北海道の札幌・小樽・千歳の観光情報・ツアー・アクティビティ予約ならBasho Trip

迷ったらココに行け!札幌の大通エリアのおすすめランチ・ディナースポット5選

札幌グルメ

-この記事をシェアする-

有名観光名所が集結する札幌の中心部、大通エリア

札幌の春

北海道最大の都市であり大人気の観光エリア・札幌。その中心部に位置するのが大通エリアです。大通では全国的に有名な大通公園が東西に延び、観光スポットとして有名な時計台やテレビ塔も大通公園沿いにあります。

札幌駅からも地下鉄で1駅、徒歩で10分圏内なので、天気の良い日には歩いて大通公園に向かう人が大半です。大通公園は季節に応じて異なる風景を楽しむことができ、いつでもにぎわう人気スポット!初夏に差し掛かると公園内にとうきび(とうもろこし)などを販売する屋台が登場して、公園で食べながらのんびりする人もたくさん。真夏の時期にはビアガーデン、冬には札幌雪まつりも開催されています。

 

ランチもディナーも。絶対に外さない大通エリアのごはんスポット5選

大通公園から数ブロック歩くと、道内一番の繁華街エリアに到着。多数のショッピングビルやカフェが立ち並ぶほか、有名な「狸小路」や「すすきの」も徒歩10分圏内にあり、観光客の方はもちろん、地元民や道内からも多くの人が訪れます。そんな大通エリアには当然、美味しいご飯処がたくさんありますよ!せっかく訪れるなら、地元民にも愛される人気店で食事を楽しみたいですよね。そこで今回は、どの時間帯に行っても楽しめる、大通エリアのおススメごはんスポットを5か所ご紹介します。

 

大通りランチのおススメ1:「珈琲とサンドイッチの店さえら」の、海老カツ&フルーツサンド

札幌グルメ

出典:ウェブマガジン manimani mag

まずおススメしたいのが、ランチ時間には行列必至の大人気店、珈琲とサンドイッチの店「さえら」です。大通公園沿いに位置するビルの地下3階という一見わかりにくい場所にあるのですが、店に続く階段には11時半頃からすでに行列ができるほどの人気です。一歩足を踏み入れば、地下とは思えないほど明るく、落ち着きのある店内でフレンドリーなスタッフの皆さんが明るく応対してくれます。さえらではテイクアウトも受け付けているので、平日の昼間も近郊のサラリーマンやOLさんでいっぱい!店内のカウンターでは何人ものスタッフにより次々とサンドイッチが用意されていきます。

さえらの人気の秘訣は、ふわっふわのパン生地にフィリング(具材)がふんだんに挟まれた食べ応えのあるサンドイッチ。見た目にもインパクトがあり映えること間違いなし!そして、さえらはサンドイッチの種類がとても豊富。サンドイッチの定番・たまごサンドをはじめ、お好きなサンドイッチを2種組み合わせることができます。メニューの種類は常時90種以上!1番人気はTHE・北海道ともいうべき、たらばがにサンド!キャベツ・玉ねぎ、そしてマヨネーズと絡み合ったカニフィリングは生臭さも一切なく絶品です。あまりの人気に、早い時間から売り切れることも。

筆者のおススメは海老カツ&フルーツサンドのセット。もしお二人以上で行かれる場合は、コーンコロッケもぜひお試しいただきたい一品です!海老カツサンドは、揚げたてのカツのサクサク感とパンのしっとり感が絶妙にマッチしており、中に入っている海老がとにかくプリプリ。タルタルソースとの相性も抜群で、どんどん食が進みます。そして、たらばがにサンドと人気を二分するフルーツサンドとの組み合わせを頼み、デザート代わりに味変するのが一押し!揚げ物フィリングはテイクアウトできないこともあるのでご注意くださいね。

そして忘れてはならないのが濃味で飲みごたえのある珈琲。さえらでは、どのサンドイッチを食べても味がしっかりしているので、珈琲をお口直しにいただくとサッパリできますよ。さえらは地下鉄大通駅の19番出口から徒歩1分のところにあり、好アクセスなのもポイントが高いです。

 

大通りランチのおススメ2:「大かまど芝」の、とろとろチーズのハンバーグ

札幌グルメ

出典:大かまど 芝

続いてご紹介したいのは、大通エリアの中心部、南1条電車通りに位置するハンバーグの名店「大かまど芝」です!創業40年を迎えるこちらのお店、もともとは大かまどで炊いたお米を使用したオムライスとハンバーグの二大巨頭のお店だったのですが、ハンバーグ人気が高まり、現在ではハンバーグの名店となっています。

芝のハンバーグは牛肉100%の手ごねハンバーグ。店内に入ると、オープンキッチンで俵型のコロンとしたハンバーグが炭火で焼き上げられている様子が目に入り、早速食欲がそそられます。こんなに分厚くてしっかり焼けるの?と思うのですが、芝のハンバーグのポイントは、席に運ばれてきてから店員さんが半分にカットしてくれ、その場で中をハンバーグプレートに押し当てて焼くところ。直前まで中にうまみを閉じ込めているから、ふんわりジューシーなんです。テーブルで秘伝のソースがふんだんにかけられ、ハンバーグと絶妙に絡みます♪

おススメは定番のレギュラーハンバーグ、としてとろとろチーズのハンバーグ!これでもかというくらいの濃厚チーズがかかったハンバーグは、チーズ好きには是非食べていただきたい一品です。また、ランチ時にはご飯にお味噌汁、サラダがつくのですが、サラダが運ばれてくる際のパフォーマンスは必見!大きなボウルにいれられたサラダを回し、ドレッシングを混ぜて目の前で作り上げてくれるパフォーマンスを楽しむことができます。カシューナッツが載ったサラダはシンプルながら美味しくてこちらもお楽しみの1つです。ハンバーグの食べ応えは満点ながら、大かまどで炊かれたご飯はお代わりOKなのもうれしいところ。食べ盛りの男性でもお腹一杯になれること間違いなしのおススメランチです。

 

大通りランチのおススメ3:老舗喫茶店「ZAZI」のカボチャクリームシチュウ

札幌グルメ

出典:ミイルまとめ

続いてご紹介したいのが、地元民に長く愛される、知る人ぞ知る名店「ZAZI」です。大通駅から徒歩5分、南2条西5丁目にある、創業40年を超える老舗喫茶店は、少し奥まった控えめな入り口。外観もさることながら店内もレトロでかわいい喫茶店です。店内にはたくさんの写真やポスターが貼られ、どこか懐かしいノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

昔懐かしい喫茶メニューが並んでおり、どれも根強いファンはいるものの、最初に訪れる方に絶対に食べていただきたいのがZAZIオリジナルの「シチュウ」!ホワイトソースとブラウンソースの2種類から選ぶことができます。定番はブラウンソースのミートボールシチュウ。筆者のもう1つのおススメは、ホワイトソースのカボチャクリームシチュウです。

ZAZIのシチュウは1人用の小さなホーロー鍋に入れられて熱々の状態で出てきます。セットを頼むとかわいらしいパンとドリンクがつくので、パンを浸して食べるのがおススメです。パンのお代わりが欲しくなってしまうくらい、ZAZIのシチュウは癖のない素朴な味わいで、一度体験するとふとした時にまた食べに行きたくなるのが魅力。いつ食べてももちろんおいしいのですが、寒い北海道の冬に、雪がちらつく様子を見ながら熱々のシチューをいただくのが至極のひと時です。

また、ランチ時にセットにもできるドリンクメニューの中にはZAZIの隠れ名物「パワードリンク」というメニューが。オレンジコンク、レモン、牛乳で作られたすっきりとした味わいは、この店ならではの一品。ZAZIでは手作りケーキもおすすめなので、ランチを逃した方はお茶をしに立ち寄るのもおススメです。

 

大通りディナーのおススメ1:安くておいしくてボリューム満点!「手羽家」の手羽先

札幌グルメ

出典:ぶらりマップ

お寿司やラーメンも外せないけれど、ちょっと変わったディナーを楽しみたい、特にお肉&お酒好きな方にぜひ立ち寄っていただきたい名店が、電車通り沿いにある「手羽家」。名前の通り手羽先が看板メニューの居酒屋で、メニューは手羽先、北海道名物のザンギ(唐揚げ)、イカ料理とお酒のアテがいくつか並ぶ程度。ここへは手羽先を食べにくる方がほとんどなんです。手羽家は昔ながらの居酒屋といった大衆的な雰囲気で、いつも込み合いにぎわっている超人気店です。

ビールやサワーといったお酒とアテを頼み、軽く飲んでいるとさほど待たずに運ばれてくるのが一皿800円の手羽先!まず驚くのがその見た目。銀皿に山盛りになった手羽先、その数約17本!1人前の量とは思えないボリュームです。こんなに食べられるのかと心配になるのですが、サッと揚げられた手羽先はくせになるおいしさで、女性でもペロリと食べられてしまいます。

手羽家の名物は手羽先だけではありません。味のしみ込んだザンギも食べ応え満点で、コストパフォーマンスの良さに驚く方がほとんどなのだとか。そのおいしさに、サクサクとお酒が進みます。手羽先とザンギを頼む方は、鮮度抜群のイカ刺しや漬物を一緒に頼むのがおススメです。定番メニューを一通り頼むだけでも相当のボリュームなので、お腹を空かせて、あるいはグループで行くことをおススメします。

 

大通りディナーのおススメ2:ジンギスカンとモツ鍋が同時に楽しめる名店「石鍋亭」

札幌グルメ

出典: 石鍋亭 facebook

最後にご紹介したいのが、北海道名物のジンギスカンと絶品もつ鍋が同時に楽しめる「石鍋亭」です。北海道の多くのお店はジンギスカン専門店であることが多いですが、石鍋亭はモツ鍋との二大巨頭!しかも、どちらも負けず劣らず美味しいのが特徴です。石鍋亭はすすきのエリアにあり、大通からは徒歩10分強の南5条の雑居ビルの中にある、地元民には知られた名店です。

店内に入ると、フレンドリーなママさんにジンギスカンとモツ鍋のどちらを食べるかを聞かれます。その日の気分で選んでも良し、両方トライしても良し!なのですが、両方頼んだ方はまず出来上がるのが早いジンギスカンから楽しみ、〆を楽しみがてらモツ鍋を食べるのがおススメです。ジンギスカンは店名の通りの「石鍋」プレートに生ラムとマトンの2種類のお肉、ボリューム満点の野菜が運ばれてきます。これぞ北海道のジンギスカン!といった味わいで、お肉はもちろんのこと、肉汁がうまく絡み合った野菜も絶品で、箸が進みます。

そして北海道名物に引けを取らないくらい美味しいのが石鍋亭のモツ鍋。筆者の一押しは実はこのモツ鍋です。オーダーすると、ニラがタワーのように高く積み上げられた鍋が運ばれてきます。スープはコクがあって、モツは鮮度抜群!ジンギスカンでお腹がいっぱいでも食べられること必至。もつ鍋の〆には、石鍋亭の名物、トロロ入り雑炊(メニューでは「おじや(長いも)」となっています)を食べるのがおススメです。

北海道といえばジンギスカンを食べに専門店に行く観光客の方が多いのですが、石鍋亭では絶品モツ鍋を食べながら、美味しいジンギスカンも一度に味わえるのが特徴。また、地元のサラリーマンに愛される名店らしく、お店のスタッフもとてもフレンドリー。立地もすすきののど真ん中、バーや飲み屋が集結するビルの中にあるお店だそうで、観光客の方よりは地元民が気軽に立ち寄るお店。地元民に交じって北海道名物を堪能してはいかがでしょうか。

まとめ

おススメ5店、いかがでしたか。北海道の名物である海の幸やジンギスカンも楽しめながら、ド定番のスポットとは一味違う隠れ名店ばかりなので、初めての方はもちろん、札幌に何度も行ったことがある方にも満足いただけるお店ばかり!札幌の中心部・大通は、大通公園の景色を楽しみながらリラックスして、買い物も楽しみながら、食でも大満足できるスポット。ぜひ一日ゆっくりと時間をかけて満喫してはいかがでしょうか。

旭川・富良野エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 旭川・富良野

札幌・小樽エリアでのアクティビティはこちら:Basho trip in 札幌・小樽

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、Basho tripから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!