北海道の札幌・小樽・千歳の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho Trip

札幌の6月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

札幌6月

-この記事をシェアする-

桜も散って、夏らしいような暖かい日も増える札幌の6月は避暑地としても人気のシーズンを迎えます。さらに、札幌を含めて北海道全域は本州とは違い、なんと梅雨がないのです!ご存知でしたか?なので、札幌では外でのアクティビティなどで長期間の雨を心配する必要がありません!そんな6月には、YOSAKOIソーラン祭りなどのイベントから、この時期にしか食べることのできないグルメまで楽しさ満点!
そこで、今回は
6月だからこそ楽しめるイベントやグルメを一気にご紹介!さらに、「6月の札幌の天気は?」「どのような服装で旅行に行けば良いの?」という疑問にもお答えしていきます。この記事を読めば、6月の札幌を大満喫できること間違いなし!地元民がオススメする、知る人ぞ知る楽しみ方をご紹介します。

札幌の6月の天気ってどうなの?

札幌夏

札幌の6月の最高気温は21度を超えます。そして、日中の平均気温も16,7度と爽やかなの陽気を感じられる日が多いでしょう。札幌を含めた北海道全域では、本州と同じような梅雨はないのですが、なんとなくジメジメとして湿度が高く、曇りの日ばかりで太陽の日差しがない、そんな日が続くこともあり、これを北海道では「蝦夷梅雨」と呼んでいます。また、夏に向かって気温が高い日が続く時期とはいえ、6月上旬には暖かくなったと思ったら急に冷え込む「リラ冷え」という気候の変化があるので、6月上旬の旅行を考えている人は注意しましょう。
また、本州から旅行に訪れる人は、札幌の
6月の気温は本州の5月の気温よりも1~2度低いので少し肌寒く感じられるかもしれません。そのため、薄手の上着などを持っていると安心でしょう。ただ、6月の札幌は全体的に見ればカラッとした気持ちのいい気候です。これから迎える、本格的な夏前の札幌を存分に満喫できる季節なんです。

6月の札幌はどのような服装で過ごせるの?

札幌6月服装

6月の札幌は、日中の平均気温も15度を超えるなど初夏の気温となり日中は、半袖でも過ごせるような日が多くなります。ただ、朝晩に関しては肌寒さを感じる日もあるので、パーカーやカーディガンなど1枚羽織ることのできる上着があると安心!
そして、この時期に外でのアクティビティを行う場合には、紫外線に注意しましょう。札幌も日中の紫外線が強い時間があるので、日焼けをしたくないという人は日中も上着を持って出かけるのがオススメです。ただ、全体を通してそこまで寒いという日は多くないので、最低限の上着などがあれば大丈夫という気持ちで服装の準備をしましょう!

6月の札幌は、YOSAKOIソーラン祭り一色に!

札幌よさこい

6月の札幌のアクティビティといえば、何と言ってもYOSAKOIソーラン祭りです。YOSAKOIソーランとは、高知県のよさこい祭りに使われる鳴子と、北海道民謡のソーラン節を合わせた北海道独自のもので、毎年6月前半の5日間で開催される札幌を代表する盛大なお祭りですYOSAKOIソーラン祭りには、道内はもちろん全国各地から大勢の観光客が毎年訪れてきます。さらに、国内だけに留まらず海外からの観光客も年々増えており、注目されているイベントなんです。

ソーラン祭りのメイン会場として開催される大通公園は、YOSAKOIソーラン祭りの時期には、参加者や観客の熱気に包まれ大変賑わいます。2019年の第28YOSAKOIソーラン祭りは65()9()まで開催される予定ですので、ご旅行の予定がある方、これから考えている方は是非訪れてみてくださいね。

会場では、無料で踊り子さんの踊りを見ることもできますが、観やすい観覧席のチケットを購入して、YOSAKOIソーラン祭りを楽しむことも可能。YOSAKOIソーランの見所は、なんといっても躍動感あふれるエネルギッシュな踊りですよね。それ以外にも、踊り子たちが踊りの途中で瞬時に衣装替えをしてくれたり、フォーメーションダンスをしたりと観客を飽きさせない見応えのあるパフォーマンスが見物です!しっかりと見たいと思っても、人がたくさんいてなかなか見づらいということも。そんな場合は、有料の観覧チケットを購入すれば、座りながらゆっくりと様々なチームの演舞を楽しむこともできるので、ぜひご検討ください。

札幌の6月は、SUP体験もオススメ!

SUP

せっかく札幌に来たのであれば、自然を満喫したいという方も多いはず!そんな方にオススメなのがこの時期に楽しめるSUP(サップ)というアクティビティSUPとは、「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」の略で、ボートの上に立った状態でパドルを漕いで水面を進んでいくアクティビティのことです。初夏のさわやかな風を感じながら大自然を感じることのできるアクティビティとして、札幌でも人気を集めているんです。そんなSUPですが、なんと札幌の市街地から車で30分ほどの場所で体験ができるんです。ボート一式をレンタルできるだけではなく、楽しんでいる様子の写真を撮影してもらい、データをもらえるサービスまであるので、札幌でインスタ映えの写真を撮りたい人にもオススメです。Basho tripでは、SUPのさまざまなプランをご紹介しているのでこの機会に是非利用してみてください!

 

初夏の札幌、6月は外でビールとジンギスカン!

札幌ビアガーデン

札幌の夏の風物詩として愛されているのは、ビアガーデン。気持ちのいい風に吹かれながら、外で飲むビールは最高ですよね!大通り公園で夏に開催されるビアガーデンも有名ですが、それより一足早く5月下旬から9月頃にかけて開催されているビアガーデンがあるのはご存知でしょうか。それが、札幌のランドマーク的な存在にもなっている「さっぽろテレビ塔」のふもとで開催される”サッポロクラシックビヤガーデン”です!
ビールは、北海道限定のサッポロクラシックで食事のメインはジンギスカンです。サッポロクラシックビヤガーデンは、札幌駅から地下鉄で
1本の大通り駅から徒歩で行けます。地下鉄に乗らなくても、札幌駅から地下歩道を利用すれば、あっという間に着ける立地なのでアクセスも抜群です。是非、旅の思い出にジンギスカンとビールを楽しんでみてはいかかでしょうか。

 

北海道神宮例祭(札幌祭り)は6月の札幌民の名物イベント

北海道神宮例祭

出典:ようこそSAPPORO

 

6月の札幌といえば、忘れてはならないのが夏祭り!毎年6月中旬に行われる北海道神宮例祭は、100年以上の歴史があるお祭りで札幌市民を始め、例年多くの 観光客が訪れます。そして、人気の理由は露店の多さにもあります。その数なんと400店以上!!このお祭りは北海道神宮と中島公園という公園をメインに開催されるのですが、この2か所が特にお店の数が多くなっています。あまりにも人気なお祭りということもあって、時間帯によっては中島公園から人が溢れるほど、なんてことも!?道沿いに並んだ出店では、おいしそうな北海道グルメが勢揃いですよ♪お目当ての食べたいものが間違いなく見つかるはず!サーカスやお化け屋敷などもあるそうなので、家族連れでも楽しめるイベントです。

 

6月の札幌の天気・服装・おすすめアクティビティまとめ

6月の札幌観光、だんだんとイメージが湧いてきたんではないでしょうか?6月の札幌は初夏の陽気を感じられる日が多いので外で楽しむことのできるアクティビティも増えてきます。紹介したアクティビティ以外にも「さっぽろフラワーカーペット」という北海道庁の前で開催される花のイベントや、北海道大学で開催される「北大祭」など楽しいアクティビティが盛り沢山です。これから6月の札幌観光を計画している人は、この記事を参考にして楽しいアクティビティを満喫してみてくださいね。

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!