北海道の札幌・小樽・千歳の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho Trip

小樽の7月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

小樽クルージング

-この記事をシェアする-

7月の小樽は、下旬にもなれば最高気温が25度まで上がり、本格的な夏に突入していきます。周辺の海水浴場もオープンするなど水辺でのアクティビティが楽しめる季節です!そのほか、北海道の大自然を感じながら登山をするのも良いですし、乗馬をするのもオッケー!とにかく外で遊ぶには最適な時期を迎えます。そこで、この記事では7月の小樽を満喫するためのおすすめのアクティビティを道民目線でご紹介していきたいと思います!また、7月の小樽の天気や、どのような服装で過ごせば良いのかという疑問にも答えていきますので、ぜひ7月の小樽旅行の参考にしてみてください!この記事を読んで、7月の小樽を快適に楽しんじゃいましょう!

小樽の7月はどんな天気?

小樽夏

小樽の7月は、夏に突入する時期になります。7月上旬には、日中の最高気温が23度まで上がり、7月下旬にもなると小樽の日中の最高気温は25度にまで上がります。近年では地球温暖化の影響もあり30度を超えるような真夏日が数日続くことも少なくありません。気温が上がった日であっても海風が強い場合、山にいると肌寒く感じたり夜は18度前後まで下がる日もあるなど気温差が大きいんです。逆に、小樽運河の周辺では水やアスファルトによる照り返しがあるため気温以上の暑さを感じるでしょう。そのため、7月の小樽は観光する場所によって体感温度が変わるので注意が必要です。

7月の小樽、どんな服装で行けば良いの?

小樽夏

夏の小樽は避暑地ともあって、日中は半袖または薄手の長袖で十分心地よく過ごせますが、山などに行く際は空気がひんやりと感じることもあるので油断は禁物です。また、急に冷え込む夜もあるので日中との寒暖差で実際の気温よりも寒く感じることがあります。ですので体調を崩さないように体温調節をしっかりしましょう。小樽の青の洞窟や、海上でのクルーズ、登山など行く場所や観光する時間帯によっては、アウトドアにも使えるような上着を1枚持っていくことをオススメします。

7月の小樽は地元民に混ざって「おたる潮まつり」に参加してみよう!

おたる潮まつり

小樽の7月の一大イベントといえば「おたる潮(うしお)まつり」です。おたる潮まつりは、小樽市民が地元の海に感謝するとともに、小樽の歴史や文化などを次の世代に伝承することや、小樽の発展を願うものとして始まりました。おたる潮まつりは、1967年から毎年7月に小樽で行われていて2019年は53回目となります。2018年の「第52回おたる潮まつり」では、3日間の開催期間中に全国各地からなんと119万人もの人々が訪れたそうです!

主なイベントですが、1日目は「潮ふれこみ」がメインで開催されます。潮ふれこみとは、おたる潮まつりの始まりを小樽市内全体に知らせるべく、いわゆる「ふれまわる」ために街の中を踊り歩く行事です。そのほかにも、まつりの始まりを告げる開祭式では、御神水の奉納や潮太鼓の打演を見ることができます。また、この日に打ち上がる「大花火大会」も目玉イベント♪ 2日目のメインは、小樽市内の中心部から港までを練り歩く「潮ねりこみ」です。参加するのは、小樽市内外にある企業や団体、町内会や学校などで、これらのグループがチームを結成して小樽の街中を踊り歩きます。

そして、最終日には地元の漁師が船団を組んで海上のパレードを披露する勇壮な「潮わたり」を見ることができます。そのほかにも、神輿が小樽市内を周る「みこしパレード」や、最終日にも「大花火大会」が開催され、祭りのフィナーレを鮮やかに彩ってくれます。おたる潮まつりは、7月の小樽観光でしか体験できないイベントなのでタイミングが合うという方は、ぜひ地元の人に混ざって小樽のおまつりを体験してみてはいかがでしょうか。会場では、たくさんの屋台も登場して小樽の名物の「小樽あんかけ焼きそば」や「小樽ビール」など地元グルメを堪能することもできます。2019年は、7月26日(金)〜28日(日)まで開催予定です。

7月の小樽は「青の洞窟」へ絶景クルージングの旅に出よう!

青の洞窟

夏らしい日差しのもと、涼を求めて海に出かけてみませんか?ぜひオススメしたいのが、小樽が誇る海の観光の宝「青の洞窟」へのクルージングです。青の洞窟とは、海面が青く輝くように見える洞窟で、海水の侵食によって発生した特殊な地形がもたらす自然の偶然の産物であり、そこに太陽が絶妙に差し込んで青く見えるという複数の条件が重なった洞窟にのみ見られる現象なんです。この幻想的な青の洞窟が実は小樽にも存在し、そこへクルージングで訪れることができるんです!

青の洞窟へは、大型船では中に入ることができないため、立ちながらボートを漕いで進むSUPと呼ばれるアクティビティか、小型のクルージング船で向かうことになります。小型クルージング船であれば、小さいお子様やお年寄りの方とご一緒でも全員で楽しめるというメリットがあります。Basho tripでご紹介している限定プランでは、写真映えするスポットを周りながらガイドさんのお話を聞くことができるほか、未就学児は無料というお得な内容をご用意しているんです。

さらに、青の洞窟だけではなく、オタモイ海岸を約1時間半かけてゆっくりと楽しむことができるんですよ。7月の小樽とあって、市街地の暑さから離れ海の爽やかな風をカラダで感じながら、ゆったりとクルージングするというのも素敵な旅の思い出になること間違いなしです!ぜひ、クルージングに興味のある方はお問い合わせくださいね。

もちろん、7月の小樽はSUPで青の洞窟へ行ける!

青の洞窟SUP

先ほども少し触れましたが、青の洞窟へ行きたい場合にはSUPもオススメなんです。SUPの場合には、クルージングとはまた違って、自らの手で漕ぎ進めて行き青の洞窟まで辿り着くというワクワク感を体感することができますよ!

Basho tripでご紹介しているプランでは、ボード等の用具一式を無料でレンタルできるだけではなく、SUPを体験している様子や青の洞窟へ入って行く様子を撮影した写真データがもらえる嬉しい特典も。体を動かして、小樽の自然を満喫したい!という人はぜひSUP体験をしてください。SUPだからこそクルージングでは行くことのできない絶景ポイントまで行けたりと魅力満載のプランとなっていますので参加してみてはいかがでしょうか。

7月の小樽の天気・服装・おすすめアクティビティまとめ

小樽の7月は、夏に突入する季節ということで、開放感のあるこの時期ならではの屋外アクティビティがオススメです。特に、夏ならではのお祭りや海辺でのアクティビティはワイワイと盛り上がること間違いなし!ただ、日中は25度前後まで、日によっては30度近くまで気温が上がるので熱中症や紫外線などには注意しましょう。そして、クルージングや登山などの場合には、寒暖差が激しいので動きやすい上着を1着持っていくといいですね。7月の小樽の楽しみ方は、ご紹介した以外にも小樽運河のクルージングや、レンタサイクルなどみんなで楽しめるアクティビティが盛り沢山!自分がやってみたいことをイメージして、最高の夏の思い出を作るべく様々なプランをチェックしてみてくださいね。

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!