、やっぱり冬場の北海道観光は、タクシーツアーが一番安心。
こちらのツアーは旭川発、冬季限定で開催されるプラン。
4名までの小型タクシーと9名まで乗れるジャンボタクシーから選ぶことができます。

旭川観光タクシー

まずは旭川の市街地からスタート。旭山動物園に向かいます。
日本で一番人気の動物園は、一年中楽しめる工夫がされています。
約2時間滞在できるので、ゆっくりと散策できますよ。

動物園のあとは、有名なタバコブランド、セブンスターのCMに使われた、セブンスターの木を見ることができます。
銀世界に1本だけ堂々とそびえ立つ姿は迫力満点です。

セブンスターの木

さらに美瑛のクリスマスツリーの木も見ることができます。
きれいな三角形で、上の部分が星形の飾りに見えることから命名されたといわれています。

クリスマスツリーの木

世界的に有名な青い池も立ち寄ることができるのも、このツアーのうれしいところ。雪景色と青い池のコントラストに感動することでしょう。

最後にしらひげの滝へ。夏は美しく透明感のある青さと滝の白い流れのコントラストが特徴的ですが、冬は雪に囲まれさらに青さが引き立ち、まるで水墨画のようです。

しらひげの滝

このタクシーツアーの基本コースはご紹介したとおりですが、事前に相談すると上記以外の場所に立ち寄ることもできるかもしれません。
旭川や美瑛で気になるスポットがあれば、予約のときに相談してみてくださいね。

まとめ

美瑛の12月の天気や服装、そしておすすめアクティビティをご紹介しました。
冬の美瑛を観光するときは、しっかりと防寒対策をしていきましょう。寒さが気になってアクティビティを楽しめないのは困ります。
「雪の中、楽しめるアクティビティは少ないのでは?」と思うかもしれませんが、美瑛には冬だからこそ楽しめるアクティビティがあふれています。
ぜひ友人、そして家族と12月の美瑛を満喫してみてくださいね。

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top