千歳・支笏湖の6月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介

6月 支笏湖(引用必須)

北海道は梅雨がないため、さわやかに過ごせる6月は、まさにお出かけ日和といえるでしょう。
いいお天気の中、札幌でおいしいもの巡りをするのもいいですが、北海道といえば大自然を感じるアクティビティも欠かせないですよね!
今回は、千歳・支笏湖の6月の天気・服装、そしておすすめのアクティビティをくわしくご紹介していきます。
大自然の中で身体を動かしたい、素敵な景色に癒されたいという人は、参考にしてみてください。

千歳・支笏湖の6月の天気

冒頭でもご紹介しましたが、北海道には梅雨がありません。
蝦夷梅雨と呼ばれる、一時的に雨が多くなることもありますが、湿度はそこまで上がらず、梅雨特有のジメジメした感じがないのはうれしいことです。
また、リラ冷えといって急に冷え込むこともあるので要注意。
千歳・支笏湖の6月の気温は、日中は20℃前後になることが多いですが、朝晩は10℃前後と、肌寒く感じることもあります。

6月の千歳・支笏湖、どんな服装がおすすめ?

6月服装

千歳・支笏湖の6月は、日中は半袖で過ごせる日もありますが、朝晩は冷え込むので長袖の上着は必ず準備をしていきましょう。
半袖を着る場合は、ジャケットや厚手のパーカーなどのはおりがおすすめ。
トレーナーなど少し厚手の長袖を着る場合は、裏地のない薄い上着でもOKです。
さまざまな気温に対応できるよう、重ね着をしておくと安心ですよ。

6月の千歳・支笏湖、体験必至のアクティビティって?

千歳・支笏湖には、梅雨のない北海道の6月だからこそ、思いっきり楽しめるアクティビティがたくさんあります。
早速おすすめのアクティビティをチェックしていきましょう。

 

6月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:支笏湖マウンテンバイク1dayツアー

支笏湖マウンテンバイク1dayツアーは、支笏湖周辺をサイクリングできるアクティビティ。
6月はもちろん日焼け対策が必要ですが、さわやかな風を感じながら、汗だくにならずに楽しめるのでおすすめです。

支笏湖サイクリング

支笏湖マウンテンバイク1dayツアーは、レベルに合わせて、2種類のコースを選ぶことができます。
ロングコース(45-55km)にチャレンジしたい人は「千歳-支笏湖コース」。

支笏湖サイクリング

千歳川に沿って白樺の中を走り抜け、支笏湖へ。日本一の水質を誇る支笏湖から、さわやかな風を感じることができます。帰りは下り中心のオフロード。ハンドルに伝わる振動が心地いいですよ。

樽前山

長い距離は不安という人は、ショートコース(約20-30km)である「休暇村-モーラップ湖畔-樽前山山麓コース」にしましょう。
休暇村から緑のトンネルを駆け抜け、モーラップ湖畔のキャンプ場へ向かいます。その後、樽前山や千歳川の大渓谷を見ることができるコースです。
こちらの体験は10歳から参加できるので、家族旅行にも人気。札幌市内から無料送迎つきなので、車で来ていないという人も参加しやすいですよ。

6月の千歳・支笏湖で体験したいアクティビティ:日本一の水質を楽しむ!支笏湖クリアカヤック

支笏湖は日本一の水質を誇る湖。そんな支笏湖ではカヤックが楽しめますが、普通のカヤックではないのです。
カヤックの底が透明になっている「クリアカヤック」を体験することができます。

支笏湖クリアカヤック

支笏湖は透明度が高いので、カヤックの上からでも湖底までしっかりと見ることができるため、まるで水の中にいるかのような不思議な感覚を味わえます。

支笏湖クリアカヤック

支笏湖から流れる千歳川からスタート。スタート地点では、ガイドさんがしっかりとカヤックの操作方法を教えてくれるので安心です。
千歳川は支笏湖と同じく美しい透明度の高い川で、ブルーリバーと呼ばれており、神秘的に輝く青色の景色は、言葉にならないほど感動すること間違いなし。

支笏湖クリアカヤック

もちろん周りの景色も絶景です。360度楽しめるクリアカヤックは、無料で写真がもらえるのもうれしいポイント。
クリアカヤックは通年で体験できますが、季節によってまったく違う感動的な景色と出会えるので、リピーターも多い人気のアクティビティです。

まとめ

千歳・支笏湖の6月の天気や服装、そしておすすめアクティビティをご紹介しました。
夏に向かって気温が上がる時期ではありますが、急に冷え込むこともあるので、服装には注意しましょう。
さわやかな風と大自然の絶景に癒されたい人は、千歳・支笏湖のアクティビティ体験を計画してみてください。

北海道でアクティビティ体験するならBasho Trip

Back to Top