12月の美瑛観光:おすすめモデルコース

美瑛 冬

12月の美瑛観光を楽しみたいという方のために、1日のモデルコースをご紹介!
12月の美瑛は、平均気温が氷点下と極寒!
雪もかなり降るため、まさに白銀の世界を一番楽しめる時期です。
冬の美瑛は、夏とは全く異なる幻想的な景色を楽しむのにぴったりの季節。
Basho Tripでは、寒さも気にせず名所を効率的に回れるスペシャルコースをご用意!
オススメの観光スポットやグルメをモデルコース形式で紹介していきます。
ぜひ1日かけて冬の美瑛を楽しみましょう。

12月の美瑛観光モデルコース(午前~夕方)

12月の美瑛観光モデルコースをご紹介!
美瑛はとにかく美しい風景を見ることができる絶景スポットが多く、それらの風景を眺めれば癒されること間違いなしです。
そんな12月の美瑛観光を楽しめるモデルコースを、午前から夕方にかけてご紹介していきます!

12月の美瑛観光モデルコース:スノーシューを履いて一面の銀世界へ

12月の美瑛観光モデルコースは、スノーシュー体験からスタートです。
見渡す限り雪色に染まった白銀の世界で、まだ誰も足を踏み入れていない雪原を歩き回りましょう。美瑛_冬_トレッキング
まるでマシュマロのような美しい丘にドサっと倒れ込めば、日頃の疲れや悩みも吹き飛んでしまうこと間違いありません。
散策をするのは普段個人では入ることができない特別な場所で、Bashotripでご紹介しているプランでは管理されている農家さんに直接許可を取っているんです。

美瑛_冬_トレッキング

誰も足を踏み入れていない雪原を走り回る体験は、きっと一生の思い出に残ること間違いありません!
最高の気分で次の観光スポットへ向かいましょう。



12月の美瑛観光モデルコース:美瑛選果でちょっとはやいお土産選び

美瑛選果

出典:美瑛選果

次に訪れるのは、美瑛駅の近くにある美瑛の食のショールーム、「美瑛選果」です。
美瑛選果は、JAびえいが手掛ける美瑛産野菜などを扱うアンテナショップ。
2007年にオープンしたショップで、なんと2008年に開催された洞爺湖首脳サミット時には晩餐用の食材の調達も請け負っています。
美瑛選果では、野菜を扱う「選果市場」、野菜を原料とした加工品を扱う「選果工房」のほか、雄大な景色と共に美瑛産の野菜と肉が存分に味わえるフレンチレストランや人気のパン工房が併設されています。

美瑛選果2

出典:美瑛選果

ここで早速お土産を選んじゃいましょう!
冬は市場に並んだ野菜のほか、オリジナルの加工食品がお土産におススメですよ。
美瑛産の甘い玉ねぎを使用した「おかき」や「揚げたまねぎ」、びえい豚を使った「ウィンナー」に「ハスカップジャム」など、バラエティ豊富なお土産は喜ばれること必至です。

美瑛選果

出典:美瑛選果

そして、世界的に有名な美瑛の小麦を使ったベーカリー小麦工房も人気。
中でも人気なのは、美瑛産ゆめちからを使用した、しっとりモチモチの「美瑛ゆめちから食パン」や美瑛産黒大豆で作った煮豆をふんだんに使用した「美瑛の黒豆ぱん」です。
黒豆ぱんは、中だけでなく外側にも黒豆がびっしりと敷き詰められており、見た目にもインパクト大!
「選果工房」で出来立ての「北あかりのコロッケ」と「じゃがバター」も買って、道中に小腹を満たしながら、次のスポットへ向かいましょう!

12月の美瑛観光モデルコース:四季彩の丘

四季彩の丘

出典:四季彩の丘

12月の美瑛観光モデルコース、続いて訪れるのは美瑛の名所の1つ、「四季彩の丘」です!
美瑛駅から車で10分ほど行ったところにある「四季彩の丘」は、広大な敷地の中に様々な花や野菜などが栽培されているエンターテイメントガーデンです。
夏になると色とりどりの花が咲き誇り、大自然のパッチワークを眺めることができます。
また冬には雪が降り積もり、辺り一面が銀世界となり、夏の色とりどりの風景とは異なる、幻想的な風景を楽しむことができます。
庭園や畑の他にもペンションが完備されており、ここでしか体験できないイベントなども開催されていますので、美瑛に訪れた際は是非行ってみることをオススメします。

 

12月の美瑛観光モデルコース:青い池・しらひげの滝

青い池

12月の美瑛観光モデルコース、お次に訪れるのは、美瑛を代表する観光名所「青い池・しらひげの滝」です!
「青い池」とはJR美瑛駅より車で20分ほどのところに位置する巨大な池で、水面が青く輝いているように見えることからこのように呼ばれています。
青く見えるといっても季節や天候によって様々な青色に変化し、非常に神秘的です。
湖も非常に美しいのですが池周辺に立っている枯れたカラマツが、青い池の神秘的な雰囲気をより一層引き立てています。
Appleの画面にも選ばれた「青い池」は美瑛で外すことのできない観光スポットでしょう。

しらひげの滝

実は「青い池」のすぐ近くにある「しらひげの滝」も隠れた名スポット。
「しらひげの滝」は落差30mという高所から水が降り注ぐ迫力満点の絶景スポットとなっています。
落ちてくる水が遠くから見ると白い髭のように見えることから「しらひげの滝」と呼ばれています。
冬には滝筋と雪の白、岩肌のコントラストが際立ち、滝から上がる水しぶきや湯気が樹木に霧氷を作り出し、より幻想的な景色になります。
Basho Trip特製のコースではどちらも立ち寄ることができます!

12月の美瑛観光モデルコース:ファームズ千代田

ファームズ千代田

出典:ファームズ千代田

12月の美瑛観光モデルコース、お次は「ファームズ千代田」です!
美瑛といえば、広大な草原でのびのびと育てられている動物たちを想像する人も多いのではないでしょうか?
「ファームズ千代田」では牛やウサギ、馬、そしてヤギと言った動物たちを飼育しており、動物たちとの触れ合いも楽しめます!
動物の餌やり体験などのイベントも行われており、大人から子供まで幅広い年齢の方たちが楽しめることでしょう。
またレストランやお土産店なども併設されていますので、美瑛らしい体験がしたいという方は「ファームズ千代田」を訪れてみると良いでしょう

乗馬
「お馬さんともっと触れ合いたい!」という方は、旭川や富良野での雪道乗馬体験コースもご用意していますので、ぜひ別日にお申し込みしてみてください!

12月の美瑛観光モデルコースのあとは

12月の美瑛観光モデルコース:帰旭後に大黒屋のジンギスカンディナーを堪能!

旭川グルメ

出典:ushigyu.net

12月の美瑛観光モデルコースを終えて、旭川に帰ってきたら、北海道名物のジンギスカンで1日のラストを飾りましょう!
旭川には多くのジンギスカン専門店があり、初めて旭川に行くという方は、どこに行けばいいのか迷ってしまいます。
そんな方たちにオススメするのが旭川あるジンギスカン専門店「大黒屋」です!

旭川グルメ

出典:ヒトサラ

旭川の地元民にも愛される「大黒屋」の生ラムジンギスカンは、臭みが全くないので食べず嫌いの人にも是非一度トライしてほしい逸品です。
美瑛の素敵な景色を十分に堪能した後は、北海道名物の1つ・ジンギスカンで思い切り汗をかいて寒さを吹き飛ばしましょう!

まとめ

今回は12月の美瑛観光でオススメの観光名所やグルメ、アクティビティなどをモデルコース形式でご紹介してきました!
12月の美瑛は気温が氷点下まで下がり、かなり寒い時期ですが、この時期にしか楽しめない観光名所もたくさんあるので、行ってみて欲しい季節でもあります。
是非今回のモデルコースを参考にして12月の美瑛観光を充実したものにしてみてはいかがでしょうか?

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top