千歳・支笏湖の12月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

支笏湖 12月

12月の北海道はすっかり冬景色に。
寒さの本番は少し先ですが、日中でも氷点下の日が増えてきます。
今回は、千歳・支笏湖の12月の天気・服装、そしておすすめのアクティビティをくわしくご紹介していきます。
札幌からもアクセス抜群の千歳で、北海道の冬のアクティビティを思いっきり楽しみたいという人は、こちらを参考にしてみてください。

千歳・支笏湖の12月の天気

冬の支笏湖(引用必須)

12月の千歳・支笏湖は、見渡す限り銀世界。積雪も多く、冬用のブーツが必須です。
気温は、-10℃以下になる日はまれですが、日中でも氷点下である日が年末に向けて増えてきます。
寒い日の雪はさらさらなので、傘をささなくても服をサッと手ではらえば落とすことができますが、暖かい日中は水分を多く含む重たい雪が降ることもあるので、折り畳み傘があると便利ですよ。
吹雪で大荒れの場合もあるので、時間に余裕を持って行動しましょう。
レンタカーで移動する場合もあるかと思いますが、雪道の運転は慣れていても危険がたくさん。
決して無理はしないようにしてくださいね。

 

12月の千歳・支笏湖、どんな服装がおすすめ?

秋 服装

厚手のコートと滑り止めのついたブーツは必須アイテム。
コートの中は機能性インナーやニットなどを重ね着しましょう。
パンツの方が動きやすく旅行には向いていますが、1枚では冷える可能性もあるので裏起毛やボアなどが付いた厚手のものがおすすめ。
ワンピースやスカートの場合は、厚手のタイツが欠かせません。

寒い日は「首」とつく部分を冷やさないようにするのがポイント。
タートルニットなどで首元をしっかりとカバーし、袖口がつまっているウールコートやダウンを着用しましょう。
また、マフラーや手袋、イヤーマフ、ニット帽など小物も活用してください。カイロを持っていると、長時間外にいるときも安心です。
千歳に限らず、北海道の室内は暖房設備が優れているため、室内ではコートを着ていると暑いことも。
汗をかいたまま、寒い外に出ると風邪を引いてしまう可能性があるので、重ね着をして調整できるように工夫するといいでしょう。

地元の人は慣れているのでラフな格好でいることもありますが、「意外と寒くないのかも?」と油断してはいけません。

12月の千歳・支笏湖、体験必至のアクティビティって?

支笏湖クリアカヤック

日本一の水質を誇る支笏湖。
水と触れ合うアクティビティは夏だけのイメージもあるかもしれませんが、実は冬景色の中でも楽しむことができるのです。
冬だからこそ体験できる貴重なアクティビティを見ていきましょう。

12月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:アイスウォーク体験

支笏湖は不凍湖ですが、寒い日には氷がはることも。アイスウォーク体験は凍ったときにだけ楽しめる支笏湖の貴重なアクティビティ。
日本で体験できるのはここだけといっても過言ではありません。

支笏湖アイスウォーク

氷の上をそっと歩いたり、薄い氷ですぐに割れるのでダイブしたり、楽しみ方は人それぞれ。寒中水泳や友人とゲームをする人もいますよ。

支笏湖アイスウォーク

「冬の湖に入って大丈夫なの?風邪引かない?」と不安になるかもしれませんが、服の上から保温性の高い完全防水のウェットスーツを着るので寒がりの人でも安心です。
12月の後半を狙って行った方が、支笏湖が凍っている確率が高いです。

12月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:七条大滝スノーシューツアー

雪の中を探検したいという人は七条大滝スノーシューツアーに参加しましょう。七条大滝は北海道を代表する名瀑。
冬の支笏湖を眺めながらスノーシューツアースタート。スノーシューを履けばすいすいと雪の上を歩くことができますよ。

七条大滝スノーシュー

途中、シカやキツネの足跡、クマの爪痕に出会うことも。クマは冬眠中ですのでご安心ください!
ガイドさんが丁寧に見どころや歴史を説明してくれるので大人も学びがあり、子どもでも飽きないように雪遊びの方法を教えてくれるので、家族で参加するのもおすすめ。

七条大滝スノーシュー

冬の七条大滝は、氷柱が重なり合い、まるで氷のカーテン。別名「氷の宮殿」と呼ばれています。
常に車が入ることのできない場所にあるので、歩いた人だけが見られる貴重な絶景です。

12月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:クリアSUP体験

クリアSUPSUP(サップ)とは、ハワイ発祥のマリンスポーツです。
支笏湖クリアSUP体験はなんと通年で行われているので、冬でも体験可能。
見た目は「サーフィンのように不安定なのでは?」と思うかもしれませんが、安定感のある大きめのボードなので、バランス感覚がないという人でも問題ありません
水の上をパドルで漕いで進みます。

クリアSUP

こちらの体験は、通常のSUPと違いボードが透明なので、水面に浮いているかのような不思議な感覚に。
ボードの横から見なくても、湖底もくっきりと見えます。
日本一の水質を誇る支笏湖ですが、とくに冬は透明度が高いといわれています。

支笏湖_クリアSUP

SUPはボードが大きいので、座ったり寝転んだりもでき、ゆっくりと雪景色を眺めるのもおすすめ。
SUPツアーショップの公認インストラクターがガイドしてくれるので、初心者でも安心です。
冬でもドライスーツを着用するので寒くはありません。

まとめ

千歳・支笏湖の12月の天気や服装、そしておすすめアクティビティをご紹介しました。
防寒対策をしっかりとしていかないといけない季節です。
また、雪道に慣れない人は、足元にも気をつけましょう。
寒さに恐れず、12月の千歳を観光してみてくださいね!

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top