【北海道歴25年のおすすめ】もらって嬉しい富良野のおみやげ15選

ニングルテラス キャンドル

目次

-友達にシェアする-

【北海道歴25年のおすすめ】もらって嬉しい富良野のおみやげ15選

北海道の中でも人気観光エリア上位に君臨する富良野。
美しいラベンダーをはじめとした景色の美しさはもちろんのこと、観光スポットやドラマのロケ地巡りを楽しむ人も多く、常に観光客でにぎわうエリアです。

せっかく富良野に旅行に訪れたのだから、富良野ならではのお土産品を買いたいですよね。
今回は、数多い北海道の人気お土産の中でも、もらって嬉しい富良野のお土産にフォーカスして15種ご紹介します!
お土産と書きましたが、ご自身用に買う人も多い、富良野の魅力的な商品。
ぜひお気に入りの1つを探してみてください!

もらって嬉しい富良野のお土産その1:ふらのワインハウスの「ふらのワイン」

富良野ワイン

出典:ふらのワインOnline Shop

1つ目は、富良野の丘の上にたたずむ人気スポット、ふらのワインハウス「ふらのワイン」です!
北海道は国内のワインの生産地の1つとしても有名で、ここ富良野のワインも人気。
中でも富良野は気候がヨーロッパ北部に似ていてブドウの栽培に適しているのだとか。

ふらのワインハウスの魅力は、ワインの熟成庫が見学できることと、試飲してワインを購入できること!
試飲コーナーでは、樽に入ったワインを好きに試飲できるので、ワイン好きにはとにかくたまらない!
丘の上から富良野の景色を眺めて飲むワイン・・ついつい飲みすぎてしまうので、タクシーで行くことをお勧めします。
お好みの1本を探していただきたいですが、個人的なおススメはタンニンをしっかり感じられる「ツバイゲルトレーベ 2015(税込3,751円)」。
その他、お土産用には、赤・白・ロゼを楽しめる、ラベンダーの香り付きラベルが施された「ラベンダー3本セット(各360ml 税込2,585円)」もおススメです。

もらって嬉しい富良野のお土産その2:ふらのワインハウスの「ふらの果汁」

富良野 ジュース

出典:ふらのワイン

2つ目は、同じくふらのワインハウスで購入できる「ふらのぶどう果汁(72oml 税込900円)」です!
ワイン工房と聞くと、ワインが苦手な方やお子さん、運転手の方が楽しめない・・と思いがちですが、ノンアルコールでもちゃんと美味しい商品があるんです。
それがこちらの果汁100%ストレートジュース

赤ブドウを使用した酸味のきいたぶどう果汁は、ジュースというよりもブドウをそのまま飲んでいるかのような味の濃さ
とっても色の濃いジュースですが、無添加・無着色なので、お子さまに飲ませるのにも安心です。

もらって嬉しい富良野のお土産その3:富良野チーズ工房の「ワインチェダーチーズ」

富良野チーズ

出典:フラノマルシェOnline Shop

続いて3つ目は、富良野チーズ工房「ワインチェダーチーズ(40g 3個入り 税込802円)」です!
富良野チーズ工房では、チーズの製造室を見学することができるほか、牛の乳しぼりの疑似体験もでき、家族旅行におススメのスポット。
チーズのほか、バターやミルクも販売されています。

富良野の牧場から運ばれてくる、搾りたての牛乳を使用したチーズの数々に心躍ります。
チーズ工房のチーズは正直どれを食べても美味しいのですが、お土産として映えるのはワインチェダーチーズ
1982年に富良野市と酪農学園大学で開発され、日本で唯一のワイン入りチーズとして販売されています。
ふらのワイン(赤ワイン)の着色と付香によってチーズの表面に大理石模様が浮き出して見え、高級感もありますよね。
チーズはコクがあってさすがの美味しさ。
ワインの味というよりは香りを楽しむ商品です。

もらって嬉しい富良野のお土産その4:ファーム冨田の「ラベンダーオイル」

ファーム冨田

出典:ファーム冨田Online Shop

続いては、富良野の人気観光スポット、ラベンダー畑の美しいファーム冨田「ラベンダーオイル(12ml 税込1,375円)」です!
広大な敷地内に、ラベンダー畑をはじめとする色とりどりの花畑を堪能できるファーム冨田。
そして敷地内には、ポプリの舎、ドライフラワーの舎など、様々なオリジナル製品を楽しめる舎(いえ)もあります。

中でもおススメのお土産品の1つがラベンダーオイル
ラベンダーから採取した100%ピュアな精油で、ご自宅でもラベンダー畑の余韻を楽しむことができます。
数滴たらすだけでしっかりと香りを楽しむことができ、リラックス効果も抜群
お風呂にオイルを落としてリラックスバスを楽しむのがおススメですが、その他には掃除機のゴミパックやフィルターに数滴落として、臭いを和らげる使い方もあるのだとか。
まさに富良野ならではの一品です。

もらって嬉しい富良野のお土産その5:ファーム冨田の「ラベンダーソープ」

ファーム冨田

出典:ファーム冨田Online Shop

ファーム冨田からもう1点お土産におススメしたい商品が、「シリーズナチュラル ラベンダーソープ(税込726円)」です!
多数あるファーム冨田のお土産品人気No.1に君臨しています。

100時間もの時間をかけて釜焚きされた石けんには、ラベンダーオイルとラベンダー粉末が配合されています。
長時間かけて釜焚きされた純度の高い石けんは素肌にも優しく、女性に大好評。
写真で見てもわかるほどたくさんのラベンダーの花びらが入っています!
天然・無添加の石けんで、ラベンダー本来の香りを楽しむことができる石けん。
クローゼットの中に入れておくのもおススメです。
なお、ミニサイズ(税込429円)も販売されており、こちらはバラマキ用お土産としても使いやすいです。

もらって嬉しい富良野のお土産その6:ニングルテラス・森の蝋燭屋の「切り株のキャンドル」

ニングルテラス キャンドル

出典:Instagram@morinorousokuya

6つ目は、富良野の散策スポット、ニングルテラスの一角にある森の蠟燭屋で販売されている「切り株のキャンドル(税込2,200円)」
ニングルテラスは森の中に15棟の小さなログハウスが連なる、とても雰囲気がある癒しの散策スポット。
1つ1つのログハウスがお店になっていて、さまざまなクラフト製品が販売されています。
今回ご紹介する森の蝋燭屋さんもそのうちの1店舗。

切り株の形をしたキャンドルは1つ1つが手作りされており、大きさも形も1つ1つが異なります(お値段も1つ1つ異なります)。
シンプルな切り株もあれば、顔やフクロウ、葉っぱが彫られたデザインのものまであり、どれを買おうか迷ってしまいます。
いいお値段がするんですが、現物を見たら買わずにはいられない可愛さです。
そのまま飾っておくだけでも絵になるのですが、火をともすととてもロマンチック
お土産だけでなく、自分用にも買いたくなる商品です。

もらって嬉しい富良野のお土産その7:ジャムおばさんのジャム工房の「富良野ジャム ハスカップ」

ジャムおばさん ハスカップジャム

出典:ふらのジャム園Online Shop

続いてご紹介したいのは、富良野のアンパンマンショップの隣にあるジャムおばさんのジャム工房で販売されている「富良野ジャム(ハスカップ)(税込864円)」です!
こちらのお店には、ジャムおじさんならぬジャムおばさんのキャラクターがいるんです。
ちなみにこちらのジャムおばさんも、やなせたかしさんが生み出した公式のキャラクターです。

ジャム工房では、なんと38種類ものジャムが試食でき、買うこともできるんです!
定番の味から、ここでしか買えない味まで、とにかく目移りします。
そしてどれも素材の味をダイレクトに感じ、本当に美味しい・・。
美味しさの秘密は、北海道産の素材を使用し、さらに素材の水分だけで作られる“無加水”ジャムだからなんです。
中でも、必ず試していただきたい味は、北海道ならではのハスカップジャム
甘酸っぱくて病みつきになります。

もらって嬉しい富良野のお土産その8:菓子司あかがわの「フラヌイラベンダー」

フラヌイラベンダー

出典:ふーみんのザンギ日記

続いて8つ目のおススメ商品は、富良野の老舗菓子店、菓子司 あかがわのロングセラー商品「フラヌイラベンダー」です。
大正13(1924)年創業の菓子司あかがわさんは、ケーキなどの生菓子も人気の、地元民に愛されるお店です。

フラヌイとは、アイヌ語で富良野を指す言葉。
お菓子自体はラベンダーの味ではなく、ランダムに砕かれたアーモンドがたっぷり入った固めのクッキーに、ホワイトチョコが挟んであります
旭川のき花にも少し似ているのですが、フラヌイラベンダーのクッキーはより固めで食べ応え満点!
オンラインショップで販売しておらず、現地でしか買えない限定品!
富良野に行った際にはぜひあかがわさんに立ち寄ってみてくださいね。

もらって嬉しい富良野のお土産その9:菓子司新谷の「へそのおまんぢう」

へそのおまんぢう

出典:新谷

9つ目は、こちらも同じく富良野の老舗菓子店、菓子司新谷「へそのおまんぢう(5個入り 税込600円)」
富良野は北海道の中心部、へその位置にあることから、北海道のへそとも呼ばれています。
昭和49(1974)年のへそ祭りを記念してつくられたへそのおまんぢうは、富良野を代表する銘菓として地元民にも愛されています。

北海道のおへそをイメージしてかたどられた、しっとりとしたカステラの中に、これでもかというくらいびっしりとあんこが入っています!
美瑛産の小豆を使用したこしあんが入ったへそのおまんぢうは、癖のない優しい味。
こしあんのほか、ごまあん、抹茶味も販売されています。

もらって嬉しい富良野のお土産その10:菓子司新谷の「ふらの雪どけチーズケーキ」

新谷 ふらの雪どけチーズケーキ

出典:morimoto Online Shop

10つ目のおススメは、同じく菓子司新谷から販売されている「ふらの雪どけチーズケーキ(税込1,400円)」です!
こちらは北海道の人気お土産としてよく名前のあがる、現在の新谷を代表する商品の1つです。

富良野の雪景色をイメージしてつくられたこちらのチーズケーキは、3日間かけて手作りされている拘りの品。
ふわふわの生クリームに濃厚なチーズケーキ、ベリージャムが3層になっており、それらを支えるのは、パートシュクレのタルト。

冷凍状態で販売されていて、食べるときに解凍するのですが、半解凍と全解凍で異なる味わいを楽しむことができるのも嬉しいポイント。
半解凍はケーキアイス感覚で甘さ控えめ、全解凍で食べると結構甘みの強い濃厚チーズケーキになりますよ。
個人的にはブラックコーヒーに合わせていただくのがおススメです。

もらって嬉しい富良野のお土産その11:フラノデリスの「ふらの牛乳プリン」

フラノデリス プリン

出典:フラノデリスオンラインストア

続いて11つ目は、富良野のオシャレ洋菓子店、フラノデリス「ふらの牛乳プリン(4個入り 税込1,400円)」です!
フラノデリスのお店は、まるで富良野の丘の上にたたずむ洋館のよう。
食べログ百名店にも何年も連続して選ばれる、人気と実力を兼ね備えたお店です。

フラノデリスの看板商品の1つ、ふらの牛乳プリンは、名前の通りふらの牛乳をベースに作られた商品
まず、牛乳の小瓶に入った見た目の可愛さ。
そして、ノンホモかつ成分無調整の牛乳のため、温度によって味わいが変化するのも特徴で、夏にはややサッパリ、冬は濃厚な味わいを楽しめる、不思議なプリン。
いつ食べても美味しく、卵の甘さを感じる素朴な味わいです。

もらって嬉しい富良野のお土産その12:フラノデリスの「たまごのまどれーぬ」

フラノデリス マドレーヌ

出典:フラノデリスオンラインストア

続いてフラノデリスからもう1商品、見た目にも可愛い「たまごのまどれーぬ(6個入り 税込850円)」もご紹介します。
フラノデリスの商品はどれもオシャレで美味しく、紹介したいものが数知れずではあるのですが、今回は見た目の可愛さとお土産のしやすさをポイントに、こちらのマドレーヌをピックアップ!

北海道産の小麦粉、バター、てんさい糖を使って焼き上げられたマドレーヌは、甘さ控えめで食べやすく、どんな飲み物にも合わせやすい一品。
1つずつ個包装されているので、シーンを選ばずお土産品としてもお使いいただきやすいのも嬉しいところ。
プレーンの他、ショコラ味も販売されています。

もらって嬉しい富良野のお土産その13:JAふらのの「富良野スープカレー(ポーク)」

JAふらの スープカレー

出典:北海道レトルトカレー通信

13つ目は、地元民にも愛されるスポット、フラノマルシェでも販売されている、JAふらの「富良野スープカレー ポーク(税込580円)」をご紹介します!
北海道の人気グルメとしてスープカレーがメジャーになってきた昨今ですが、家で作るのは手間だし、食べに行くにも買うにも結構いいお値段がするもの。
そんな中、JAふらので販売を始めたこちらのスープカレーは、メインのお肉と野菜込みでこのお値段という驚き。
ちなみにスープカレーの定番・チキンレッグ版も同じ値段で販売されていますが、こちらのメインはまるごとチキンレッグが1本入っている仕様。
野菜も一緒に入っている手軽さで、今回はポーク版をご紹介します。

実際に食べてみると、パッケージの写真さながらにしっかり大き目具材が入っており、スパイスと酸味のきいたトマトベースのスープが食欲をそそります。
とろとろ豚肉はもちろんのこと、さすがJAふらの、入っている野菜も美味しいです。
お好みの具材を追加で入れてもお値頃で楽しめますし、加えずとも一定の満足感を味わえ、お得感を感じます。
自分用に買うのはもちろん、お土産としてもインパクトがあるのでおススメです。

もらって嬉しい富良野のお土産その14:株式会社マルハニチロ北日本の「ふらのとまとケチャップ」

とまとケチャップ

出典:楽天市場

続いて14つ目は、こちらもフラノマルシェで購入することのできる、株式会社マルハニチロ北日本の「ふらのとまとケチャップ(税込1,080円)」です。
実はミニトマトは富良野の特産物の1つで、トマトジュースやトマト製品もとっても美味しいんです。

こちらのふらのとまとケチャップには、富良野の農家さんから仕入れたトマトが、1瓶あたりなんと14個も使用されています!
まさにトマトを食べているかのような感覚の濃厚トマトケチャップ
オムライスなどの定番商品はもちろんのこと、幅広い料理に使えます。
自分で買うにはなかなかいいお値段なのですが、お土産でもらうと喜ばれること必須のおススメ品です。

もらって嬉しい富良野のお土産その15:珈琲森の時計の「コーヒー豆チョコ」

森の珈琲 チョコ

出典:富良野・ドラマ館Online Shop

最後にご紹介するのは、新富良野プリンスホテル内にある喫茶店・珈琲森の時計「珈琲豆チョコ(税込864円)」です。
珈琲森の時計は、倉本聰さん脚本で2005年に放映されたドラマ「優しい時間」で主人公が開いた喫茶店として有名です。
喧騒を離れた穏やかな空気感とゆったり流れる時間、珈琲の香りに癒されること必須のおススメスポットです。

そんな珈琲森の時計で購入できるのが、焙煎した珈琲豆をチョコレートでコーディングした珈琲豆チョコ。
珈琲豆のほろ苦さとチョコの優しい甘さが絶妙なマッチングの、大人のお菓子。
お酒のおつまみとしても喜ばれる一品です。

富良野観光の際には、富良野ならではのお土産をゲットしよう!

今回は、もらって嬉しい富良野のお土産15選をご紹介しました。
今回ご紹介した場所は、富良野観光に来た多くの方が立ち寄る場所ばかり。
ぜひ、観光を楽しみながら、お土産探しも一緒に楽しんでくださいね。

-友達にシェアする-
Back to Top