北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

札幌・小樽を1泊2日で観光するオススメモデルコース

乗馬トレッキング

-友達にシェアする-

北海道へ旅行に行きたい!そう考えて最初に思い浮かぶ観光地といえば、札幌・小樽だという方も多いのではないでしょうか。札幌と小樽は、車で1時間ほどと気軽にアクセスできる距離なので、1泊2日という短い日数で北海道旅行を考えている人にもオススメの観光コースなんです!そこで、地元民目線で札幌と小樽を1泊2日で堪能するためのモデルコースをご紹介。これで間違いなく札幌・小樽を1泊2日で楽しめますよ!

初日は札幌で王道の観光スポット巡り

「札幌芸術の森」

札幌芸術の森

まずは、初日に新千歳空港に到着したら札幌駅を目指しましょう。新千歳空港から札幌駅までは、JRが運行していて約40分ほどで到着します。札幌駅に着いたらさっそく観光スタート!札幌は、自然や芸術などを感じられるスポットが目白押し。まずは、芸術を感じるために南区へ出発しましょう。

最初にご紹介するのは、「札幌芸術の森」です。札幌芸術の森は、南区の丘陵地にある総合文化施設で、40haもの自然につつまれた美術館や工房、野外ステージや音楽練習室などが揃う総合アート施設なんです。四季を通して様々なイベントが開催されており、施設内には現代美術の作品など様々なものが展示されているので、普段、芸術に触れることがないという方にもかなり刺激的で面白いこと間違い無しです!

札幌の絶景を望む藻岩山

藻岩山

そして、美術館に行った後には北海道の大自然を感じるために、藻岩山に行ってみましょう。藻岩山へは、ロープウェイを使って山頂まで行くことができます。藻岩山の標高は531mで、山頂からは札幌の街並みだけではなく、日本海石狩湾や増毛暑寒別岳など美しい景色を一望できます。藻岩山から見る夜景は、2018年に日本新三大夜景にも選ばれており、札幌の街を見わたせる360度の大パノラマがそこには広がります!今回は、1泊2日と時間の面を考えると夜景を見るのは残念ながら厳しいので、昼間に訪れてダイナミックな景色を見ておくことをオススメします!

藻岩山に登ったあとは、市街地に戻って観光の王道である北海道庁旧本庁舎や赤レンガテラス、時計台などを効率よく巡ってみましょう。途中で、大通り公園でベンチに座りながら休憩するのも良いですね。札幌の市街地を散策した後は、JR札幌駅に隣接するJRタワーからの景色を眺めに行ってみてください!藻岩山から見る景色とはまた違って、テレビ塔や大通り公園、すすきののネオンなどを見ることができますよ。そのあとは、JR札幌駅内の商業施設ステラプレイスでショッピングやグルメなどを楽しむもよし!札幌の郊外から市街地まで全て網羅されたこのコースを巡れば札幌を1日で満喫できちゃいます。

Basho tripで紹介しているプランであれば、今回紹介したスポットに手軽に行けるだけではなく、観光ガイドもついているので、その場所についての理解を深めることもできます。芸術の森は、特にアクセスが難しく地下鉄やバスの乗り継ぎが必要になるのですが、観光バスのプランを利用すれば簡単に目的地までたどり着くことができるので、時間の節約にも繋がります。札幌で、どこを観光したらいいのか悩んでいるという人は、このプランを利用すれば心配無用!ぜひ、札幌の王道コースを巡ってみてください!

2日目の午前は、小樽で乗馬体験がオススメ!

乗馬

1日目に札幌市内の観光を満喫したら、次の日は朝から小樽へ行きましょう!小樽へは、札幌駅からJRが運行されているだけではなく、バスでも向かうことができアクセスは抜群です。そして、小樽に着いたらまずは大自然を感じられるアクティビティがオススメ!なかでもリバオントレッキングというアクティビティは、大変人気の注目アクティビティです。

リバオントレッキングでは、澄んだ空気、青々とした緑など大自然を感じつつ、馬に乗って小川を超えながら石狩湾を一望できる場所まで向かいます。そこで、眺める景色は圧巻です。リバオントレッキングは通年開催されていますが、6~8月にかけての時期に参加するのが特にオススメ!この夏の季節に、山の中の少しヒンヤリとした空気は涼しく感じられて避暑地としても最高ですし、北海道の雄大な大自然を満喫できて、さらには馬に乗ったまま石狩湾を背景に写真を撮れば、みんなが羨むインスタ映え写真に!

Basho tripでご紹介しているプランであれば、しっかり丁寧に乗馬方法を教えてもらえるので、乗馬が初心者だという方も安心してご参加いただけます。また、このプランでは乗馬体験ができる場所で可愛らしい看板犬やネコたちがお出迎えしてくれるんですよ♪動物が大好きな方や子どもたちも大喜び!また、当日レンタルブーツが用意されているので動きやすい格好で行けば、手ぶらで参加できるのも魅力の1つ。ぜひ、北海道の大自然を感じられるリバオントレッキングに2日目の午前中は挑戦してみましょう!

2日目の午後からは小樽運河のクルージングを満喫

小樽運河

午前中に、トレッキングの体験をしたら小樽市街に戻ってきましょう。小樽市街に戻ったらお待ちかねの昼食の時間。がっつりお腹が空いているという人は、小樽運河の近くの定食屋さんで海鮮丼を食べてもよし、回転寿司を食べてもよし。そこまでお腹が空いていない人は「かま栄」の店舗兼工場に行って名物の「パンロール」をぜひ食べてみてください!おやつ感覚でも楽しめる1品で全国にもファンが多い人気のパンなんです。賞味期限などの関係から発送はしていないので、ここでしか食べられない名物です!

そして、昼食を食べた後、午後からは小樽運河のクルージングに参加してみましょう。小樽では、小樽運河以外にも小樽湾のクルージングを堪能できるコースもありますが、午後からの小樽であればゆっくりと運河内をクルージングするのがオススメです。普段は、運河の上から眺めている景色も、実際に自分が水面から眺めて見るとまた違った運河の顔を楽しむことができます。とても幻想的でロマンチックな雰囲気を体感できるのでデートにもピッタリです!また、クルージングでなければ撮影できないような運河の写真もたくさん撮影できるので、インスタ映えにも最適ですよ!

Basho tripでご紹介しているプランの中にも、小樽のクルージングを楽しめるプランがあります。3月〜11月までと長い期間開催されているので、春夏秋冬それぞれの表情を楽しむことができちゃいます。プランには、ガイドの料金や雨が降った場合の雨具のレンタル代も含まれているので安心して参加してください。クルージングは50分程度で終了するので、そのあとに十分小樽市内を観光する時間も取れるので、クルージングが終わったら堺町通りの商店街に行って、買い物や食べ歩きなども楽しんでみてくださいね。小樽の魅力を存分に感じられること間違いなしです!

12日の札幌・小樽オススメのコースまとめ

いかがだったでしょうか。今回は、1泊2日で札幌・小樽を満喫できる王道のコースを紹介しました。「北海道へ旅行に行く」というと、長い休みがないと楽しめないのではないかと思っている人も多いかもしれませんが、実はそんなことありません。1泊2日でも十分に北海道旅行を満喫できますよ!特に、札幌と小樽は王道の観光地でありアクセスもいいことから、1泊2日でも北海道らしい大自然から文化的な芸術などあらゆるものに触れることができるんです。これから札幌と小樽の1泊2日旅行を計画している人は、ぜひこの記事を参考にして北海道旅行を存分に楽しんでくださいね!

北海道でのアクティビティ体験はBasho trip

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!