帯広の7月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

帯広 風景

-友達にシェアする-

7月の帯広観光に行くという方のために、天気や服装、おすすめのアクティビティをご紹介!
7月ともなると、とても過ごしやすい気候になり、観光して動き回るのにはちょうどいい季節です。
また小麦などの農作物が旬を迎え、食べ物が非常においしい季節です
現地で料理を食べても良いですし、お土産として買って帰っても良いでしょう。
そんな7月は夏の北海道を楽しもうと旅行者が増え始める時期。
中でも帯広は自然も多く残された景観スポットが存在し、のんびりとした観光を楽しむのにおすすめです。
本コラムでは7月の帯広を観光するうえで重要な天気や服装、この時期おすすめのアクティビティなどについてまとめていきます!

帯広の7月の天気

帯広 風景

7月の帯広は暖かな初夏の陽気になってきます。
帯広の7月の平均気温は18.3度、最高気温は23.5度、最低気温は14.5度となっており、東京でいうところの5月と同じくらいの気温です。
5月や6月よりも7月の帯広は天気が安定していますので、観光するにはもってこいの季節と言えるでしょう。
基本的に暖かいのですが、日によっては30℃を超える夏日となる場合もあり、かなり熱く感じます。
しかし暖かい市街地とは打って変わって山間部はかなり冷え込みますので、ご注意ください。

7月の帯広、どんな服装がおすすめ?

服装

7月の帯広観光を楽しむためには、気候に合った服装をすることが重要になってきます。
基本的に暖かく晴れている日中は半袖でも十分過ごすことができるため、動きやすい格好で観光することができるでしょう。
気持ちのいい気候になっていますが、日差しが強いので帽子をかぶっていくことをおすすめします。
山間部を観光する場合や悪天候時、夜間には気温が一気に下がって肌寒くなるため、羽織るものが一枚必要です。
薄手カーディガンやジャケットなどを持っていくと良いでしょう。

7月の帯広、体験必至のアクティビティって?

7月の帯広は非常に暖かく、観光しやすい季節となっています。
そこでこの章では7月の帯広で是非体験していただきたいアクティビティをいくつかご紹介していきます!
どのアクティビティも帯広の魅力を存分に感じることができますので是非参加してみてください。

7月の帯広で体験したいアクティビティ:大海原を一望!お手軽モーターパラグライダー体験

十勝パラグライダー

7月の帯広観光で是非体験していただきたいアクティビティ、一つ目はモーターパラグライダです!
パラグライダーとは地上でパラシュートを開き、高台から飛び降りることによって空中散歩を楽しむことができるスポーツです。
吹き上がる風を利用して上昇したり、空中を自由自在に滑空できるので非常に爽快感のあるスポーツとなっています。
そんなパラグライダーを手軽に楽しみたいという方におすすめなのがこちらのプランです!

十勝パラグライダー

こちらは十勝エリアにある浦幌パラグライダー基地にて、10分間の空中散歩を楽しむことができます。
パラグライダーには「タンデム飛行」と呼ばれる、2人ペアになってパラグライダーに乗り、滑空するという方法があります。
こちらのプランではこのタンデム飛行を採用しており、ベテランインストラクターと一緒にパラグライダーに乗り込みます。
最後までしっかりとレッスンを受ければ、1人でパラグライダーを操作して空中散歩を楽しむことが可能です。

十勝パラグライダー

約1時間で終わるアクティビティですのでお気軽に参加できます。
10歳以上の方から参加できますので、お子様とご一緒のご参加も可能です。
ぜひ朝からさわやかな空中散歩に出かけてみてはいかがでしょうか?

7月の帯広で体験したいアクティビティ:刺激がほしい!いう方には激流を楽しめるラフティングがおすすめ

友達とラフティング

7月の帯広でとにかく激しい体験がしたいという方におすすめなのが、激流地帯でのラフティングです!
ラフティングとは大きなボートに複数人で乗って、川を下っていくアクティビティです。
日常では味わえない爽快感とスリルが病みつきになってしまい、ラフティングにはまってしまう人が続出。
そんなラフティングを楽しみたいという方におすすめなのがこちらのプランです!

鵡川ラフティング

こちらは帯広から車で1時間ほど足をのばしたところにある、南富良野・鵡川でラフティング体験を楽しむことができるアクティビティとなっています。
鵡川は北海道ではNo.1といわれるほど川の流れが激しい川で、ラフティング愛好家たちの間では非常に有名です。
激しく上下したり、大きく揺さぶられたりとかなり激しくトリッキーなコースにはラフティングの魅力がグッと詰まっています。
雨が降ったり雪解け水が流れ込んでくると、さらに流れが激しくなり、スリルが増します。

激流ラフティング
こちらのプランはかなり激しいコースを下っていくので、安全面の都合上18歳未満の方は参加できません
しかし専門のインストラクターがしっかりとラフティングをサポートしてくれますので、ご安心ください。
普通のアクティビティでは物足りない方は、ぜひチャレンジしてみてください!

7月の帯広で体験したいアクティビティ:のんびり派にはこれ!雄大な大自然の中をカナディアンカヌーで湖上散策

カナディアンカヌー

先ほどのラフティングのような激しいアクティビティではなく、のんびりと雄大な自然を堪能したいという方も多いことでしょう。
ゆったりとしたアクティビティを楽しみたいという方にはカナディアンカヌーがおすすめです。
カナディアンカヌーとは非常に大型のカヌーで1~3人程乗り込むことができます。
非常に安定感があり、初心者でも操作しやすいので、自分のペースでゆったりと漕ぎながら、湖や川を進んでいきます
そんなカナディアンカヌーを楽しみたいという方におすすめなのがこちらのプランです!

カナディアンカヌー

こちらも帯広から車で40分程行ったところにある南富良野・金山湖の美しい風景を楽しみながら、カナディアンカヌーを楽しむことができるプランとなっています!
金山湖は非常に風景が美しい湖として有名で、その美しさは2020年公開の菅田将暉さん・小松菜奈さん主演の映画「糸」のロケ地にも使われているほど。
まるで絵画の中に入ってしまったかのような風景を楽しむことができます。

カナディアンカヌー
落ちることはほとんどないので体力に自信のない方やまったりと過ごしたい人向けです。
カヌーからの景色は歩きながら見る風景とはまた違い、思い出に残ることでしょう。
こちらのプランは13:00から二時間程度で終わるので、他にもいろいろ観光したいという人にとってはちょうどいいプランとなっています。
午後のひと時を、大自然のなかでゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は7月の帯広の天気や服装、おすすめのアクティビティなどをご紹介してきました!
7月の帯広はかなり暖かく、観光するには最適な季節となっています。
またこの時期ならではのアクティビティも多数開催されており、帯広の大自然を体感するには最高です!
是非今回の記事を参考に7月の帯広観光の計画を立てて、120%楽しみつくしてみてはいかがでしょうか?

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

-友達にシェアする-

関連コラム

Back to Top