帯広の2月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

帯広 冬

-友達にシェアする-

2月の帯広は冬真っただ中。
寒いだけではなく、めったに見ることのできない広大な雪原が広がっているのも帯広の魅力の一つ!
寒い中でも観光を楽しめるように、事前に服装や天気の情報を調べておきましょう。
またこの時期にしか体験できないアクティビティも盛りだくさんです。
本コラムでは2月の帯広での天気や服装、アクティビティなどをご紹介していきたいと思います!

帯広の2月の天気

帯広 冬

2月の帯広は平均の最高気温がだいたい-2度ほどで、最低気温が-10℃を下回る日もしばしばあります。
時には-20℃という最低気温を記録する日もあり、一般的にはあまり体感することのない寒さになることでしょう。
また1か月のうちの半数ほどが降雪をともなった天気のため、雪が降っている日が多いです。
しかし比較的カラッとした天気にはなりやすいので不快感を感じる程の気候になることはないといえます。

2月の帯広、どんな服装がおすすめ?

服装 冬

2月の帯広はとにかく寒いので服装は防寒対策をしたものを選ぶ必要があるといえるでしょう。
日中太陽が出ていたとしても氷点下の気温であることが多いため、冬用のダウンジャケットや、コートは必須です。
しかしお店などに入ると暖房がガンガン焚かれているため、非常に暑いです。
温度調節をしやすくするために脱着しやすい上着を持っていくことをおすすめします。
もし野外を中心に観光するのであれば、ヒートテック等の冬用のインナー、靴下も用意しておくといいでしょう。
この時期の帯広は天気が良く、太陽が照りつけていることもあります。
そうなると雪にに太陽光が反射し、目を痛めてしまう可能性もありますので、サングラスを持っていくと良いでしょう。
しっかりと防寒対策をして帯広観光を楽しみましょう!

2月の帯広、体験必至のアクティビティって?

極寒の地となっている2月の帯広ですが、この時期にしか楽しむことのできないアクティビティがいくつか開催されています。
そこでこの章ではこの時期の帯広でおすすめのアクティビティをご紹介していきます。
いずれも北海道の大自然を満喫できるアクティビティとなっていますので、2月の帯広に訪れた際は是非参加してみてください!

初めての方でも安心!ワカサギ釣り体験!

富良野_ワカサギ釣り

2月の帯広観光でおすすめのアクティビティ、一つ目はワカサギ釣り体験です!
ワカサギ釣りは冬の北海道では定番のアクティビティとなっており、観光客には大人気となっています。
ワカサギ釣り体験を楽しみたいという方におすすめなのがこちらのプランです!

富良野_ワカサギ釣り

こちらのプランは帯広から車で約1時間ほどの場所にある南富良野・かなやま湖でワカサギ釣りを体験することができます。
ワカサギ釣りは凍った湖の上で行う冬ならではのアクティビティで、氷に穴を開けてそこから釣り糸を垂らします。
そうしましたら釣り糸を動かしたりしてアタリが来るのを待つだけ。
アタリがかかった時の喜びは何物にも代えがたいでしょう。

富良野_ワカサギ釣り
またワカサギ釣りの楽しみは釣ることだけではありません。
釣ったワカサギを調理して食べるのもワカサギ釣りの醍醐味!
こちらのプランでは釣り上げたワカサギをその場で天ぷらにして食べることができるのです。
このプランの会場となっているかなやま湖は、非常に水が綺麗で、そこに生息しているワカサギも臭みがなく、甘みがあっておいしいと評判。

富良野_ワカサギ釣り

冬に行うアクティビティなので、ものすごく寒いのではないかと心配になる方もいることでしょう。
こちらのプランではワカサギ釣り用のテントの中で釣るので、冷たい風などを気にする必要はありません。
暖かいテントの中でぬくぬくとワカサギ釣りを楽しみましょう!

必要な機材等は専門のガイドさんが準備してくれますので、みなさんは防寒対策だけして参加するだけ
そのため、初心者の方でも安心してご参加いただけますし、お子様とのご参加もできちゃいます。
ぜひ冬の風物詩であるワカサギ釣りを一度体験してみてください!

ワカサギ釣りを夜にやるのは珍しい!

ナイトワカサギ釣り

冬の風物詩として親しまれているワカサギ釣りですが、多くの場合昼の明るい時間帯に行われることが多いです。
そのため夜のワカサギ釣りを体験したことのある方はかなり少ないのではないでしょうか?
夜のワカサギ釣りは昼とは雰囲気が一気に変わり、神秘的でロマンティックな風景を眺めながらワカサギ釣りを楽しむことができます。
そんな夜のワカサギ釣りを体験することもできるプランがこちらです!

ナイトワカサギ釣り

こちらも先ほどご紹介したワカサギ釣り体験のプランと同じ、南富良野・かなやま湖で行います。
夜の富良野は非常に冷え込み、通常であれば徹底した防寒対策が必須になってきますが、こちらのプランではその心配はいりません。
ワカサギ釣り用テントの中でストーブが焚かれていますので、テントの中は非常に暖かく快適
テントの中でストーブを焚きながら行うワカサギ釣りは滅多にできない経験です!

ナイトワカサギ釣りツアー

また天気が良い日はテントから一歩出ると満天の星空を眺めることもできてしまいます
外から眺めていると明るく灯ったテントと、星空が神秘的で美しい風景を演出してくれます。
昼間ワカサギ釣りをやることはあっても夜に星空を見ながらワカサギ釣りをする体験はなかなかできないでしょう。

ワカサギ釣り体験が終わった後は、富良野市街地までの送迎サービスもあるのがまたうれしいところ
ぜひ夜のワカサギ釣りといった貴重な体験を楽しんでみてはいかがでしょうか?

冷えた体は十勝川温泉で温めましょう!

十勝 森のスパリゾート

出典:北海道ホテル

いくら暖かいテントの中でワカサギ釣りを楽しんだからと言っても、ここは極寒の地・帯広ですので、体が冷えていることでしょう。
冷えた体を温めるには温泉が一番!
実は北海道には温泉地が点在しており、個性豊かな温泉街が賑わっているのです。
もちろん帯広にも温泉が存在します!
そんな温泉の名所・帯広に来たら是非浸かっていただきたいのが、モール温泉です!

十勝 森のスパリゾート

出典:北海道ホテル

北海道遺産にも指定されている植物性温泉であるモール温泉は、全国的に見てもかなり希少な温泉源です。
こちらの温泉はもともとアイヌ民族が薬として使用していた語り継がれていた温泉で、昭和初期に本格的な開発が始まりました。
神経痛、筋肉痛など様々な病気に効能あり、毎年多くの観光客が訪れます。
またモール温泉は美人の湯ともいわれており、入浴後は後はお肌がつるつるになるため女性にはうれしいですね。
まさにモール温泉は天然の化粧水とも言えるでしょう。
一日帯広観光をして、疲れた体をモール温泉じっくり癒してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は2月の帯広の天気やおすすめの服装、観光する上外せないアクティビティなどをご紹介してきました!
2月の帯広は日中でも氷点下まで冷え込むことも珍しくないほど極寒の地となっています。
しかしこの時期にしか楽しむことのできないアクティビティも開催されていますので、観光するには楽しい季節でしょう。
是非この記事を参考に、2月の帯広観光の計画を立ててみてはいかがでしょうか?

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

-友達にシェアする-

関連コラム

Back to Top