北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip
-友達にシェアする-

日本新三大夜景のひとつに選ばれた札幌。
北海道の都市部である札幌は景観スポットが多く集まることが評価され、夜景観光コンベンション・ビューローに認定されました。
これにより日本のみならず、海外からも美しい夜景を見るために多くの観光客が訪れるようになってきています。
そんな美しい札幌の夜景ですがどこから見るとより美しく見えるの?
また夜景を楽しむことが出るアクティビティってあるの?
そんな疑問を持つ方のために、今回は札幌の夜景スポットについて詳しく解説していきます!

札幌の夜景といえば藻岩山!展望台から望む美しい景色

札幌 藻岩山

出典:もいわ山ロープウェイ

札幌の夜景を1番楽しめる場所として知られているのが、北海道の歓楽街・すすきのから電車・徒歩で30分程度行ったところにある藻岩山です。
藻岩山はアイヌ語名『インカルシペ(いつもそこに登って見張ること)』を持っている標高531mの山となっています。
アイヌ語の名前の通り、藻岩山の山頂からは札幌の夜景を360°目一杯楽しむことができます。
日が落ちると札幌の街に灯りが灯り、その一つ一つが宝石のように輝くロマンチックな夜景スポットに早変わりするんですね。

札幌の街並みが眺められるのはもちろんですが、それに加えて広大な地に広がる石狩平野や果てしなく続く石狩湾なども眺めることができ、夜景以外も楽しめます!
煌びやかな美しい景色に誰もが感動し、目を奪われるはず。
夜景の名所として知られている藻岩山ですが、四季によって様々な姿を見せるため、一年中楽しめる観光名所となっているんですよ。
ロープウェイが設置されていたり、頂上付近にはレストランもあるため明るい時間に行っても楽しめること間違いなしです。

ラベンダーの隠れた名所は夜景の人気スポット!?札幌・幌見峠展望駐車場

札幌 幌見峠

藻岩山の他に札幌の夜景を楽しめる有名なスポットとしては幌見峠展望駐車場が挙げられます。
幌見峠展望駐車場は夏には近くにある幌見峠ラベンダー園で北海道の名産であるラベンダーの香りを楽しむことができるスポットなのですが、夜になると札幌の夜景を見渡すことができるのです。
札幌の街を見渡すことができる幌見峠の頂上にある幌見峠展望駐車場からは車に乗りながら、札幌の夜景を眺めることができます。
カップルで札幌でのドライブをするならば、最後にこの幌見峠展望駐車場を訪れ、100万ドルの夜景を眺めればロマンチックな雰囲気になれること間違いなし!
車ではなく徒歩での入場もできますが、徒歩の場合9:00〜17:00の間しか利用できませんので、季節によっては夜景を楽しむのは難しいです。
車の場合は24時間利用できますので、車で行くことをオススメします。

札幌中心部で楽しむ美しい夜景、JRタワー展望室 T38

札幌 JRタワー

出典:JRタワー展望室タワー・スリー・エイト

札幌駅直結の夜景スポットとして知られているのがJRタワー展望室 T38です。
夜景スポットの多くは山頂などにあり、都市部からは離れてしまっている場合も多いため、「夜景は楽しみたいけど遠くまで行くのは億劫」と考える人も多いはず。
JRタワー展望室 T38は札幌駅直結の展望台のため、わざわざ夜景を見るために遠くまで移動する必要がありません!
展望台の高さは地上160mとなっており、360°全方向の札幌市全域を眺めることができます。
オレンジ色に染まる美しい札幌の街を心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか?
夜景を楽しめるのはもちろんですが、JRタワー展望室 T38では展望台に飾らあれたアート作品を楽しむこともできます。
展望台の西側には五十嵐威暢氏の「山河風光」、天井には寺島賢幸氏の「ダンデライオンコンパス」など至るところにアーティストたちの様々な作品が展示されています。
ぜひ夜景と一緒に美しいアートたちをご覧ください。
JRタワー展望室 T38は有料の展望台となっており、大人は720円、中高生は500円、小学生以下は300円、3歳以下は無料です。
団体割引などもありますので、集団での旅行で訪れる場合はそちらも検討してみてもいいかもしれません。

札幌の夜景を楽しめるおすすめのアクティビティとは?

札幌の夜景と聞くと札幌の街並みを思い出す人が多いかと思いますが、それだけではありません。
実は夜の公園にも札幌の夜景は存在しているのです。
夜の森でのないとピクニックに参加すると大都会・札幌の夜景とはまた違った夜景を眺めることができます。

ナイトピクニック

このツアーは札幌市内に位置している自然豊かな円山公園で、ナイトピクニックを楽しむことができるツアーとなっています。
煌びやかな札幌の街とは対照的に、夜の円山公園には街灯や建物はなく、一切光がありません。
そのため歩き始めの時は真っ暗で何も見えないので足元がおぼつかなくなってしまうということもあるでしょう。
しかし目が慣れてくると森の木々たちや円山公園に生息する動物の姿が見えてきて、どこか幻想的な風景が目の前に広がります。

ナイトピクニックピクニックも佳境に入るとどんどん森の高い位置まで登っていき、その頂上からは遠目に煌びやかな札幌の街が見えます。
この夜景を見ていると同じ札幌にいるのに、どこか遠くにいるような不思議な感覚になることでしょう。ナイトピクニックまた、こちらのプランでは飲食店経営をしているプロであるガイドがワインやおつまみも振る舞ってくれます。
夜空に浮かぶ月や星を眺めながら、ナイトピクニック参加者とワイワイ楽しむのも良いですね♪
一味違った札幌の夜景を楽しみたいという方にはオススメです!

雪の季節に札幌観光に来た方にはナイトスノーシュー体験がおすすめ

年末年始や、冬まつりなどに合わせて札幌を訪れる人も多いはず。スキーやスノボもいいけれど、もっと気軽に雪を楽しめるアクティビティがスノーシュー体験です。
スノーシューはかんじきのような形をした、ふかふかの新雪の雪を歩くための道具。そんなスノーシュー体験は昼間の時間に参加するのが一般的ですが、こちらのプランは夜景を楽しめるナイトスノーシューツアーです。ナイトスノーシュー都会にあるとは思えないほど豊かな自然が残っている旭山公園で実施するこちらのツアーは、夜景だけではなく野鳥なども済む森林で実施するため、北海道らしい自然を楽しみたいという方にもおすすめ。ナイトスノーシューガイドが温かい飲み物をおしゃれなカップで用意してくれるので、真冬の札幌でも心も体も温めていただくことができますよ♪ナイトスノーシューただ夜景を楽しむだけではなく、せっかくの北海道観光なら自然も満喫したい!という方にはとても人気のスノーシューアクティビティもぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで札幌の夜景スポットについてまとめてきました。
札幌は夜景観光コンベンション・ビューローに認定されるほど夜景が美しいことで有名で、その夜景を目当てに海外からも多くの観光客が札幌に訪れています。
またそんな札幌の夜景を楽しめるスポットも多く、藻岩山や幌見峠展望駐車場、JRタワー展望室 T38はその代表です。
他にもたくさんの夜景スポットがあるのでぜひ探してみてください。
もし今現在札幌旅行を計画しているのであれば、この記事を参考に札幌夜景を思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

-友達にシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!