北海道の札幌・小樽・千歳の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho Trip
-この記事をシェアする-

本格的な冬に突入する12月の小樽。 これまでの季節とは違って幻想的な風景を楽しむことができるとして、日本でも屈指の観光地である小樽では冬でも多くの観光客で賑わっています。しかし積雪が多くなり、非常に足元が悪くなる12月の小樽ではどのような服装で出掛けたら良いのかお悩みの方も多いでしょう。そこで今回は12月の小樽について徹底的に解説していきます!

小樽の12月の天気

冬本番となる12月の小樽では連日天気も悪く、氷点下近い気温になり、寒さも厳しいものになっています。この時期の小樽では平均気温が最高気温2度、最低気温−4度と本州ではありえないような寒さが訪れます。同時期の東京の平均気温が最高気温12度、最低気温4度なので、これはかなり驚異的な数値だということが分かります。
2018年12月のデータによれば、月間最高気温でも9.4度とかなり冷える日が続き、最低気温は−9.2度と日本とは思えないような気温も記録しているのです。
また日によっては日中でも気温が氷点下を下回る日もあり、この時期の小樽はかなり寒いということが伺えます。1ヶ月のうち20日は雪が降り注いでいるので、足元も非常に悪くなっています。この時期に北海道へ旅行する方は十分な防寒対策が必要と言えるでしょう。

12月の小樽、どんな服装がおすすめ?

旭川3月12月の小樽は基本的に日中でも10度を下回る肌寒い日が続きますので天気に合わせて服装を考える必要があります。しっかりと防寒対策をしていないと凍傷や体調不良を起こす場合あり、そうなっては観光どころではなくなってしまいます。
北海道では暖房設備が基本的にどこでもきちんと整備されているので、屋内は暖かいのですが、小樽の観光スポットは屋外であることが多く、厚手のコートや手袋、重ね着は必須です。また凍傷を防ぐためにもニット帽や耳当て、マフラーなどの小物もしっかりと準備しましょう。
もし室内に入る機会が多いのであれば、屋内では暑く感じることが多くなるので、温度調節のしやすい格好がオススメです。

12月の小樽のイベント

小樽ゆき物語(引用https://www.snowstory.info/)

出典:小樽ゆき物語

寒さの厳しい12月の小樽ですが、楽しいイベントが多数開催されています。特にオススメなのが「小樽ゆき物語」です。「小樽ゆき物語」とは毎年冬に小樽の街をあげて行われるイベントで、11月〜2月の間ずっと開催されています。
小樽は「ガラスの街」と呼ばれるほどガラス産業が有名で、そんなガラスで作られたモニュメントやアート作品が小樽に集合するのです。
小樽運河を約1万個ものLEDライトで飾った「青の運河」や、漁業で使われた浮玉150個を利用して作られた「浮き球ツリー」、街一面を彩るイルミネーションが美しい「琥珀色の夢」など幻想的な見所がたくさんです。
小樽ゆき物語」とタイアップしている旅行プランも多数ありますので、冬の小樽を観光する場合はこれらのプランを利用すると良いでしょう。

たらこまた、この時期の小樽では積丹半島でスケトウダラの漁が始まります。
北海道のタラ漁は12月〜3月に行われており、小樽が属する積丹半島では12月に漁が行われるのです。
冬季のスケトウダラは身が締まっており、旬を迎え一番美味しい季節となっています。
小樽の飲食店では旬のタラを使用した絶品料理を提供しているお店も数多くあり、タラ料理を肴に熱燗を飲めばもう最高です。また、なんといってもタラから採れるタラコが絶品。
小樽には多数の水産加工工場も多く、小樽で水揚げされたタラを様々な製品に加工しています。
それらの工場で加工された商品は市場に出荷され、南樽市場や三角市場では地元で水揚げされたスケトウダラの切り身やタラコが数多く並ぶので、是非訪れて、自分好みのタラ製品を探してみても楽しいですよ!

12月の小樽で体験必須のアクティビティをご紹介!

大量の雪が降り積もり、気温が氷点下まで落ち込む12月の小樽ですが、この時期だからこそ体験できるアクティビティが多数あります。そんな12月の小樽でオススメのアクティビティをいくつかご紹介していきます。

12月の冬景色を楽しむ小樽ホーストレッキング

春香ホースランチ寒さも厳しくなってくる12月の小樽でこそ体験していただきたいアクティビティがホーストレッキングです。
ホーストレッキングとはその名の通り馬に乗って山地や森林をトレッキングする、近年人気となっているアクティビティです。そんなホーストレッキングの中で特に人気なのが、小川を超えて森林を巡る「リバオントレッキング」です。
冬場になると雪で一面が真っ白の銀世界になり、美しい雪景色を演出してくれます。
そのような雪景色を眺めながら馬に乗ってゆっくり森林の中を巡っていると、身も心もリフレッシュしていくと評判です。次々変わっていく景色と森林浴で90分があっという間に経ってしまいます。
春香ホースランチロッジで出迎えてくれる、かわいい看板犬にも是非触れ合ってみてください!

気分はモデル! 12月の小樽で本格アンティーク着物を着てみよう

着物12月の小樽での思い出をきれいな写真に残しておきたいという方にオススメなのが、こちらのプランです。
こちらのプランでは好きな着物をレンタルして着付けてもらい、レトロな建物が立ち並ぶ小樽の街を散策することができるプランとなっています。
まず受付を済ませたら自分が着たいと思う着物を選び、30分かけて着付け・ヘアメイクをします。
着付けが終わったらレトロな情緒漂う小樽の街へ繰り出し、3時間ほどロケーション撮影会を行うという内容です。この着物が滑らかな質感を醸し出す一級品で、プロがしっかりとサポートしてくれますので、初心者でも問題なくきれいに着物を着ることが可能です。写真撮影会は基本的に利用者のスマホやカメラで撮るのですが、オプションでプロのカメラマンによる写真撮影をしてもらうことができます。
小樽の美しい街並みを背景に、最高の記念撮影をしてみてはいかがでしょうか?

魅力あふれる12月の小樽を観光タクシーで巡ろう!

観光タクシーいざ12月の小樽に来たものの、見知らぬ土地で道に迷ってしまうことや、移動に困ってしまい時間を大幅にロスしてしまう可能性は十分ありえるでしょう。限りある旅行期間を無駄に過ごすようなことは誰もがしたくないでしょう。そんな小樽旅行初心者の方にオススメしたいのが、この観光タクシーを使ったプランです。
こちらは約4時間の間、専属のタクシードライバーが効率的に、小樽の観光名所を案内してくれるプランとなっています。小樽の有名な観光スポットから、ガイドブックには載っていない穴場スポットを回れますので、小樽を隅々まで堪能することができるのです。もちろん自分たちで行きたいところがある場合は、ドライバーに伝えれば連れて行ってくれます。またこちらのタクシーは札幌発となっていますので、札幌を拠点に観光している人にも大変便利です。もし初の北海道旅行でどこを巡っていいかわからない、地元の人しか知らないような穴場に行ってみたいという方は是非こちらの観光タクシーを利用してみてください!

まとめ

ここまで12月の小樽旅行をする上でオススメのアクティビティやイベント、12月の小樽の天気や服装などについて解説してきました。
本格的な冬を迎え、寒さが一層厳しくなる12月の小樽ですが、実はこの時期にしか味わえない絶品グルメやイベント、アクティビティがたくさんあるのです。
ぜひこの記事を参考に12月の小樽旅行を堪能してみてはいかがでしょうか?

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!