千歳・支笏湖の1月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

七条大滝

ウインタースポーツはしなくても、北海道のパウダースノーを一度は見てみたいと、1月に旅行を考えている人も多いのでは?
札幌からも行きやすい千歳・支笏湖エリアでは、スキーやスノーボードではなくアクティビティで大自然を感じたいという人におすすめのプランがたくさんあります。
今回は、千歳・支笏湖の1月の天気・服装、そしておすすめのアクティビティをくわしくご紹介していきます。
冬だからこそ楽しめるアクティビティを探している人は必見です。

千歳・支笏湖の1月の天気

北海道の1月は見渡す限り銀世界。
12月よりも気温が下がり、雪が降る日が多いです。最高気温でも0℃に達する日はほぼありません。
氷点下の気温が続きます。内陸部のように-20℃近くになることは稀ですが、最低気温は-10℃近くになる日も多いです。
千歳は札幌などにくらべると降雪量が少なく半分程度となっていますが、普段雪の降ることのない地域で暮らしている人にとっては、異世界といっても過言ではありません。

1月の千歳・支笏湖、どんな服装がおすすめ?

冬 服装

1月の千歳・支笏湖は、しっかりとした防寒対策が必要です。
厚手のコートと滑り止めのついたブーツは必須アイテム。
コートはダウンやウールの入ったロングタイプを着用しましょう。フード付きのコートだと急な雪にも対応できるので便利です。
寒い日の雪はさらさらなので、傘をささなくても服をサッと手ではらえば落とすことができます。
コートの中は機能性インナーやニットなどを重ね着しましょう。
パンツの方が動きやすく旅行には向いていますが、1枚では冷えるので裏起毛やボアなどが付いた厚手のものがおすすめ。
ワンピースやスカートの場合は、厚手のタイツが欠かせません。

小物でも防寒対策をしましょう。
コートにフードがない場合は防寒用の帽子やイヤーマフがあると暖かく過ごせます。首元が空く場合はマフラーを。
厚手で防水された手袋も必須
です。カイロを持っていると、長時間外にいるときも安心です。
千歳に限らず、北海道の室内は暖房設備が優れているため、室内ではコートを着ていると暑いことも。
汗をかいたまま、寒い外に出ると風邪を引いてしまう可能性があるので、重ね着をして調整できるように工夫するといいでしょう。
地元の人は慣れているのでラフな格好でいることもありますが、「意外と寒くないのかも?」と油断してはいけません。

1月の千歳・支笏湖、体験必至のアクティビティって?

「冬は雪が多いのでアクティビティが少ないのでは?」と思うかもしれませんが、千歳・支笏湖では冬だからこそ楽しめるアクティビティが盛りだくさん!
貴重な1月に楽しめるアクティビティを早速チェックしていきましょう。

1月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:冬もあったか支笏湖クリアSUP体験(ドライスーツ/写真付)

SUPはボードに乗ってパドルで漕いで進むハワイ発祥のマリンスポーツですが、冬の支笏湖でも楽しめます。
さらにボードが透明なクリアSUPを楽しめるのは、北海道ではここ支笏湖のみ。水面に浮いているような不思議な感覚を味わうことができます。

クリアSUP

SUPはボードが広いので安定感があり、座ったり寝転んだりすることも可能です。
支笏湖は水質日本一に選ばれるほど美しいので、ボードの上からでも湖底がくっきり。冬は一番透明度が高いと言われています。さまざまな生き物が生息しているので、じっくりと眺めることができますよ。

クリアSUP

顔を上げると支笏洞爺国立公園の雪景色。言葉にならないほどの感動の絶景が目の前に広がります。
「寒くないか不安」という人も多いと思いますが、冬はドライスーツを着るので暖かく、水にぬれる心配もありません。

体験後に写真データももらえるので、自分で撮らなくてもOK。アクティビティに集中することができます。

1月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:支笏湖の大自然を楽しむファットバイク体験

ファットバイクはアラスカ生まれの自転車。もともと厳しい冬道を走るために開発されたので、タイヤの幅が太くなっています。
このファットバイクに乗って、支笏湖周辺の大自然を満喫できるプランがこちら。

fatbike500_5

支笏洞爺国立公園は、敷地の90%が手つかずの大自然。まさに「北海道に来た!」という気持ちになれるアクティビティです。
目的地は七条大滝。夏の七条大滝も素敵ですが、冬は凍った巨大なつららが、カーテンのようになっており、まるで絵画のような絶景
氷の宮殿と呼ばれています。

七条大滝

四季折々の楽しみ方ができるアクティビティなので、夏に体験した人が冬に再度訪れることも。
多少のアップダウンがあるので、体力に自信がないという人は少し準備してからチャレンジしてくださいね。

1月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:冬季アクティビティ遊び放題プラン(無料巡回バスあり)

「どのアクティビティも楽しそうで選べない!」という人は、冬のアクティビティが一気に楽しめるこちらのプランがおすすめ。
3歳以上から参加できるアクティビティがあるので、家族旅行を考えている人にも人気です。
場所はノース・スノーランドイン千歳。遊べるメニューは全部で7種類あります。
一番人気は6歳以上から楽しめ、広大なスペースを爽快に走り抜けることができる、スノーモービル。
専用のトラックがあるので、ゴーカートのようなスリルが楽しめるアクティビティです。

スノーモービル_ノーススノーランド千歳

3歳でも楽しめる人気のアクティビティは、スノーラフティング。
ラフティングといえば川下りのイメージですが、スノーラフティングは雪の上をスノーモービルに引っ張ってもらうことで進むので、大人も子どもも大興奮間違いなしです。

ノーススノーランド千歳

その他にもチューブスライダーや日曜祝日限定で楽しめる乗馬体験など、冬ならではの魅力がつまったプランです。時間制限なしで楽しめるのもうれしいポイント。
車の運転ができない、雪道の運転が心配な人は、千歳駅から無料のシャトルバスが出ていますよ。

まとめ

千歳・支笏湖の1月の天気や服装、そしておすすめアクティビティをご紹介しました。
防寒対策をしっかりすることが、観光を楽しむ第一歩です。気を抜かないように準備をしていきましょう。
ブーツは滑り止めがついたものが必須。スニーカーは慣れている人は歩けますが、滑って転んでケガをする可能性も考えられます。
1月の千歳・支笏湖の冬しか見られない絶景は、アクティビティにつまっています。貴重な雪景色を楽しんでくださいね。

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top