北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

知床の12月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

知床 冬

-友達にシェアする-

北海道の東側に位置している知床エリア。
12月ともなれば冬本番です。
12月は本格的に冬の装いとなり、雪が降る日もしばしば。
場合によっては、積もっていることもあるでしょう。
また、海に囲まれたエリアでもあるため、風も強めです。
ですので、体感温度は予想以上に低いかもしれません。
ぜひ前もって知床についての基礎知識を予習して、12月の知床観光を目いっぱい楽しみましょう!

知床の12月の天気

知床 冬

知床の12月の平均最高気温は0.8℃ほどで、平均最低気温は-5.1℃。
日中でも氷点下になる日は珍しくなく、夜になると氷点下5℃を下回る日もざらにあります。
北海道の中でも寒さの厳しいエリアですので、防寒対策が欠かせません
雪が降ったときに備えて、フード付きコートがあると便利です。
雪が積もる日も多くなるため、安全に歩けるよう、靴の選び方にも注意する必要があります。
冬の北海道は、基本的にどの施設でも暖房が強めに効いているため、室内と室外の温度差が激しく、体調を崩す可能性もあります。
温度調節しやすい重ね着で出かけるようにしましょう。
この時期は日も短くなり、風が吹くと体感温度はさらに下がります。
その日の天気によって気温も変わるため、柔軟な対応が必要です。
出かける前に天気予報をチェックして、寒くなりそうなときは十分な対策をしてから出かけましょう。

12月の知床、どんな服装がおすすめ?

冬 服装

12月の知床は雪が降る日が多くなるため、防寒対策は必須です。
出かけるときは、冬用のコートを着用しましょう。外でのアクティビティを行う場合には、スキーウェアの様なものを着用することをオススメします。
一日中外に出ていますと、寒さで身体の芯から冷えてきますので、インナーも長袖のものを、できれば発熱素材のものを着用することが良いでしょう。
さらに、保温性の高いセーター、フリースなどがあると安心です。
冬の北海道は重ね着が基本
脱ぎ着のしやすいシャツやアウターであれば、寒い場所から暖かい場所へ移動するときに、臨機応変に対応することができます。
また、この時期は足元も注意が必要です。
長時間雪面にいると、防寒靴だけでは寒さを完全に防ぐことができません。
厚手の靴下を履いたり、靴下を2重に履いたりして、足先の冷えを防ぎましょう。
気温が低い日は、耳の隠れる帽子や防水性のある手袋、マフラーを準備して出かけるようにしてください。

12月の知床のイベント

せっかく北海道まで来たなら、美味しい海の幸を食べたいですよね!
12月の知床では、北海道の美味しいグルメを堪能できるイベントが開催されます!
幅広い年齢層の方が楽しめるイベントなので、冬の知床を旅行する際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

紋別で開催される「もんべつ海産祭」

知床 もんべつ海産祭

出典:たびらい

知床から車を走らせること1時間半、紋別で行われる「もんべつ海産祭」は、オホーツク海で取れる新鮮な海鮮を買うことのできる美味しいイベント!
地元で獲れた新巻鮭やズワイガニ、ホタテと言った海産物や加工品
を、特別価格で買うことができますよ。
イベントが開催されるのは、オホーツク海を一望できる紋別市海洋公園。
冬には流氷がやってくる場所としても有名です。
イベントの入場は無料、しかもカニ汁サービス付き!
冷え切った体も、あつあつのカニ汁を食べれば、すぐに温まります。
カニ汁はなくなり次第終了となりますので、午前中に出かけるのがおすすめです。

知床 もんべつ海産祭

出典:たびらい

また、まつり会場から地方発送もできるので、お土産や贈答品に利用するのもおすすめです。
ほかにも、先着300名様へのプレゼントや、豪華海の幸が当たるお楽しみ抽選会も用意されています!
北海道の美味しい海の幸が並ぶ、年に一度のイベント!
屋外で開催されるイベントなので、暖かい格好をして出かけましょう。

https://www.visit-hokkaido.jp/event/detail/847

12月の知床で体験必須のアクティビティとは

12月にもなると、知床は一面、白銀の世界となります。
せっかくなら、この時期しか体験できないアクティビティに参加してみませんか?
真冬ならではの絶景を見に出かけましょう!

12月の知床で幻の湖キンムトーツアー

知床 キンムトー

出典:てしかがじかん

こちらのアクティビティは、知床斜里の隣町にある弟子屈町(てしかがちょう)の幻の湖・キンムトーを歩いて散策するアクティビティです。
摩周湖と屈斜路湖の間に位置するキンムトーは、知名度こそ高くないものの、北海道の雄大な自然を感じることができるおすすめスポットです。
一般的な観光では行けない秘境の地となっており、静寂に包まれています。
キンムトーという名前も、「山の上の神秘的な場所」という意味があり、その湖は天候や気温によって景色を変えます。

知床 キンムトー

出典:てしかがじかん

周りを木々に囲まれた場所ですが、11月からは木々の葉も落ち、森の中も冬支度を始めています。
その日の天候によっては湖面の色も変わる様は、まさに幻想的。
近くには緑ダムもあり、北海道らしい大自然を堪能できますので、日常を忘れてリフレッシュできますよ!
北海道に住んでいる人でも知っている人が少ない、まさに知る人ぞ知る秘境です!

知床 キンムトー

出典:てしかがじかん

秘境といっても、地元を知り尽くしたガイドが案内してくれるため、最後まで安心安全!
「まだあまり知られていない知床の絶景スポットに出かけてみたい」という方にピッタリのツアーです。
6歳から参加可能なツアーですので、親子そろって出かけてみては?

冬の熱気球フライト

知床熱気球

世界自然遺産・知床の大自然を空から眺めてみませんか?
熱気球フリーフライトのプランに参加すれば、知床の雄大な景色を、空から一望できちゃいます!
雪に包まれた白銀の世界を空から見れるのは、この時期だけ!
流氷に埋め尽くされたオホーツク海や、知床の山々が上空から眺めることができる貴重な体験になります!

知床熱気球
まずは、ツアー車でフィールドまで移動し、気球を準備することからスタート!
雪原のど真ん中で大きな気球を広げることも、この時期しかできない体験です。
気球内の空気を暖めて、気球が浮き上がってきたら、いよいよフライト開始!
高度100m~1,000mエリアでの空中散歩は、きっと忘れられない体験になるはず。
ゆっくり風に乗って進みながら、目の前に360度広がる純白の世界を楽しめます。

知床熱気球
空中散歩の時間は20分~40分ほど。
着陸するときは雪がクッションになってくれるので、大きな衝撃はありません。
こちらのアクティビティ、基本的には1月から3月までが開催期間となっているので、12月だと参加できないかもしれません。
ですが、冬の熱気球フライトは是非体験していただきたいアクティビティの一つです!
経験豊富なガイドがレクチャーしてくれるので、初心者の方でも安心。
朝に行われるアクティビティですので、当日は暖かい服装でご参加ください。

まとめ

12月の知床は、まさに冬本番!白銀の世界を見れるのは、この時期だけですので、せっかくなら知床の大自然を満喫できるアクティビティに参加してみましょう。グルメイベントに参加すれば、北海道の海の幸も満喫でき、充実した旅行になりますよ!
ただし、12月の知床は日中もあまり気温が上がらないため、出かけるときは防寒対策が必要不可欠です。天気や服装に気をつけていただければ、楽しい旅行になるはずです。冬の知床を体験しに、ぜひ一度遊びにいらしてくださいね!

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!