ゴールデンウイーク(GW)は小樽で!天気・服装・スポットまとめ

小樽 風景

長期休みとなるゴールデンウィークの時期に小樽への旅行を検討している方も多いのではないでしょうか?
冬には厳しい寒さが襲ってくる小樽ですが、ゴールデンウィークの時期には暖かくなってきており、観光には最適です。
ではゴールデンウィークの間、小樽ではどんな楽しみ方ができるのでしょうか?
今回はゴールデンウィークの小樽の天気やオススメの服装、体験すべきアクティビティなどをご紹介していきます!

小樽のゴールデンウィーク(GW)の天気

小樽 GW

冬の小樽では寒さが厳しく、大量の積雪が街を覆い尽くしますが、ゴールデンウィークには冬とはうって変わって非常に過ごしやすい気候になります。
ゴールデンウィークの小樽の平均気温は平均気温13.4℃、最高気温19.4℃、最低気温7.5℃となっています。
これは3月の東京とほぼ同じ気温で、北海道の気候としてはかなり過ごしやすいと言えるでしょう。
この時期になると晴れの日が多く、雪はもう降らないので、この時期の小樽に訪れた際は是非積極的に観光を楽しんでみてください!

ゴールデンウィーク(GW)の小樽、どんな服装がおすすめ?

積丹 神威岬

ゴールデンウィークの小樽を旅行する際、どんな服装をしていけばよいのでしょうか?
ゴールデンウィークの小樽では日中最高気温が20℃近くまで上がる日も珍しくなく、昼間であれば薄手の長袖シャツにジーンズといったラフな格好でも快適に過ごせます。
ただし、小樽は港町ということもあって、外出の際には冷たい風が吹くことも。
脱着しやすいコートやジャケット、ウインドブレーカーなどを持っていくと便利です。
また、日中はかなり暖かいゴールデンウィークの小樽ですが、夜は5℃近くまで下がることも多いので注意が必要です。
厚手の服も最低1枚は持っていきましょう!

ゴールデンウィーク(GW)の小樽で訪れるべきなのは?

小樽観光の定番はやっぱり小樽運河

小樽 小樽運河

ゴールデンウィークの小樽には、観光スポットが数多く存在しますが、この時期是非訪れてもらいたい観光スポットは小樽運河です。
小樽運河は小樽の中心的観光スポットの一つで、連日多くの観光客でにぎわいます。
小樽運河はかつて小樽市の経済の中心地として活性化しており、当時実際に使われていた倉庫が今も立ち並び大正ロマンあふれる風景を演出しています。

小樽 運河小樽運河の周りには倉庫を改装してオープンしたお店が立ち並んでおり、小樽運河をただ歩いて回るだけでも楽しいものです。
夕方になると小樽運河沿いのガス灯に光が灯り、幻想的な風景を眺めることができます。

小樽ならでは!ゴールデンウィーク(GW)に楽しむお花見もおすすめ

小樽 手宮公園

ゴールデンウィークの小樽では桜が満開になるため、お花見を楽しむこともできます。
そんなゴールデンウィークの小樽で人気の花見スポットが、小樽にある手宮公園です。
高台の上に位置する手宮公園には約700本もの桜の木が植えられており、春になるとそれらの桜が一斉に花を咲かせます。
公園内が一面ピンクに染まるその風景は圧巻です。
芝生のエリアも多いので、ビニールシートを敷いてお友達とワイワイお花見をしてみてはいかがでしょうか?

ゴールデンウィーク(GW)の時期に楽しめる小樽の絶品グルメ

小樽 グルメ

小樽を観光する際、グルメは欠かせないでしょう。
日本トップレベルのグルメスポットである小樽には様々なグルメが存在しており、中にはゴールデンウィークに旬を迎える食材で作られたグルメもあります。
ゴールデンウィークに旬を迎える食材として有名なのは甘海老やニシンなどです。
この時期の甘海老やニシンは身がギュッと詰まっており、旨味が凝縮されています。
これらの食材を楽しむなら海鮮丼やお寿司などがオススメで、小樽には絶品の海鮮料理を堪能できるお店が数多くありますので、是非行ってみてください。

ゴールデンウィーク(GW)の小樽で体験必須のアクティビティをご紹介!

ゴールデンウィークの小樽を満喫したいのであればアクティビティに参加しましょう!
お花見やグルメ巡りも良いのですが、この時期しか楽しむことのできないアクティビティもたくさんあります。
ここではゴールデンウィークの小樽で体験必須のアクティビティを3つほどご紹介していきます!

ゴールデンウィーク(GW)の小樽は青の洞窟クルージングへ

青の洞窟クルージング

ゴールデンウィークの小樽に訪れるのならば、やはり絶景ポイントへ訪れるのがオススメ。
なかでも人気なのは小樽の大自然が生み出した絶景スポットでもある青の洞窟を専用クルーザーで訪れるクルージング体験

青の洞窟クルージング

小樽には「積丹ブルー」と呼ばれるほど美しいと言われる小樽海岸線が存在しており、ここには迫力満点の断崖絶壁や奇岩を見ることができます。
ツアーの目的地でもある「青の洞窟」は、日によって風景が変わるとも言われており、洞窟内に広がる幻想的な風景を楽しむことができます。

天候などの条件が揃うと海や洞窟の壁面、天井までもが青く輝きだすという絶景を見ることができ、SNS映えする写真が撮れること間違いありません。
クルーザーで風を切る爽快感と大迫力かつ神秘的な風景をを存分に味わってみてください!

ゴールデンウィーク(GW)の小樽はホーストレッキングで楽しむ

ホーストレッキング

ゴールデンウィークの小樽はホーストレッキングを楽しむのにもちょうど良い季節。
小樽の大自然を馬に乗って進んでいくホーストレッキングは、大海原を眺めながら乗馬体験を楽しむことができるプランです

林道を馬に乗りながら、かけて進んでいくのですが、そこには豊かな自然が広がっており、そのような風景を楽しんでいるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
このプランには専用のガイドがマンツーマンで指導してくれるため、乗馬初心者や家族連れでも安心です。
小樽の大自然を間近で感じれば、日頃溜まった疲れもリフレッシュできることでしょう。
ぜひご家族で参加して、素敵な思い出を作ってみてください。

ゴールデンウィーク(GW)は小樽を着物で散策しよう

着物

春の陽気が気持ちのいいゴールデンウィークの小樽でレトロな街並みを楽しみたいという方にオススメなのがこちらのプランです。
こちらのプランは着物を着て、大正ロマンあふれる小樽の街を散策できるプランとなっています。

着物のレンタル・着付けをしてくれるお店は、小樽駅から徒歩3分とかなり好立地。
レンタルしてくれる着物も上質な物ばかりで、かなり本格的です。
着付けが終わったら近くにある喫茶店で、茶道体験を楽しむことができますよ。
自分で立てた抹茶をお茶菓子と一緒に楽しむのもまた格別です。

茶道体験が終わったら情緒あふれる小樽運河を散策してみましょう。
大正ロマンあふれる小樽の街並みをバックに、着物姿で記念撮影をすれば、一生の思い出になること間違いありません。
手ぶらで行っても問題ありませんので、ぜひ気軽に参加してみてください。

まとめ

ここまでゴールデンウィークの小樽の天気やオススメの服装、ぜひ体験してほしいアクティビティについて解説してきました。
徐々に気温が上がり、過ごしやすくなってきたゴールデンウィークの小樽にはこの時期しか楽しめない観光スポットやアクティビティが盛り沢山!
ゴールデンウィークに小樽を訪れようと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考に小樽を満喫してみてはいかがでしょうか?

別のエリアでのGW向けの記事はこちらをチェック


北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top